トレードに必要なラインを引くための3つの方法"ライスキャFX DX"

トレードに必要なラインを引く為の3つの方法 損切りを検証”ライスキャFX DX”

   2018年05月27日 FX:スキャルピング, ロジック分析, 投資検証,短期投資

ライントレードのラインの引き方と値動き

 

ライントレードとは、名前のとおりライン(=線)を使った

取引手法のことです。

 

引いたラインからどのように判断するのか価格帯で支えられている

サポートライン(支持線)といわれるところがあります。

 

 

ライスキャFXバナー

ライスキャFX DX完全版公式サイトはコチラ

 

ラインを上から下にブレイクしたら売りを判断しますが

ライスキャFX DXは、継続配信動画(毎週)があり

 

プライスアクショントレードがミックスされた

スキャルピングを学ぶノウハウになります。

 

海外のトレードスキルを詰め込んトレンドライン・チャネルライン

の引き方をした進化系ラントレード手法です。

 

プライスアクション(値動き)を判断するチャートの見方

 

よく意識して引くラインが、主要な高値・安値に引く水平線です

チャートに引くレジスタンスラインと支持線である

サポートラインは、さらに強く意識されるライン

 

水平線とトレンドラインをしっかり引くだけで決済すべきなのか・

まだまだ伸びる余地があるのかが判断できます。

 

ライスキャFX下降トレンドのライン

 

チャートにトレンドラインを加え上昇トレンドのラインは、

ローソク足の目立った安値を二つ以上見つけた時に、

その安値を結ぶようにラインを引きます。

 

下降トレンドのライン

二つ以上の高値を結んで線を引きます。

 

ライスキャFX上昇トレンドのライン

 

練習のつもりでチャートが見づらくなるくらいにラインを

たくさん引いてみて長いラインだけを残します。

 

長いラインはより強く機能しますが、時間とともに起点が移っていく

ようなトレンドラインもありますが

 

上下に長いヒゲがあるローソク足は、

そのローソク足が形成される間、一時的な乱高下の影響で、

相場が上下のどちらにいくか大いに迷っていたことを示します。

 

ライスキャFXのライントレードとは

 

ライスキャFXは、ライントレードのラインの引き方や

裁量トレードで分析のやり方もどうやるかを動画で教えてもらえ、

 

ロジックもチャートパターンに合わせて複数使えるから安定的に

相場から利益を確定できます。

 

初心者の方は「MA線を越えたら」とか「ゴールデンライン

デッドライン」などの事実が生じた後に行動を起します。

 

ライスキャFXエントリーチャンス

 

ライスキャFXは、ロジックを使い分けることでによって

トレードチャンスが1日5時間の間に1通貨に対し8~12回。

 

推奨通貨を複数監視することによって

1日に100回以上のエントリーチャンスがあります。

 

ローソク足の最頂点、もしくは最下部、ローソク足のヒゲの部分で

の利確ができこのヨコとタテ、双方の動きに着目しているという点

で非常にバランスのとれたトレード手法と言える

 

ライスキャFXのラインの引き方を紹介

 

 

・商材名:ライスキャFX DX 完全版

・販売者:梶真英 遊介

・所在地 東京都府中市八幡町2-7-23 丸和201

・返金保証:なし

・販売価格:39,800

・形式・内容量  基本編 PDF:本編303ページ特典60ページ 

                       動画:本編34時間

 

移動平均線やボリンジャーバンドの使い方も動画でわかりやすく

教えてもらえようですが使うインジケーターは3つです。

 

• 移動平均線
• ボリンジャーバンド
• ZIGZAG

 

負けトレーダーを出さない継続学習動画」というものが

あり隔週で動画が提供され

 

プライスアクション、ライン、3つのインジケータを使いながら

プログラムの中のパターンに当てはめてトレードが

できるようになっています。

 

明確なエントリールールと、決済ルールがあり利益確定は

10pips~20pipsで、欲張らずにすぐに決済します。

 

ライントレードは、一般的なサポートライン・レジスタンスライン

やトレンドラインとは少し違い、”独自のライン”です。

 

ライスキャFXラインの引き方

 

進化系のオリジナルラインの引き方は画期的な方法でラインを

引くことで、適切な箇所でエントリーが可能になる

 

レジサポラインを調整し3つのラインを引くのですが

1 .トレードをスタートさせる時間に垂直線を引く

2 .過去6時間の情報から上昇と下降の基準線を引く

3 .基準線からチャネルラインを引く

 

という順序でトレードの準備を行います。

 

パラメーターを設置し別次元の引き方をすることで

ローソク足のひげの先端をピンポイントでとらえます。

 

ライスキャFXひげの長さでトレード

 

ラインとして、サポート線、レジスタンス線らしき線を

引っ張っているが、横線を引くことが全く意味のないこと

について公式サイトで説明しています。

 

ライントレードとプライスアクショントレードをで融合させた

スキャルピングで利益が出しやすい、ラインの引き方です。

 

スキャルピングライントレードの損切りを検証

 

損切りロジック”があるライスキャFXオリジナルである明確な

ルールはローソク足のひげの先端で利益が最大化する仕組みです。

 

ライスキャFXの損切り

 

フィルターを通し3つのチャートパターンを判断するのですが

スキャルピングで重要な3つのポイント

1 良いエントリーポイントでエントリーする
2 ルール通りに的確なところで利益確定してしまう
3 ルール通りに、すぐに損切りをする です。

 

インジケーターは相場の後追いでしかない」と分かった上で

使用する事が上達のポイント

 

利益確定:損切り=1:1で、

損切りルールは決められており10pips以内です。

 

ライスキャFX損切りのルール

 

スキャルピングシステムで行う半裁量トレード教材ですが

裁量のスキャルピングで稼ぎだすためのロジックを、

 

損切りルールが明確だから余計な感情に振り回されて損切り

できずに損失を拡大するなんて事もなくなるようですが

まずこの3つのパターンで実践することを推薦しているようです。

 

しかし、ルールに間違えがあれば

少しずつ負けが積み重なり投資金額を上げてしまい結局は

大きく負けてしまうという事が起こってしまいます。

 

3つのプライスアクションとチャートパターンに

複数通貨ペアの監視で、見落としや出遅れが無いのか

マニュアルが多いという点が大いに疑問です。

(“ライスキャFX”の記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするとライスキャFX完全版

ライントレードのラインの引き方スキャルピングがわかります。

 

ライスキャFX公式サイト画像

ライスキャFX DX完全版公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン


トレードに必要なラインを引くための3つの方法”ライスキャFX DX”


コメントは受け付けておりません