通貨ペアの特徴でトレードを絞るFX商材のEA実績を検証"東京オンリーFX"

通貨ペアの特徴でトレードを絞るFX商材 自動売買の実績を検証”東京オンリー FX”

FXの通貨ペアでトレードチャンスを絞るには

 

東京時間の中でも特に値動きの少ない11時~14時の間のみで

トレードする少し珍しいツー東京オンリーFXは

 

トレード時間が3時間なため、

1日のエントリー回数は3通貨ペア合計で3回程度

この東京の昼時間のみトレードがこの商材の最重要ポイント

 

東京オンリーFXバナー2

”東京オンリーFX”公式サイトはコチラ

 

東京時間開始直後の動きを狙ったりするのではなくて、

一番動かなくて退屈な11時から14時をターゲットにする

 

トレード時間が3時間なため、1日のエントリー回数は

3通貨ペア合計で3回程度ですが

 

直近に出た大きい矢印と同じ向きの小さな矢印が出たらエントリ-

利食いは赤色の小さな矢印が出たら行います。

 

 

トレード時間が11時から14時までと短いですが、

対象通貨ペアがドル円、ユーロ円、ポンド円と3つあるので、

1日に大体3回~5回程度のトレードチャンス

 

短期スイングトレードなど、長くてもエントリーした当日中に

トレードが完了する場合少しでも値動きが大きい時間帯を狙っていく

 

値動きが少ない時間帯(11時から14時)が狙い目だとレンジ相場に

なる傾向が特に強く、相場展開がシンプルで読みやすく

 

東京オンリーFXに向いているのは一番がドル円、その次が

ユーロ円のようです。

 

東京オンリーFXの仕組み

 

東京オンリーFXはロジックを完全公開しているので、

ロジックに使われているインジも一緒に表示しすれば、

チャンスが近いのかどうかも分かってしまいます。

 

エントリーしたら利益確定・損切りのいずれかを行うという、

シンプルでわかりやすいトレードを行うので

 

指標や突然の大きな動きにおびえることなく、安定してコツコツと

利益を積み上げることは可能です。

 

RSI指標の設定で実践するFX手法を解説

 

 

日本市場が開いている時間だけにフォーカスしてレンジになりやすく

ボラティリティーが低い相場で勝負しようという内容

レンジ相場で行う1分足の逆張り戦略をルールに従い実践します

 

サインや矢印が出るタイミングは全てマニュアルにてロジックを

公開していてエントリーのタイミングを図る時はRSIしか使いません

 

東京オンリーFXのメリット

 

・スマホだけでも出来る
・損切りは30pp固定
・マーチンゲールやナンピンは一切なし
・3回に2回以上は勝ち
・夏時間でも、冬時間でも東京時間は同じ
・サインが出るタイミングが明確

などのメリットがありますが

 

1分足をメインに使用して数秒から数分の間に

5Pips~10Pipsのわずかな利幅を狙い、1日に数十回の取引を行い

エントリーポイントを判断します

 

経済指標や突然の大きな動きを気にせずに

MT4でなくても他の業者のチャートソフトやスマホでも

トレードを行い利益を積み上げることは可能です。

 

東京オンリーFXの3つのステップ

 

インジケーターを設定するとチャートに矢印が表示され

シグナルの点灯する根拠を説明書で伝えているので

ロジックの根拠がわかります。

 

ロジックはシンプルで、チャート上の矢印サインに従い

エントリー~決済判断を行っていき

 

RSIインジケーターがサインを出します。RSIが◯以上(◯以下)

というルールで、サインが出たらエントリー、逆の矢印で

決済を機械的に行います。

 

東京オンリーFXのインジケーターの補足

 

基本は1分足のレンジカウンターで逆張りのトレードのサインを

リスクを抑えながら確実性の高いタイミングを計るために

 

チャートを見ながら〇〇を超えたらロングそして〇〇なら

ショートと言うような感じでエントリーのタイミングが

わかるようになっています。

 

FXインジケーターの実績と自動売買を検証

 

 

売買ルールは直近の大きな矢印と、同じ方向の小さな矢印が

出たらエントリーを行い逆の小さな矢印が出たら決済

(利食いまたは損切り)します。

 

自動売買の設定は エントリーしたらその直後に-30pips地点に

ストップを設定します。

 

2つのインジケーターで大きな矢印の根拠となる相場のトレンドの

向きを示しRSIで、エントリーとエグジットの判断するトレード

 

1日に大体3回~5回程度のトレードチャンスですが

相場は全体として動意に乏しく、特に東京オンリーの時間帯である

11時~14時の間は目立って大きな動きはないということなので

 

複数通貨でチャートを確認してエントリーするのは難しいため、

資金を分散したとしてもエントリーを逃す可能性が

多々出てくることが予想されます。

 

東京オンリーFXのバックテスト

 

インジケーターのバックテストの結果が公開されているのですが

データにモデル、期間、通貨ペアなどが表示されておらず

実践での結果もわからないため情報が正しいかわかりません。

 

自動売買でトレードを行う場合、

仕組みがわからないと損切りをしないトレードで

大きな損失が出る結果に繫がります。

 

レバレッジをかけ過ぎてファンダメンタルズ要因に気づかず

思わぬ大損を被る可能性も

 

1回のトレードで取れる利幅が少なければ勝率が

66%でも赤字になってしまう可能性も十分考えられます

“東京オンリーFX”記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックすると東京オンリーFX

エントリーの特徴インジケーターの成績がわかります。

 

東京オンリーFXの4つのメリット

”東京オンリーFX”公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

コメントは受け付けておりません