ダマシを回避するFXリスクをチャートパターンで解説"ダブルブレイクマネージャー"

ダマシを回避するFXのチャートパターン 相場リスクを解説”ダブルブレイクマネージャー”

   2018年09月18日 FX総合情報, ロジック分析, 投資商材(FX、株式など)

レンジ相場を見極めるインジケーターの仕組み

 

ダブルブレイクマネージャーの特徴

ローソク足そのものの動きや形をシグナルとして表示する

インジケーターですが勝率の高いタイミングでエントリーを行います。

 

5分足チャートを用いて、レンジブレイクを狙う ロジックを

採用したトレードツールですがレンジブレイクが発生すると

 

ロジックが判断したら インジケータがシグナルを出しますので、

その指示に従ってエントリーを行います。

 

ダブルブレイクマネージャーバナー2
ダブルブレイクマネージャー公式サイトはコチラ

 

インジケーターのロジックに基づく裁量トレードノウハウを

購入者用サイトのライブラリーで利用できるようになっています。

 

MT4にインジケーターをセットすれば、

“青い揉み合いゾーン”と“矢印サイン”が自動で表示されますので、

あとはルール通りにトレードするだけです。

 

レンジ相場の仕組みを伝えている動画

 

那住善氏の裁量トレードロジックをそのまま教えても絶対に

年配者は覚えることはできないからと言うことで

リスクを徹底的に排除し損小利大を実現できる簡単に実践できる手法

 

那住善(ナズヨシ)氏はプロのトレーダーという訳ではないようですが、

独自の裁量トレードロジックを確立してきた人物であるようです

 

ダブルブレイクマネージャーのエントリーシグナル

 

基本的なトレードは下降トレンド中の揉み合い下抜けと上昇トレンド中

の揉み合い上抜けを狙うトレードをルールに従い行います。

 

レンジブレイクを狙うロジックは損切りポイントも

チャートに表示されるインジケーターの内容は

 

損切り幅は小さめでブレイク後のトレンドが

大きな伸びを狙い利益を獲得する仕組み

 

ダブルブレイクマネージャーの確率

 

ダマシにあっても ロジック任せでトレードをする方が獲得利益が

増えるという那住善氏の判断でロジックが開発されたようですが

 

一般的なブレイクアウト手法と比較して優位性や

この商材ならではの強みが求められます。

 

トレンド相場を判断しダマシを回避するには

 

 

レンジの後にトレンドが発生すれば初心者でも勝てる

ロジックでよくある間違えてしまう原因は

 

チャートを確認しレンジ後の判断で相場がトレンドフォローできない

ダマシ相場が発生することが原因として上げられます。

 

ポイントは、どのようにして「騙し」を回避するか、

騙された時にどのようにして損失を抑えるかと言うことですが

 

確認を行わなければならないことは他の通貨ペアが

大きく動いているかどうかです。

 

ダブルブレイクマネージャーでダマシを判断するには

 

基本となる判断は「ユーロドル」「ドル円」「ユーロ円」などの

関係を見て通貨ペアを同時に監視することで、

 

片方がブレイクアウトした時にもう一方がすでに動いていれば

ダマシになりにくいということが一般の判断方法になります。

 

定期的に複数の通貨をモニタリングしておき

同じような値動きをする通貨を、感覚的につかんでおくことで

トレンドがどのように変化するかがわかります。

 

ダブルブレイクマネージャーのローソク足

 

損切りポイントも明確に最小限に設定していますので、

大損することはまずあり得ないトレード手法

 

しかし、大きなトレンドが出ているときはかなり利益を出せますが

ローソク足のロジックでエントリーを行う場合タイミングが

遅いのでダマシを回避するためにどのように見極めるかが重要

 

ルールを守って負けるときは負け、勝つときは勝つという結果に

なってしまうのはだましが起こる実態がトレーダー同士の心理戦

という事だからです。

 

チャートパターン分析のエントリーリスク

 

 

セールスレターではサポート体制などを付属する事で初心者でも

理解出来るような構成になっていると説明されています。

 

1つの通貨ペアで1日に多い時で3回位のトレードチャンスがあり

月間で見るとおそらく30回から40回はトレードがある計算です。

 

ロジック自体はボックス理論に準拠しているため具体的な内容は

ブラックボックスとなっているもののある程度は予測がきますが

 

チャート分析というのは、

チャートパターンを予想するのではなくチャートの形を見て、

人はどのような行動をするのか?と考えるのがチャート分析の本質

 

チャートパターンが出現した後

ブレイクアウトを起こしやすいのでそのポイントで

トレードできていれば大きな利益を得やすいのですが

 

短期足でトレードする際は、中長期足のトレンドと

同じ方向でないと確率は下がります。

 

ダブルブレークマネージャーのインジケーター

 

チャートパターンを分析し、出現傾向を知ることでFXの

相場分析力」が身にきますが

 

移動平均線を使いトレンドを判断するインジケーター

トレンド発生後にシグナルサインが表示されても

既に価格が動いてしまった後

 

陽線の下に矢印があるので陽線が出る前に

サインが出ると勘違いしがちですが

おそらく上がった後にサインが出る場合が多いので

 

トレンドフォロー系・オシレータ系いずれの指標でも

遅行から最適なエントリーポイントがずれてしまう

ということに注意を払わなければいけません。

”ダブルブレイクマネージャー”記事の続きはコチラから閲覧できます

 

下記の画像をクリックするダブルブレイクマネージャー

完全サポートの内容プログラムの詳細がわかります。

 


ダブルブレイクマネージャー公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン


ダマシを回避するFXリスクをチャートパターンで解説”ダブルブレイクマネージャー”


コメントは受け付けておりません

興味があることを質問

メールマガジン,サービス配信

有益な投資情報をメール配信

現在のオンラインユーザー

  • 318255総閲覧数:
  • 5159先週の閲覧数:
  • 11336月別閲覧数:
  • 134476総訪問者数:
  • 2676月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: