バイナリーインジケーター”BOで喰う技術”を使い運用する方法

   2019年09月30日 バイナリー商材, バイナリー攻略手法

バイナリーで長期運用する為の考え方と勝率

 

長期運用を行うバイナリーの学習法

 

3つのインジケーターを使い、極限まで騙しを回避しながら

約75%~90%の勝率を維持し

 

エントリーポイントを指示するインジケーターに対して

2つのインジケーターでフィルターをかけていく

1分バイナリーに特化したトレード手法


バイナリーオプションで食う技術バナー

「バイナリーオプションで喰う技術」公式サイトはコチラ

 

バイナリーオプションを始め資産を長期運用するために

トレードを行うにはどのような部分に注意すれば良いか

検証したいと思います。

 

シグナルツールですが、1分足のチャートに表示すると

い時を矢印と音で知らせてくれるインジケーター。

 

サインが表示されるので分かりやすい

インジケーターツールです。

 

3つのインジケーターで勝率75パーセント以上をキープしている

バイナリーオプションのトレード手法になっていますが

 

3つのインジケーターを使うことによりダマシを回避して

調子がいい時は勝率が90パーセントあたり

取引が行えるようです。

 

バイナリーオプションで長期運用する為の考え方

 

バイナリーオプションで喰う技術」は3つのインジケーターで

勝率75パーセント以上をキープしているバイナリーのトレード手法

 

取引時間は1分で、

1つのインジケーターの役目としては

的確なエントリーポイントを探るためのもの

 

後の2つのインジケーターはその

エントリーポイントに対してダマシのリスクを回避し

2種類のインジケータをチェックしてダマシでないかを判断する

という流れでエントリーの判断を行います。

 

開発をした戸村 大輝氏の長期運用データでは

エントリーのチャンス1時間に1回から3回位あります

 

インジケーターを使って、条件を全て満たした明確な

エントリーポイントを見つけだし、騙し回避をするので、

約75%~90%の勝率を維持出来るというものです。

 

目標の勝率を決めルールに合う投資を行うには

 

①明確なエントリーポイント

②③エントリーポイントに対する十分な騙しの回避

 

エントリーチャンス1時間に2~5回前後(一通貨あたり)

全ての通貨に対応3つのチャートを組み合わせて、

最適なパターンになった際にエントリーする方法です。

 

インジケーターで指標を表示させますが

チャート設定は簡単にわかりますし、

 

投資マニュアルには、エントリーのタイミングと

そうでないタイミングが何パターンも書かれています。

 

バイナリーオプションで食う技術のインジケーターとエントリーライン

※縦の黄色の線がエントリーで勝った線です。縦の赤は負けの線

 

もし勝率が60%になったとしたら当商材

バイナリーオプションで喰う技術」の勝率は平均して

75%~90%ですが、仮に勝率が60%になったとしましょう

 

倍率がだいたいどこの取引業者も1.8倍なので5回取引を

し3勝2敗の取引結果だとすると

 

投資額が10000円×5=50000円

回収額が18000円×3=54000円

回収額54000円-投資額50000円=4000

1日の利益は4000円になります。

 

この積み重ねを長期運用を行うと投資したお金が少しずつ

資産となっていく訳ですが、

 

インジケーターの指標は

相場で有効なダイバージェンストレンドスキャルパー

 

相性は抜群ルールを元に、このインジケーターを

使って相場を攻めて行きますが非常に有効なロジックです

 

色々とインジケーターの組み合わせがありますが

1通貨ペアあたりのトレード回数は1時間あたり

 

平均2回前後という頻度ですのでポイントが

まとまった役割のインジケーターとなっています。

 

バイナリーオプションで食う技術で使うツールの内容

 

チャート設定をわかりインジケーターを判断

インジケーターの指標とチャートの選び方を説明

 

3つのチャートを組み合わせて、最適なパターンになった際に

エントリーする方法ですが長期運用する為には

 

インジケーターの指標が

きっちりと3つの条件が整いエントリーのタイミングの中でも

 

一番のエントリータイミングを選びトレードしたほうが

最終的には良い結果につながるということです。

 

1時間で数回のエントリーチャンスになるのですが取引する

通貨ペアを増やしていけばもっとエントリーの

 

チャンスを広げることで利益を増やすことができるのですが

対応している通貨ペアは全ての通貨なのでかなり枠が広がりますね。

 

バイナリーオプションで食う技術の3つのインジケーターの役割

 

トレードルールにとって不利な相場状況になっている際は

トレードをしないように投資マニュアルの中で説明されていますが

 

根拠のない裁量判断を思いつきで行うと、

かえって成績が悪化する可能性が高いです。

 

相場状況によっては一時的にトレード勝率50%

割り込むケースも出てきます。

(「BOで喰う技術」記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックすると、「バイナリーオプションで喰う技術」の

エントリーツールの特徴インジケーターの役割がわかります。


バイナリーオプションで食う技術の説明がわかる画像

「バイナリーオプションで喰う技術」公式サイトはコチラ

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

 

 

バイナリーインジケーター”BOで喰う技術”を使い運用する方法


コメントは受け付けておりません

ブログで興味があることを質問

メルマガで攻略ブログ商材配信

有益な投資情報をブログで配信

現在のオンラインユーザー

  • 560384総閲覧数:
  • 2098先週の閲覧数:
  • 2964月別閲覧数:
  • 214323総訪問者数:
  • 2319月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: