Dealing FXの実践トレードを検証|マニュアル手法の値動きとは

   2019年10月30日 FX BO:基礎知識, 利益に変わる商材

エントリーの狙い目をわかるトレードとは

 

Dealing FXのマニュアルを説明

 

Dealing FXでおこなうトレードはオシレーターを使わずに行う、

本格的プライスアクショントレードマニュアルが基本となります。

 

シンプルな王道的トレード手法

1日1回のチェックで済むスイングトレードにも対応・・・

 

使用するのは移動平均線とボリンジャーバンドのみで、

こららと、各種ラインを使って、投資する手法


ディーリングFXバナー2

「Dealing FX 」公式サイトはコチラ

 

プライスアクショントレードといわれるオシレーターに頼らない、

相場の王道的な投資手法をマニュアルにしたものです。

 

なぜそのポイントが「上げていく・下げていく」確 率が高いかを、

しっかりと理解して実践をしているのでしょうか?

 

プライスアクション(値動き)で判断する相場の環境認識を

Dealing FXの投資マニュアルの内容を検証したいと思います。

 

Dealing FXで行う裁量マニュアルを説明

Dealing FXではインジケーターを使わずチャート上に判断できる指標を設定する

 

価格の動きを重視して、「値動きの根拠」があるポイントを

狙っていく王道的なプライスアクショントレードで

 

安定的に稼ぐ技術を最短で身に付ける為に作られた、

本格裁量Dealingマニュアル

 

Dealing FXでは具体的に上位3つの足の上か下かで多数決をとり、

多い方向にエントリーするのですが

 

複数時間足の使い方として、上位3つの時間足を見て、

エントリーの方向を決めます。

 

上位足ほど優位性があるとなるので上位足の1時間足が

上の場合は、買いを狙います。

 

ディーリングFXのトレードマニュアルとは?

 

Dealing FXは、オーソドックスな裁量トレードマニュアル

と伝えていますが

 

エントリーのルール・損切りのルール・利食いのルール・

見送りのルール ”は 明確 で、

 

相場の判断における迷いはかなり少なくなる

プライスアクションとはライントレードに

分類される投資手法ですが、

 

直近の安値、高値を抜けたら売買を行うという

シンプルなDealing FXマニュアルを使った手法です。

 

Dealing FXで学ぶブレイクポイントとは

 

Dealing(ディーリング)FXではローソク足の形や

ダウ理論を中心に価格の動きを理解し、

トレンドに沿って仕掛ける方法が解説されています。

 

プライスアクショントレードとは、

ローソク足の値動きやチャートパターンを読み取って、

その先の方向性を予測するトレードを言います。

 

価格の動きを重視して「値動きの根拠」があるポイントを

狙っていくというトレードスタイルです。

 

Dealing FXではトレンドフォローのブレイクアウトを使い

初動を狙うためのロジックを解説していて

 

基礎的なノウハウを実践レベルで通用するようにアレンジして、

更に読み手にとって理解しやすいように詳しく解説しています。

 

Dealing FXで学ぶトレンドの初動

 

Dealing FXで利用する教材は、相場の場面に合わせ、

どこでエントリーするのか?そしてなぜそれをするべきなのか

が説明されていて

 

相場の心理を読み解く力が身に付く本質を体感できる

トレード手法でもあります。

 

Dealing FXで学ぶ値動きは

ダウ理論1つをとっても同じような内容を理解しているようで、

考え方やアプローチが全く違っているのですが

 

どのようにチャートを読み解き相場心理を考え、

具体的にアプローチすればよいかという方法や違い

が気になるところです。

 

Dealing FXで学ぶローソク足の値動きを説明

Dealing FXで利用するテクニカル指標とローソク足の形がポイント

 

Dealing FXで学ぶブレイクポイントを説明する

簡単なトレードルールを決め効果的なラインの引き方を

学び相場の環境を判断します。

 

