フィボナッチトレードで相場を絞る基本! 逆張り手法"フラッシュゾーン FX"

フィボナッチトレードで相場を絞る基本! 逆張りスキャル手法”フラッシュ・ゾーン FX”

逆張りスキャルピングのエントリー効果を分析

 

フラッシュゾーンFX」は逆張りのスキャルピングで相場の

戻り目の利食いを狙いトレードを行います。

 

1つのテクニカルで「買い」で入れる局面のみを狙います。

更に、見るべき時間足は1つで良く、複数の時間足を同時に

監視する必要がありません。

 

フラッシュゾーンFXバナー

フラッシュ・ゾーン FX公式サイトはコチラ

 

手法の概要はフィボナッチリトレースメントによる逆張り手法

最も下がった時に買う」のが主眼の手法

 

“相場が急落したところから上昇に変わる転換ポイント”

という事になります。

 

一般的にはオシレーター系の指標をみながら、トレンド指標と組み

合わせて売買のタイミングを模索していく方法が基本になりますが

 

逆張りスキャルピング手法は、勝率が高くてもすぐに損切りが

できないと、トータルで大きくマイナスになってしまいます。

 

フラッシュゾーンFXのトレンドフォロー

 

内容としては

①「サイクルクローズ」という利益になりやすい

チャートの形を見つける、

 

②フィボナッチを使った「フラッシュゾーン」で

エントリー判断する、

 

③決まった利益ポイント・損切ポイントを

設定する、という流れで解説

 

目標値を出すことにより「損切りのポイント、利食いのポイント

が明確になり、トレードのシナリオができます

 

為替相場の細かい動きなどに対応できるシナリオトレードの

良いところは損切りラインが明確と言うことです。

 

フラッシュゾーンFXエントリーチャート96.1pips獲得

 

逆張りのスキャルピングは急騰や急落が起きた場合

カウンターで入る事が多いので売りの利食いに便乗して、

逆張りスキャルピングで買いを入れてきます。

 

フィボナッチを正確に引いてトレードし比率とエントリーポイント

値幅に注意することで確率が上がります。

 

実際のトレードや結果をリアルタイム動画で公開し開発した

オリジナル手法でトレーダーとしての育成を目指している

 

ポール・ジモン氏がSMBキャピタルへ所属していたという

何よりの証拠だと言って良いトレードマニュアルです。

 

フラッシュゾーンFXで実践するトレードとは

 

 

・商材名:フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)
・販売者:株式会社 ISK capital ポール・ジモン(Paul Zimon)
・返金保証:あり(全額返金)
・運営統括責任者 佐塚 浩政
・所在地 東京都新宿区新宿7-17-16 206
・販売価格:39,800
・形式・内容量 動画講義(約90分)+特典動画など

 

実践する為にツールを使い「サイクルクローズ」というオリジナル

トレード手法を解説しています。

 

フラッシュゾーンFXの手法の特徴

 

3つのステップをこなすだけで十分な利益を獲得できるとのことで

その”3ステップ“も決して難しい要素が含まれていない

 

①サイクルクローズ(相場が上昇し、上昇トレンドに乗り切らず、

  加工して同じ位置まで下がった相場)を見つける

②フィボナッチを使って“相場が上昇する転換ポイント”を見つける

③“ある条件”に従いストップとリミット入れ、利益確定を待つ

 

かなりシンプルですが、ここに記載されている手順で

下降トレンドを狙い条件に合わせ買いエントリーを行う

押し目買いの戦略です。

 

フラッシュゾーンFXのサイクルクローズ

 

サイクルクローズとは相場のローソク足の波を三角形のサイクル

に例え下がり相場で買いのエントリーを狙います。

 

基本ルールでは、利食い、損切り位置は決まっていますので

OCOで設定が可能です。

 

フラッシュゾーンFXのサイクルクローズ利食い

 

ワンポイントトレードテクニックとしては、結構、再現性も高く、

エントリーとエグジット、ロスカット設定のポイントが

 

理解しやすい逆張り手法といっても、ナンピンなどは行わず、

利大損小のトレードの本質に沿った手法

 

フィボナッチの転換点で高勝率を上げるには

 

 

フラッシュゾーン」で、この手法により、プロトレーダーと同じ

レベルの手法を身につけることができます。

 

サイクルクローズのポイントもメールで配信される

ということでポイントを判断することはできると思いますが

 

確率の高い転換点となるポイントをサイクルクローズと

フラッシュゾーンから導き出しある条件をエントリーに加えること

15分足以上のエントリーの方が信頼度が高くなります。

 

フラッシュゾーンFXリスクリワード

 

トレードの基本

ツバメ返し”というカウンタートレードをフィボナッチで

形成される”フラッシュゾーン(買いのゾーン)で行い

 

損切りなどのリスク・リワードを1エントリーに

1%以内にすることが重要です。

 

日足などのスイングトレードにも応用は可能ですが

基本はルール通りのトレードを繰り返すのみです。

 

押し目、戻り目を狙いますがチャートのパターンが出現しても

しっかりと条件が整うまで待つことで勝率は上がりますが

 

説明を読んで1日5回~10回程度の

エントリーだけでこれだけの収益が見込める手法

だということを理解することが大切です。

(“フラッシュゾーン FX”の記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするフラッシュ・ゾーン FX

サイクルクローズの発生条件リスク・リワードがわかります

 

フラッシュゾーンFX3つのステップがわかる画像

フラッシュ・ゾーン FX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

 


フィボナッチトレードで相場を絞る基本! 逆張り手法”フラッシュゾーン FX”


コメントは受け付けておりません