リスクヘッジに効果があるFX商材の特徴 ラインブレイクを分析"モントレFX"

リスクヘッジに効果があるFX商材の特徴 ラインブレイクを分析”モントレFX”

   2018年05月27日 FX総合情報, ロジック分析, 投資情報,商材の評判

ラインブレイクの条件をメーターで伝えるFX

 

モンスタートレードFXはトレンドゾーンを自動で表示する

5分足のデイトレードが基本の教材です。

 

高値、安値のブレイクでエントリーの矢印3つ目まで推奨し

リスクメーターにゾーンメーターなどエントリーチャンスが

判りやすいトレードルールが決まっています。

 

モントレFXバナー2

モンスター・トレンドゾーンFX公式サイトはコチラ

 

トレンドが発生したらチャート上にゾーンが発生し、

緑(上昇トレンド)や赤(下落トレンド)の色で

確認できるのですぐに分かります。

 

ゾーンの発生でエントリーを行うというルールがあり

1枚のチャートでマルチタイムフレーム分析を行いトレードします。

 

緑の上昇ゾーンが発生したら緑の矢印で赤の下降ゾーンが発生したら

黄色の矢印でエントリーの判断を行います。

 

 

緑色の上昇ゾーン中

緑色の矢印が出現してから3つ目までがエントリーチャンス

 

赤色の下降中

黄色の矢印が出現してから3つ目までがエントリーチャンス

 

つまり、4つ目以降の矢印は

エントリーするには遅いので、エントリーしない。

 

モントレFXのエントリー判断

 

ゾーンが発生してから3つ目までの矢印を エントリーの目安とし

ゾーンの発生から時間が経つほど効果が弱くなるようなので

 

色分けされたゾーンの大きさをラインとローソク足で確認し

トレンドの大きさをわかることが重要です。

 

モントレFXのブレイクアウト

 

モンスタートレンドゾーンFXの特徴

1つのチャート画面で、複数の時間足を意識したエントリーが

可能となるマルチタイムフレーム方式を採用したインジケーター

 

1つのチャート画面でありながら、5分足(矢印サイン)と30分足

(トレンドゾーン)の2つで総合的に判断できます。

 

モントレFX攻略のポイントは、商材とは別で購入する


利益ライン自動生成ツールです。

 

このインジケーターをセットすることでチャート上に矢印とラインが

増えブレイクラインの判断が的確になり勝率が上がります。

 

通貨ペアの平均回数とトレンドフォローの特徴

 

モントレは3つのインジケーターを利用してエントリー&エグジットを

行うことになります。

 

無料追加インジケータ―

反転の確率が高くなると青と紫の帯(ゾーン)が

メインチャート上に出現するもの

 

直近(数値の調整が可能)の高値と安値に水平線を引いて

ブレイクをわかりやすくするインジケーターが追加

 

モントレFXの無料インジケーター

 

1通貨ペアで平均して月80回前後、1日に3~4回ほどの

チャンスだそうです。

 

リスクリワードが1:7もあり、勝率53%ということなので、

大きなトレンドをキャッチするロジックなので

 

ボラティリティーの高い相場ではトレンド転換の兆しを少しでも

感じたらクローズするような仕組みです。

 

モントレFXのリスクワード

 

赤と緑のゾーンが交互で表示された場合

ゾーンの切り替え(トレンドの転換サイン)となっていて

 

大きなトレンドが現れる前なのでブレイクアウトを狙った

トレードを行うことができますが通貨の強弱でボラティリティを

判断しポイントを見分けることが重要です。

 

モントレFXのトレンド、レンジゾーン

 

トレンドが発生したことに気がつくようにテクニカル分析で

トレンド発生の判定ができるスキルがあれば、

 

トレンド方向に乗ってさえいれば確率的に

利益を伸ばす事はでき逆に損失の確率も減少する訳で

そこにはFXの王道的な基本があるのでは‼︎

 

リスクヘッジを行いサインツールを使うには

 

 

モントレFXのマニュアルでは高値安値更新でのブレイクエントリー等

の裁量判断を入れることで利益を最大化する方法についても解説

 

ラインブレイクを狙うのに便利なラインツール

利益ライン自動生成ツール」が別売りで用意されています。

 

しかし、モントレFXのサインツールには上位足を

確認できる指標はセットされていません

 

そのためMT4に移動平均線などの指標をセットする必要があります

ボラティリティが高く、トレンドが多く発生した相場を

 

通貨ペアの中から選ぶのですがインジケーターで相場の流れを

判断できればリスクを抑えトレードを行うことができます

 

モントレFXのルール

 

背景に何も表示されないとき

レンジ状態でゾーン内の矢印が4本目以降は相場のトレンドが

進みすぎている状態なのでエントリーを避けるというルールです。

 

利食いの基本はトレンド(ゾーンの色が変わる)が終わると行います

トレードルールをしっかり守って運用するための内容が

マニュアルには載っていますが

 

自動生成ツールの使い方とサインの取捨選択の

判断がポイントです。

 

サインだけで勝ち続けられるというものではないので、

裁量は必要となりますが、

 

エントリーのタイミングがゾーンやパラメーターで

表示されトレンドの方向を簡単に判断できる商材です。

(“モントレFX”記事の続きはこちらから閲覧できます)

 

下記の画像をクリックするモンスター・トレンドゾーンFX

ラインブレイクで行う手法リスクヘッジの説明がわかります。

 

モントレFXの年間pips

モンスター・トレンドゾーンFX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン


リスクヘッジに効果があるFX商材の特徴 ラインブレイクを分析”モントレFX”


コメントは受け付けておりません