FXのトレンド転換を絞るオシレーターでRSI指標などを設定"トレテンFX"

FXのトレンド転換を絞るオシレーターでRSI指標などを設定”トレテンWorld FX”

FXトレードで行うトレンド転換の見極めとは

 

正確なトレンド転換を知るということはエントリー時の買いや売り

のポイントを間違えずトレードを行うということが基本です。

 

トレンドの継続と転換の『基準(起点)』になる安値と高値を

トレンド転換した直後に正しい方向を分かり投資できるかということは

FXトレーダーとして利益につながる重要なポイントです。

 

トレテンFXバナー
トレテンワールドFX公式サイトはコチラ

 

トレンド相場:レンジ相場の割合は3:7と言われていて3割の

トレンド相場のタイミングを見極めることが出来なければ

大きな損失につながります。

 

トレンドの転換が始まると、サポートラインが明確にブレイクされ、

価格が戻ってきた時、同じラインが今度は

レジスタンスラインとして機能します。

 

時間足と水平線でチャートパターンを判断する方法

 

レンジ相場かどうかの判断を「どの時間足で見るか」の

問題もあります。

 

5分足や15分足などの短期足で売り買いの目線を切り替えても、

切り替えた目線はまたすぐ変わるので5分足や15分足で

判断してはいけません。

 

トレンド転換を見極めるには日足・4時間足で直前の安値を

更新することで短期足(15分足で)ダウントレンドになったことを

確認することです。

 

 

1時間足ではレンジ相場だけど、4時間足レベルではトレンド相場

のようにチャートの時系列によって「トレンド相場」か「レンジ相場

かが変わってしまうこともあり

 

基準を持ってトレンド転換を判断することでルール自体は自分で

使いやすいものを選びトレードのスタンスを決めることが必要です

 

トレンド転換で出現するチャートパターンの判断

ヘッド&ショルダーが発生するとトレンドの転換、初動でエントリー

できる確率が上がるようです

 

トレードにおいてエントリーのタイミングを取ることよりも、

日足・4時間足で相場の状況を確認することが大切です。

 

トレンド発生時のみ配信されるインジケーター

 

”トレテンワールドFX”は1時間足を使ったトレードでトレンド転換を

狙うために特化した手法。

 

デイトレで1日の平均エントリーチャンスは1回程度。

メール通知機能で外出先やスマホ取引ありというカズヤング氏の商材

 

トレテンFXのトレンド転換とは

 

一方向に伸びていく相場で利益を出すために

トレンドの転換を狙っていく

 

ローソク足の色が水色に変わってシグナルが点灯したら、

その方向に入るチャートのチェックは1時間に1回でOK

 

推奨時間帯は、15~20時と24時~25時

サインが出た際にはメールで通知がくるため、そのメール通知が

来た時に、チャートを見てサインを確認する

 

矢印だらけになることは無く、サインが出る=エントリーとなるため

エントリー時のみのサインがわかりやすということです。

 

トレテンFXのラインと決済

 

インジケーター版とEA版で一部、稼働時間が違い

インジケーター版は15~20時と24時~25時ですが

 

EA版は深夜はスプレッドが大きく開くというリスクがあるため

15~20時までのエントリーを行う仕組みになっています

 

転換点をキャッチするとエントリーのアラートやメールが来るので

このタイミングでエントリーして利益確定と損切りを入れた後は

トレードの結果を待つだけです。

 

チャートが下降している最中に突然出る大陽線や、上昇している最中に

突然出る大陰線がありトレンドの転換合図としてサインを出すツール。

 

オシレーターでトレテンFXのトレンドを判断

 

 

・商品名: トレテンワールドFX
・代表取締役:岩本和也
・所在地: 北海道札幌市豊平区平岸四条13丁目4-30シャトー和田407
・電話番号:090-7515-7358
・販売者名:株式会社金馬新聞
・販売価格:42,974

・通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,EUR/USD

 

自動売買ツールも用意されていて

売られ過ぎ」「買われ過ぎ」をオシレーターで知らせます。

 

トレハンFXのトレンドの違い

 

エントリー、決済ともに、ルールがきちんと決められていて

大矢印と同方向に小さな矢印が点灯して、ローソク足の色が

変わったらエントリーを行います。

 

自動化システムは、取引の時間帯制限を細かく設定することができ

時間帯で制限をかけたり通貨ペア、ロットなどの設定も

調整することができる

 

インジケーター「Williams %R」でトレンドを判断し

下降トレンドの後半で大陽線が出現したらロング、

上昇トレンドの後半で大陰線が出現したらショート

というルールです

 

トレハンFXの利益確定

 

買い”と“売り”がゾーンで表示されトレンド転換の

初動のをとらえ早い段階でトレンドに乗るトレードロジックは

サインが多いのでEA化(フィルターに掛ける)こと

 

エントリーポイント以外で矢印が出ないように設定を行い

矢印が出たら必ずエントリーを行います。

 

トレテンFXはトレンドで発生する大きな陰線と陽線をシグナルで

知らせ狙い撃ちする仕組みですが使用する時間足は1時間足です。

 

リスクリワードは1:1で逆張りで行うロジックの内容

トレンドで買われすぎ、売られすぎを数値で予測し明確なトレンドの

転換点で逆張りトレードを行う時間を絞りエントリーします。

 

1日のエントリー回数とサインの判断方法

 

 

このチャートでのトレードルールや手法ロジックがいかにシンプルで

トレンドの転換を狙うのでレンジ相場での取引は控えるべきですが

 

エントリーサインがトレンド発生時のみメールで送られるので

レンジ相場が続けばエントリーチャンスが全くない

ということもあります。

 

チャートを見るのはエントリーする時だけでトレードの手間が

かからないのですがサインを判断するにはトレンドを判定する

 

3つのインジケーター「RSI」と「Williams %R」と

ボリンジャーバンド」で

 

トレンド判定のフィルター設定を行い

サインが配信された場合のみトレードを行います。

 

環境認識を自分で行う場合

レンジ相場と判断できた場合や想定した位置で

サインが出ないと判断できる場合にはエントリーしないというような

 

裁量スキルで判断を行うのであれば移動平均線と

相場の関係がわかりトレードを自分で行うこともできます。

 

トレテンFXのEA

 

k-pinbarEA』というEAがセットで付いていて

USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD3つの通貨ペアを

自動売買できるようになってます

 

3通貨ペアを同時稼働させることで、ヘッジされるということもあり

エントリーが確定したローソク足一本分を基準に

 

利益確定と損切りを設定するルールが固定されているため

サインに従い手動でトレードした場合でも基本的には自動売買EAで

動いたように同じ結果になってしまうので

 

裁量判断時はサインの設定は自分で違いをわかり

設定を行う必要があります。

”トレテンワードルFX”記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするとトレテンワードルFX

トレンド転換の仕組みEAのバックテストの結果がわかります。

 

トレテンFXの衝撃のエントリー画像
トレテンワールドFX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

コメントは受け付けておりません

興味があることを質問

メールマガジン,サービス配信

有益な投資情報をメール配信

現在のオンラインユーザー

  • 318255総閲覧数:
  • 5159先週の閲覧数:
  • 11336月別閲覧数:
  • 134476総訪問者数:
  • 2676月別訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: