ライントレードインジケーターで高勝率の手法とは”ライスキャFX”

   2020年09月15日 商材のチャート分析, 投資ブログ,商材の評判

 インジケーターの組み合わせと設定方法

 

ライスキャDX完全版はラインを使ったスキャルピング手法ですが

3つのインジケーターにラインを組み合わせトレードを行います。

 

ラインを使ったスキャル手法で使用するインジケーターは

移動平均線、ボリンジャーバンド、ZIGZAGこれらにラインを

組み合わせ行うトレードスタイルです。

 

ライスキャFXバナー2

ライスキャ DX完全版インジケーター公式サイトはコチラ

 

ライスキャFXで使うインジケーターは

5分足・15分足がメインとなり、エントリーのタイミングは

5分足で判断します。

 

チャートの設定等は簡単ですが、MT4導入等の1から説明

している動画はありません。

 

ライスキャDXで学ぶライントレードとは

裁量プロジェクトとして、ライントレードとプライスアクション

を用いた王道的なラインをインジケーターの設定で行うトレード手法

 

サポートラインとレジスタンスラインをオートラインシステム

(自動でラインを引くインジケーター)が提供されます。

 

ライスキャDXで使うラインインジケーターの特徴

※ライスキャDXで使うインジケーターのライントレード機能がわかります

 

ライスキャDXで利用できる

ZigZagはインジケーターの中の「テクニカルツール」の一つ

カクカク、ジグザグした形で価格の高値・安値を分かりやすく

 

シンプルに表示しているインジケーター値と安値の位置同士が

赤いラインで結ばれています

 

インジケーターにマルチタイムフレームや、プライスアクション

等々を組み合わせてトレードで勝率を上げるために

 

ライスキャDXでは

インジケーターで表示されるラインを目安に裁量で行う

ライントレードをチャートパターン等で判断していきます。

 

ライスキャFXプライスアクションとライントレード

※ライスキャDXのインジケーターではパターンを確認後エントリーします

 

ライスキャDXで利用する

3つのインジケーターの設定は自分で学習することになります

使用するインジケーターはMT4に標準装備されているので

 

インジケーターの設定方法を検索エンジンで探すと

参考サイトがわかるようです。

 

ライスキャFXのインジケーターは

重要な情報だけを選抜し中でも移動平均線のパラメーター

 

教材の中で全部公開してくれているのでこの情報をフルに活用し

高速プライスアクショントレードができるようになっています。

 

チャートパターンを分析し実践を行うには

ラインインジケーターで行うスキャルピング手法を説明

※インジケーターのスキャルロジックとライスキャFXのトレードを説明

 

ライスキャDX完全版は、完全裁量ではなく、

インジケーターの設定で半裁量・半シストレ的な部分がある

トレードロジックなので普通にマスターでききますが

 

ライントレードスキャルピングの最大の特徴はスキャルピング

しやすいラインの引き方です。

 

ライスキャDXのインジケーターでチャートを

表示させた後はライントレードで勝率を上げるための

トレンドライン、チャンネルラインの引き方を利用した

 

新しいライントレードのやり方でローソク足の形や配列と

いったプライスアクションを動画とファイルで学びます。

 

ライスキャFXフィルターチャート

※基準のラインを起点にチャートパターン発生後ライントレードを行います

 

ライスキャDXのラインインジケーターで表示される

サインを判断するためには

チャートパターンもとにラインを引く

 

いくつかのロジックをシチュエーションに応じて使えば

チャートパターン通りにインジケーターが動いてくれるそうです。

 

このライスキャFXで使う

フィルターを通してみる3つのパターン

 

・Wトップ、Wボトム
・H&Sトップ、H&Sボトム
・アセンディングトライアングル、ディセングトライアングル

 

と、トレードの王道ですね。

 

ライスキャFX勝ち動画

 

1.最新のライスキャDXを使った継続学習動画を数本見る。

2.進化系ライン&新プライスアクション 融合のライスキャDX動画を見る。

3.興味のある動画・覚えたい投資ロジック解説動画を選択して閲覧する

 

という順序でライスキャDXのロジックを学んだ後に

エントリーポイントなどの勝率を上げる投資手法を収録した

PDFファイルでライントレードインジケーターに表示される

 

抵抗線を意識した売買のタイミング

レンジブレイク、逆張り、トレンドフォロー、などの

エントリーパターンから選び判断します。

 

ライスキャFXチャートパターン

※ライスキャFXのインジケーターは今まで使っていた指標をセットできます

 

進化系ラインを使用し、プライスアクションを視野に入れながら

ブレイクを判断するにはラインのみでもわかりますが

 

ライスキャDXで利用するライントレードインジケーターに

指標を加えることで抵抗がわかりやすく表示されるように

チャートパターンと勝率を分析する必要があります。

 

トレード配信動画とライスキャFXの評判

ライントレードインジケーターで設定する指標を説明

※ライスキャDXのライントレードインジケーターを使ったものではありません

 

ライスキャDXの移動平均線、ボリンジャーバンド、ZIGZAG

という指標をインジケーターに設定した後、注意すべきポイントは

 

これらのパラメータが相場状況に応じて常に最適な状態に調整

されている設定が大切です。

 

ライスキャFXの専用サイト内の

定期的に配信されるリアルトレード解説で、

 

・どういう投資ロジックでエントリーしたのか?

・どういうルールのもと決済をしたのか?

・どういう裁量判断をしたのか?

 

こういった内容の動画を配信していますので、それを見て、

興味のあるライスキャDXの指標と関係のある動画を選ぶ

 

・複数の時間足を見る。

・ラインを引く。

・ローソク足を見る。

 

それにより、相場状況を読み、心理を掴むライントレードと

プライスアクションを融合させたスキャルピング手法です。

 

ライスキャFXのパラメーター値

 

ライスキャFXの動画で学ぶラインを利用し

大衆の心理を読むためには、

勝率に影響力が高いものを見る必要があります。

 

要するに、ライスキャFXの動画を利用するとインジケーターで

表示される「ローソク足チャートを見る」という推測に繋がります

 

ライスキャDXのライントレードインジケーターは

自動売買やシグナル配信サービス、システムトレードに複数の

 

システムをその時の相場状況に応じて、停止したり、

パラメータをメンテナンスしながら稼ぐものになります。

 

じっくりと本気で専業トレーダーを目指す人や時間にかなり

ゆとりを取れる方でないとライスキャDXを使い勝率を上げる実践が

できないという評判ですが始める前に注意すべきポイント

 

独自のラインに従ったトレード手法を実行し、

勝率と獲得pipsが安定したら徐々に裁量を加えていく

方法がベターでしょう。

 

(“ライスキャDX”の記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするライスキャDX完全版

インジケーターの内容ライントレードで勝てる理論がわかります

 

ライスキャFX動画徹底解説画像

ライスキャDX完全版インジケーター公式サイトはコチラ

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ライントレードインジケーターで高勝率の手法とは”ライスキャFX”


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 656577総閲覧数:
  • 2489先週の閲覧数:
  • 1228月別閲覧数:
  • 281982総訪問者数:
  • 679月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: