東京時間のみのFXトレード手法のエントリーリスクを検証"東京オンリーFX"

東京時間のみのFXトレード手法のリスク エントリーを検証”東京オンリーFX”

   2018年08月06日 FX総合情報, FX:チャート攻略法, 投資検証,短期投資

東京時間のみのFXトレードを行う投資手法

 

スマートフォンだけでトレードができる6年間負けなしの

トレード手法東京オンリーFXは、

 

東京時間のみさらに厳選した時間帯に特化し、ボラティリティが低く、

レンジになりやすい特徴を狙って安全な運用

 

東京オンリーFXバナー

東京オンリーFX公式サイトはコチラ

 

カズヤング氏の作成した、

東京の昼時間のみトレードするMT4シグナルツール(サインツール)

専用のサインツールに従って運用する無裁量のシストレ手法

 

レンジ相場を逆張りでトレードする1分足のカウンターを狙った

エントリーをRSIという指標を使いトレンドの反転を予測します。

 

レンジ内の逆張りなので利幅は極めて小さいのですが、

損切りが大きな手法です。

 

東京オンリーFXのレンジ相場

 

東京時間のみの1分足逆張りスキャルピングを短時間の間で無裁量の

ルールでエントリーを行います。

 

基本的には、推奨通貨ペアであるドル円、ユーロ円、ポンド円なら

右肩上がりの結果になるそうです。

 

東京時間の11j時〜14時の時間帯で

トレードすることを推奨していて時間足は1分足、通貨ペアは

ドル円、ユーロ円、ポンド円を推奨しています。

 

移動平均も水平線もトレンドラインも
1時間足や日足も雲も

一切見なくてOK安定してコツコツと利益を積み上げることは可能

 

東京オンリーFXの利幅

 

1分足のスキャルピングにしては極端にトレードの機会が少ない

トレード時間が3時間なため、1日のエントリー回数は

3通貨ペア合計で3回程度になります。

 

ボラティリティが無いということは、相場が落ち着いていて

指標も無いからスプレッドも気にしなくて、

突発的な動きも無いということ。

 

東京オンリーFXのエントリーサインを説明

 

 

・商品紹介:【6年連続負け無し3か月連続負け無し】
 東京時間を狙うインジケーターです。 PDF6つ インジケーター3つ
・ 販売価格:28,000
・販売者名:株式会社金馬新聞
・ 販売法人・個人名称:株式会社金馬新聞

 

東京オンリーFXにはTOKYO RSI、tokyotorender、timeという

MT4に組み込むオリジナルインジケーターが3つ付属しています。

 

矢印インジケーターがありますので大きな矢印の向きを確認して

大きな矢印と同じ小さな矢印を見つけてエントリーするやり方

 

ルールは以下の通りです。

・直近の大きな矢印を確認、

・大きな矢印と同じ方向の小さな矢印が出たところでエントリー

・エントリー時に逆指値を入れる反対の小さな矢印が出たところで決済

 

東京オンリーFXのエントリーポイント

 

 

■時間帯
エントリーは日本時間の11時~14時まで

■検証通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円

■検証ルール

商材に記載されているルールに従います。

結果はスプレッド分を差し引いて記載しています。

 

東京オンリーFXの3つのステップ

 

まず東京時間といっても9時から15時とありますが内訳を考えますと、

東京時間の9時は東京市場開始や仲値もあり荒れる可能性もあり。

 

東京時間の10時は9時に動いた分の調整が行われる可能性が

あり動きが読みにくい、

東京時間の11時から14時では落ち着いたレンジ相場、

 

東京時間の14時から15時は東京市場が終わりに向かい

ポジション整理などで動く可能性があると考えています。

 

東京オンリーFXの時間は一定

 

今回狙うのは11時~14時なのでスプレッドの拡大はほぼ無く、

指標もほぼありませんので、

スプレッド拡大の心配をすることはありません。

 

ボラティリティが低いスキャルピングのリスク

 

 

東京タイムは基本的にボラティリティの小さい時間帯です。

 

スキャルピングやデイトレードで値動きが大きくなる時間帯として

あげられるのが、夕方から夜間にかけての時間帯です。

 

東京オンリーFXでは1ヶ月に1回のみではありますが

カズヤング氏による電話サポートが用意されています。

 

東京時間の狙い目(11時〜14時)にトレードを行うために

必要な知識と相場の判断をサポートで学ぶことができるようですが

 

東京時間は、レンジ相場になる傾向が特に強く、相場展開が

シンプルで読みやすいという特性があり

 

頻度が少なすぎると確率の収束に時間がかかり、

時折訪れる偏りが長い 『 ハマりの時期 』 を作ってしまいます。

 

東京オンリーFXの時間帯

 

重要な指標発表などとは重ならないので急変のリスクが

少ないと言うのはメリットですが

 

スキャルピングやデイトレード、短期スイングトレードなど、

長くてもエントリーした当日中にトレードが完了する場合

 

少しでも値動きが大きい時間帯を狙っていくのが

トレードチャンスを増やすための定石です。

 

値動きの少ない東京時間を選ぶことでリスクを

軽減することができるとは思いますがその分、

利益も大きく取ることが難しい

“東京オンリーFX”記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックすると東京オンリーFX

東京時間を指定する理由トレード手法の特徴がわかります。

 

東京オンリーFXの内容がわかる画像
東京オンリーFX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かった 情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

コメントは受け付けておりません