値動きで相場を判断するので複数のロジックを組み合わせ

ブレイクのポイントを絞りPDFファイルに載っている

 

チャートパターンに当てはまる環境要因を

ラインの引き方や時間足の見方などを身につけ自分の裁量判断で

相場を認識するという知識と経験でブレイクポイントを推測します。

 

Dealing FXのブレイクポイント

 

チャート上のポイントは

移動平均線の角度やローソク足の形をわかりブレイクポイントを

チャートの形状をルールに当てはめ推測します

 

Dealing FXでプライスアクションアクション(値動き)を

ローソク足の「動きそのもの」で判断する必要があります。

 

プライスアクショントレードの詳細内容

Dealing FXで行うプライスアクショントレードとは

 

・販売者名:株式会社 JOE(Dealing FX 販売業者)

・運営責任者・製作者:株式会社 JOE  代表取締役 塚田達也

・所在地:〒400-0803山梨県甲府市桜井町1029-4

・電話番号:080-5377-0890

・販売価格:39,800

・返金保証:なし

 

Dealing FXのメイン教材

PDFマニュアル 184ページ

解説動画(リアルトレード動画)

購入者専用サポートサイト

メールサポート 無期限・無制限

 

Dealing FXを使い優位性のあるトレードを検証するには、

勝ち続ける為に絶対に必要な経験の1つなのですが

 

その考え方等を身に付けるには一朝一夕で

いかないという事実があります。

 

実践を行うにはまず相場がどのような環境かを自分で判断し

ローソク足がどのような値動きで変化しトレンドを形成するのか

といことを考える必要があります。

 

ディーリングFXの4つの指標がわかるインジケーター

 

マニュアルでは

移動平均線ボリンジャーバンド

 

値動きに対してどのように動くのか」について事細かに

解説されているのですが

 

Dealing FXの解説が非常に高く評価されている理由

 

チャートの値動きがどうして起こるのかという疑問を

相場を形成するローソク足の値動きとトレンドの形成は

トレーダーの心理にあるという前提で

 

トレーダーの売買で起こる値動きがトレンドを形成し

レジサポラインや反転のポイントで引かれたラインが

機能する仕組みと一致するという。

 

チャートの値動きが起こる根拠を詳しく説明し実践を行う上で

チャートを読み推測できる知識を身に付けることができるからです。

 

【Dealing FXの投資スタイル 】

Dealing FXのエントリーは、大まかに分けると以下の2つとなります。

● 押し目買い・戻り売りを狙った順張りで実践

● 抵抗線からの反発を狙った逆張りで実践

 

ディーリングFXの損切り,利食いのルールがわかるエントリーチャート

 

トレンドライン、サポートライン、レジスタンスラインや

移動平均線の使い方がしっかりと解説されているので、

実践を行う相場の推測や検証を行うことができます。

 

【Dealing FXの基本となる順張り手法 】

 順張りエントリールール

・ 15分足チャート使用

・ 日足・4時間足・1時間足で確認したトレンド方向にしかエントリーしない。

・ トレンドレス相場の場合も見送り。

 

実践を行うにはDealing FXのトレンドフォローで行う

投資手法を検証する必要がありますが

 

実際のチャートを使った説明動画の内容

基本になる値動きの仕組みは検証後の相場について

説明していますが説得力があり、

 

実践ではローソク足の確定を待つので個人差もほぼ無く、

説明もとても明確でわかりやすい商材です。

 

Dealing FXの値動きを指標を使い説明

Dealing FXで使う移動平均線とローソク足の関係

※Dealing FXでは相場環境によりチャート上に設定する指標を変え相場を判断します

 

Dealing FXでは

ローソク足の形やダウ理論を中心に価格の動きを理解し、

トレンドに沿って上手に仕掛ける方法が解説されています。

 

エントリーの補足として移動平均線やボリンジャーバンドを

利用し、より精度を高めていく戦略です。

 

インジゲーターを使わないプライスアクショントレードを

マニュアルにし価格の値動きに着目した

Dealing FXの値動きを簡単に説明すると

 

レート(値)のアクション(動き)からパターンをわかり、

その先を予想するといったトレードです。

 

Dealing FXのメリット

 

テクニカル手法は移動平均線を使いレートが下降している

ローソク足のパターンからトレーダー心理を読み取る手法なので

 

価格の初動から終点をローソク足の動きをわかり利食いを行う

トレードですがインジケーターは一切使いません。

 

PDFによる解説だけでなく、それを補完する目的で、

ポータルサイトにサポート動画が設定されています。

 

価格変動のみでトレード戦略を立て行く

Dealing FXのマニュアル内容

 

トレードの戦略で価格の変動を優先し相場の心理を

敏感に読み解きながら利食いを行います。

 

実践マニュアルなので自分で行った

トレード結果を振り返り結果を確認するために

ポータルサイトではサポート動画が設定されています。

 

Dealing FXのトレード技術

 

きちんと理解できているか不安という人も、

こちらの動画を併用して見ていけば、

プライスアクション(値動き)の理解度が増します。

 

マニュアルではサポートラインとレジスタンスラインを使って

トレーダーの心理面の説明があるのですが

 

実践で値動きのポイントを掴むには

この心理面を理解し相場の環境を判断できる知識を身につけ

トレードを繰り返し検証する事が最重要課題。

 

FXトレードの基礎がわかりじっくり取り組む時間の

ある方には相場の見方がわかり実践で適切な

環境認識が行えるというものですが

 

Dealing FXで学ぶプライスアクショントレードは、

裁量手法でチャートを判断するために相場形成の仕組みと

判断方法を身につけるという内容です。

 

実践トレードでルールに合った手法を検証

 

実践トレードをインジケーターを使わず相場を判断する

プライスアクショントレードではエントリーチャンスが

ない日もあるので、

 

無理してトレードしない等の解説やルールを必ず守ること、

といった実践の教訓もありました。

 

Dealing FXのマニュアルでは

チャートの判断が基本なので実践編はケースバイケースで知識を

 

身につけるというものなので再現性に時間がかかり、

かなりの部分で裁量判断が必要となります。

 

裁量判断ではありますがDealing FXのマニュアルでは

エントリーのルール・損切りのルール・利食いのルール・見送りの

 

ルールを明確に決めてありますので、

トレードの迷いはかなり少なくなるものと思います。

 

ディーリングFXはトレードルールが明確

 

順張りは、押し目買いと戻り売り、逆張りは、強固なラインを

背にエントリーする投資手法では定番の手法となっています。

 

損切りを行うのは

エントリー時に想定していたシナリオが崩れた時」でシナリオが

崩れるまでは維持しながら資金管理を行います。

 

チャートを使ったエントリー動画があり実践を行うために

相場を判断する検証内容は、数十分程度、動画を見れば

すぐに行うことができます。

 

この数十分の動画は、かなりいいコンテンツだと思います。

Dealing FXでは本書ではあまり触れられることのない

 

「メンタルコントロール」についても、

具体的な指針を示し動画も定期的にアップされて

いますので今後も発展が見込める商材と言えます。

「Dealing FX」記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックすると、Dealing FX

トレードマニュアルの内容相場にあったロジックがわかります。


ディーリングFX無料動画配信メール登録画像
「Dealing FX 」公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

 

 

Dealing FXの実践トレードを検証|マニュアル手法の値動きとは


コメントは受け付けておりません

ブログで興味があることを質問

メルマガで攻略ブログ商材配信

有益な投資情報をブログで配信

現在のオンラインユーザー

  • 560385総閲覧数:
  • 2099先週の閲覧数:
  • 2965月別閲覧数:
  • 214324総訪問者数:
  • 2320月別訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数: