レンジブレイクインジケーター”ダブルブレイクマネージャー”検証

   2019年11月15日 チャート分析, 投資検証,ネット投資

FXのレンジブレイクアウトを狙うエントリー

 

ダブルブレイクマネージャーは、5分足チャートを用いて、

レンジブレイクを狙うロジックを採用したトレードツール

シグナル配信してくれるインジケーター

 

トレード手法を使うと「わずか1回30秒の簡単な作業だけで毎月

安定的に毎月10万円~100万円の利益を積み重ねることができる

 

ダブルブレイクマネジャーバナー
ダブルブレイクマネージャー公式サイトはコチラ

 

投資リスクを徹底的に排除し、損小利大を実現し、簡単に

実践できるダブルブレイクマネージャーのロジックは

レンジを狙うブレイクアウト手法

 

月間で見るとおそらく30回から40回はトレードのチャンスがあり

レンジ相場でも実践できるようにシグナルでエントリーの

タイミングがわかるようになっています。

 

レンジ対応インジケーター”ダブルブレイクマネージャー”

 

ダブルブレイクマネージャー』の最大の特徴はレンジ相場でも

ローソク足そのものの動きや形をシグナルとして表示するので、

 

相場のリアルな値動きを迅速に捉えてチャンスを逃さず

エントリーを行うことが可能だというところです。

 

ダブルブレイクマネージャーのトレードの違い

 

ダブルブレクマネージャーの特徴

●インジケーターのリスクを徹底的に排除し
●レンジ相場で損小利大をいかに実現するか?
●高齢者でもわかりやすく簡単に実践できるか?

 

という違いを考え作られた

レンジブレイクインジケーターですが

 

チャート上にレンジゾーンが青のボックスで示され

ボックスを上抜け又は下抜けした場所をレンジブレイクの

初動として捉え矢印が点灯するという仕組みです。

 

ダブルブレイクマネージャーのシグナル

 

ダブルブレクマネージャーのインジケーターの設定で

損切りはレンジの下限もしくは直近の安値で行い損切りの幅は小さめで

ブレイク後のトレンドが大きければ損傷理大のトレードとなります。

 

まずはインジケーターのシグナルを信じて、素直にトレードを実践

インジケーターのシグナルに従うだけ」という作業をそのまま行う

ことが損をせず利益に変わる近道だと伝えられています

 

ブレイクアウトの一般的な手法は、ローソク足を参考にレンジ相場で

ラインを引きローソク足がラインを突破すればエントリーを行います。

 

インジケーターで表示されるサインの特徴

 

ダブルブレイクマネージャー」は損小利大を基本とした

順張りロジックとなっており完全無裁量でもトレード可能ですし

 

裁量判断を取り入れてさらなるトレード向上を

目指せる環境も整っています。

 

5分足チャートを用いて、レンジブレイクを狙う ロジックを

採用したトレードツールですがレンジブレイクが発生すると

 

ロジックが判断したら インジケーターがシグナルを出しますので、

その指示に従ってエントリーを行います。

 

ダブルブレイクマネージャーのエントリーシグナル

 

ダブルブレイクマネージャーの特徴

ローソク足そのものの動きや形をシグナルとして表示する

インジケーター勝てる確率の高いタイミングでエントリーを行います

 

インジケーターのロジックに基づく裁量トレードノウハウを

購入者用サイトのライブラリーで利用できるようになっています。

 

MT4にインジケーターをセットすれば、

“青い揉み合いゾーン”と“矢印サイン”が自動で表示されますので、

あとはルール通りにトレードするだけです。

 

レンジブレイクを相場の環境に合わせ判断する方法

※ダブルブレイクマネージャーで設定するインジケーターを使った動画ではありません

 

那住善氏の裁量トレードロジックをそのまま教えても

絶対に年配者は覚えることはできないからと言っていても、

 

投資リスクを徹底的に排除し、損小利大を実現し、

高齢者でも簡単に実践できる手法だと伝えられています。

 

那住善(ナズヨシ)氏はプロのトレーダーというわけでは

ないようですが、

 

