FXで逆張りレンジ相場のタイミングを裁量取引で解説"グランドセオリー FX"

FXで逆張りのタイミングを裁量取引で確認レンジ相場を解説”グランドセオリー FX”

キャンドルバンドミドルリターン手法とは

 

10のグランドセオリーとあなたの「進化」によって、

FXで「資産」をかせぎ、「時間」・「自由」をつかむ」

 

グランドセオリーFXでは、複数のロジックを用いて

様々な場面に順に対応することを目的とした手法となっています。

 

グランドセオリーFXバナー
グランドセオリーFX公式サイトはコチラ

 

相場分析スキルがある状況でグランドセオリーFXの

トレードロジックを導入すると、

 

トレードチャンスも利益を獲得するPIPS数も飛躍的に

向上する可能性があります。

 

グランドセオリーFXでは、レンジ相場を通常の

レンジ相場とロー・レンジ相場、ハイ・レンジ相場というように

3つの相場に区別しています。

 

グランドセオリーFXのメッセージ

 

レンジ相場用のロジックは、どの時間軸で用いても

構わないですが、

 

慣れないうちは15分足、30分足、1時間足の

どれかで行う事を推奨していて、

 

レンジ相場の逃げの感覚を基本ロジックと応用ロジックで使い分け、

ロジックに一致していても、なぜエントリーしないのか、

表現しにくい裁量取引を分かりやすく詳しく解説しています。

 

グランドセオリーFXのポータルサイト

 

この「CBM」こそがらいくさんが考えた理論であり、

このグランドセオリーFXの基本ロジックがこの「CBM」を軸とした

トレンド手法、レンジ手法になっている

 

グランドセオリーFXのロジックは他の商材のロジックと比較すると、

裁量判断の割合が多い部類ですが、

 

FXトレーダーなら、このチャート図をじっくり見ていけば、

トレードロジックの基本形は理解できるはずです。

 

しっかりと半システムトレード的に利益をだせる

CBMロジックも伝授されます。

 

逆張りが基本のエントリーの仕組みを説明

 

 

グランドセオリーFXではレンジの逆張りとトレンドの順張りの手法が

公開されていますが、それらの肝となるのがCMBロジックです。

教材、基本的な原理原則を教える教材です。

 

グランドセオリーのロジック1と2で利益があげられるように

ボリンジャーバンド、移動平均線、一目均衡表の雲を使った

 

裁量トレードでロジックだけでなくマインドセットも含めたFXの

在り方を解説しています。

 

また逆張りはレンジ相場用、順張りはトレンド相場用のロジックがあり

デイトレ、スキャルピング、スイングとどの時間軸でも対応可能です。

 

「順張り」「逆張り」と一通り手法が紹介されていますが、

メインロジックは逆張りが中心です。

 

グランドセオリーFXトレンド相場

 

1時間足チャートでのトレードは基本的には1時間に1回チャートを

確認するスタイルとなるのでゆとりを持ったトレードができます。

 

順張りでトレンド相場でエントリーする一方、逆張りで

レンジ相場でもエントリーします。

 

逆張りのレンジロジックは「ボリンジャーバンド」で

レンジ相場を確認します。

 

グランドセオリーFXのレンジ相場

 

ローソク足のヒゲ」で、レンジでの反発を確認します。

反発を確認して、確実に損切りを入れて下さい。

 

損切りを入れて、それでも損小利大が確保できると判断した

ときだけエントリーです。

 

基本的に逆張りのトレードを中心にレンジ、トレンドを総合的に

捉えるロジックなので、

 

音声、PDF、動画から「現在のトレードに取り入れる仕組み」を学び

テクニックとして身につけることができると思います。

 

裁量トレードの対応力を身につける方法

 

 

ローソク足やテクニカルとの関係からチャートを読み解いて相場に

対応していく「対応力」が身につけることができる教材内容ですが

 

PDFファイルや動画などで伝えているパターンと似た形状をチャートが

示した時にエントリーを検討するというロジックを

 

順張りでトレンド相場でエントリーする一方逆張りで

レンジ相場でもエントリーします。

 

グランドセオリーFXのスイングトレード

 

トレンド相場用のロジックはボリンジャーバンドと移動平均線、

ローソク足の形状と並びからチャートの形状をパターン化し

パターンに当てはまった時にエントリーする

 

4時間足をメインにしたとしても、毎回必ず4時間間隔でチャートを

確認する必要もなく1日3回くらいでも大丈夫と伝えていますし、

 

日足なら、1日1回のチャート確認で済みますのでここでの

スイングの手法は試してみる価値はあります。

 

グランドセオリーFXトレードで勝てない理由

 

しかし、「転換」「初動」「中間」のエントリータイミングを

全て自分のものにして使いこなすことができれば問題はないのですが

そこまで行くには練習期間が必要になるので

 

裁量トレードを頑張っているのに勝てないと思う方には、

何かトレード結果を改善させるヒントがあると思いますが

 

完全にルールに縛られたトレードを100%とした場合、

ルールに対し利用できる部分は30~40%程度でしょう。

”グランドセオリーFX”記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするとグランドセオリーFX

ライントレードの仕組みポジションのサイジングがわかります。

 

グランドセオリーFXの内容がわかる画像
 グランドセオリーFX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

コメントは受け付けておりません