独自の裁量トレードロジックを確立してきた

人物であるようです

 

基本的なトレード下降トレンド中の揉み合い下抜けと

上昇トレンド中の揉み合い上抜けを狙うトレードを

ルールに従い行います。

 

ダブルブレイクマネージャーのローソク足

 

レンジブレイクを狙うロジックは損切りポイントも

チャートに表示されるようですが

 

損切り幅は小さめでブレイク後のトレンドが大きな

伸びを狙い利益を獲得する仕組みです。

 

一般的なブレイクアウト手法と比較して優位性や

この商材ならではのレンジ相場での強みが求められます。

 

相場のリアルタイムがわかるインジケーター

レンジブレイクでシグナルが配信される仕組みを説明

※インジケーターを使いレンジブレイクを狙う投資ポイントを説明しています

・販売者:株式会社Vest Ship Partners
・販売者: 城山 よしと
・電話番号:03-4455-4793
・販売価格:39,800
・商品の内容:FXシグナルインジケーターです  

 レンジ対応ブレイクロジックがわかるPDF1ページ

 

ダブルブレクマネージャーでレンジブレイクを狙いますが

推奨している通貨ペアはUSD/JPY(ドル円)トレードチャンスは

1通貨ペアあたり1日1~3回、月間では30回以上

 

ダブルブレイクマネージャーの売りシグナル

 

①チャート上に矢印サインが出現。(サインをメール送信可能)
②チャートを見てエントリー可ならエントリー。(フィルター確認)
③OCO注文でルール通りに利確と損切を置いてほったらかし。

という順序でトレードを行います。

 

・シグナルインジケーター「ダブルブレイクマネージャー」
・スペシャルサポートインジケーターセット
・WEB動画「ダブルブレイクマネージャーインストールガイドおよび使い方」
・WEB動画「スペシャルサポートインジケーターセットの講義動画」
・WEB動画「レンジ相場でのボックス形成の論理と解説動画」
・購入者限定トレードノウハウライブラリ
・週刊相場レポート動画(レンジブレイクのポイントを解説)

 

ダブルブレイクマネージャーのエントリー

 

リアルタイムインジケーターをいうオリジナルの設定でレンジでも

ローソク足そのものの動きをシグナルとして表示してくれるので、

 

相場のリアルな値動きを迅速に捉えてチャンスを逃すことなく

エントリーすることが可能リアルタイムで判断するインジケーター

 

ダブルブレイクマネージャーのトレード

 

ローソク足そのものの動きがシグナルとして表示され、

インジケーターのシグナルに従ってトレードします。

 

ローソク足の値動きなどからレンジブレイクが発生すると

ロジックが判断したらインジケーターがシグナルを出しますので、

その指示に従ってエントリーを行います。

 

ダブルブレクマネージャーはブレイクアウト手法で、

レンジ相場を視覚的にチャート上に表示する機能がつくので、

ブレイクした時のシグナルを目印にポジションを持ちます。

 

レンジブレイクで発生する騙しを回避するには

環境に合わせレンジブレイクの騙しを判断する方法

※レンジ相場の環境の違いをわかりブレイクする仕組みを説明

 

ダブルブレイクマネージャーは

1つの通貨ペアで1日に多い時で3回位のトレードチャンスがあります。

月間で見るとおそらく30回から40回はトレードのチャンスが来る計算

 

ロジック自体はボックス理論に準拠しているため 具体的な内容は

ブラックボックスとなっているものの、ある程度は予測がつく

 

レンジの後にトレンドが発生すれば初心者でも勝てますが

チャートを確認しレンジ後の判断で相場がトレンドフォローできない

ダマシ相場が発生する場合があります。

 

ポイントは、どのようにして「騙し」を回避するか、

騙された時にどのようにして損失を抑えるかと言うことですが

 

確認を行わなければならない仕組みは他の通貨ペアが

大きく動いているかどうかです。

 

環境を判断するためにチャート上の通貨ペアで全体の

傾向を掴み定期的に複数の通貨をモニタリングしておき

 

同じような値動きをする通貨を感覚的に掴んでおくことで

トレンドがどのように変化するかがわかります。

 

ダブルブレイクマネージャーでダマシを判断するには

 

損切りポイントも明確に最小限に設定していますので、

大損することはまずあり得ないと伝えられていますが

 

大きなトレンドが出ているときはかなり利益を出せる

移動平均線を使いトレンドを判断するインジケーターは

 

トレンド発生後にシグナルサインが表示されても既に価格が

動いてしまった後エントリーを行うタイミングが遅いので、

ダマシを回避するためにどのように見極めるかが重要

 

発生するインジケーターのサインは

陽線の下に矢印があるので、陽線が出る前にサインが出ると

勘違いしがちですが、上がったあとにサインが出ると思います。

 

レンジ相場で発生するサインの判断はルールを守って、

負けるときはしっかり負けて、勝つときはしっかり勝つ。

 

ダブルブレークマネージャーのインジケーター

 

ダブルブレイクマネージャーでは

サポート体制などを付属する事で初心者でも理解出来るような

構成になっていると説明されています。

 

チャート分析というのは、チャートパターンを予想するのではなく、

チャートの形を見て、人はどのような行動をするのか?

と考えるのが投資を行うチャート分析の本質

 

チャートパターンを分析し、出現傾向を知ることでFXの

相場分析力」が身にきますが

 

トレンドフォロー系・オシレータ系のいずれのテクニカル指標でも

遅行から、シグナルが出た頃には最適なエントリーポイントより

も相当後に ずれてしまうということにもなりかねません。

 

ダブルブレイクマネージャーの基本ロジック

レンジ相場の見分け方を実践トレードで説明

 

単にレンジを狙うインジケーターではなく、ロジックに基づく

裁量トレードノウハウも購入者用サイトのライブラリに

びっしり網羅されていて

 

適切な裁量判断を取り入れることで運用成績をさらに

引き上げることが可能になります。

 

ダブルブレクマネージャーで学ぶ内容は

まずは勝てるルールを知り、それを愚直に実践する。

 

平均して1通貨ペアあたり1日1~3回、月間では30回以上と

なりますが「資金を増やす」ことがトレードの目的なので、

 

レンジ相場でも無駄なトレードを行わず

適切な相場を判断することが負けないための鉄則です。

 

ダブルブレイクマネーッジャーの利益

 

トレードルールを学ぶことは、確かに基本を知っておくという意味では

確かに必要なのかもしれません。

 

しかし、インジケーターの適正をわかり

レンジ相場で裁量判断を入れることでシグナルのダマシにあっても

ロジック任せでトレードをする方が利益が増えるというものです。

 

ダブルブレイクマネージャーのギャップ

 

ダブルブレイクマネージャーの

インジケーターの特徴として、

 

1回30秒ほど、スマホやパソコンを使って

勝てる確率の高いタイミングでエントリーできます。

と伝えられていますが

 

シグナルが出た頃には最適なエントリーポイントよりも相当後に

ずれてしまうということにもなりかねません。

 

チャートパターンとは、

株式やFXなどのチャートの定型的な型とされているもので、

 

高値圏からの反転下落や保ち合いになっている場面から

脱却するタイミングに特徴的なパターンが現れるので

発生までの待つ時間はかなり根気が要ります。

”ダブルブレイクマネージャー”記事の続きはコチラから閲覧できます)

 

下記の画像をクリックするダブルブレイクマネージャー

レンジトレードの仕組みインジケーターの特徴がわかります。

 

ダブルブレイクマネージャーのインジケーター内容
ダブルブレイクマネージャー公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

 

 

レンジブレイクインジケーター”ダブルブレイクマネージャー”検証


コメントは受け付けておりません

ブログで興味があることを質問

メルマガで攻略ブログ商材配信

有益な投資情報をブログで配信

現在のオンラインユーザー

  • 560405総閲覧数:
  • 2119先週の閲覧数:
  • 2985月別閲覧数:
  • 214343総訪問者数:
  • 2339月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: