天底チャートMT4のシグナルサインで起こるエントリーリスクを検証

天底チャートMT4のシグナルサインで起こるエントリーリスクを検証

天底をわかり利益を最大化する仕組みとは

 

利益を最大限に追求する相場の「」と「」を捉え

チャートパターンをモニタリングしたときそれが可能ではないか

という発想がこの究極の利益追求システム

 

思い切ったトレードが出来ないトレーダーにこそ

この『天底チャートMT4』をお勧めです。

 

天底チャートMT4バナー2
天底チャート MT4公式サイトはコチラ

 

チャートの便利さ・高機能で世界中で利用されている

無料メタトレーダー(MT4)で使用できるツール

 

PDFファイルで無料マニュアルの内容を公開していて

時間足の判断チャートの動きで損切り利確を設定するツールの

指標をセットで伝えています。

 

天井と底で行う相場の格言を伝えている動画

 

緑もしくは赤のサインを生じさせこの明確なシグナルが

でたらエントリーする

 

3つのインジケーターの指標を時間足で比較し

大きな流れを1時間足、細かい動きを1〜30分足で確認し

チャートのサインで適切な矢印を見つけます。

 

チャートは複数の時間足を見ることで天底の発生を正確に

判断することができチャートをシュミレーションすることで

 

不要なトレードのないエントリーと利確、損切りの

ポイントがわかります。

 

天底チャートMT4の上昇、下落位置

 

最初はマニュアルに載っているルールに従いますが

相場の状況をストキャスなどの指標や波動の形が

わかるようになれば

 

自分で裁量判断を行った場合でも白の矢印とエントリーの

判断が一致するようになります。

 

このトレード手法は、

エントリールールからイグジットルール、ポジションサイズまで

しっかり決めることでプラスになるトレードを行えます

 

重要な点は転換点が見易い状況で、騙しが少ない相場の

エントリータイミングに乗り遅れないことで天底の初動を

捉え大きな利益を狙いギリギリで決済することです。

 

表示される指標の違いをわかりやすく紹介

 

チャートは3つに分かれて、「 移動平均線+矢印サイン

RCI 」 「 ストキャスティクス 」 が表示され

ラインを複数束ねることで天底の判断をつける

 

全てのラインが収斂と拡散を繰り返し青のライン(長期戦)より

他のラインが上か下かで上昇、下降のトレンド判断を行います。

 

RCIは相場の転換点で折り返し線が必ず交差するので帯状の線の

色が上にあるものを見て相場を判断します。

(青なら下降、ピンクは上昇)

 

天底チャートMT4のストキャスの構成

 

ストキャスティクスも複数のラインが2色で分けて表示されるので

複数表示することで相場の天底を判断するものなのですが

 

天底チャートはHストキャスの波動に基づき動くのでサインの判断

時はより重視して判断する指標になります。

 

チャートの形状からパターンを分けて判断するのですが

大きく分けたパターンが3つあり相場の反転を推測します。

 

RCIとストキャスティクスは複数のラインをセットで組み合わせ

2つの指標が一致した相場の天底を時間足に合わせ更に

 

適切にポイントを絞るものですが合わせて確認することで

転換点が視覚的にわかりやすくなります。

 

天底チャートMT4のストキャスとRSI

 

矢印は全てがエントリーではない相場の方向性を示すという意味で

表示されますので裁量でサインの判断を行う必要があります

 

天底チャートMT4 の矢印サインが出た瞬間ではない

足が確定した次の足の始値でないとエントリー出来ないので、

突発的な動きがあるとかなり不利なエントリーになります。

 

白矢印はポジションを保有している場合の利確ポイント

緑と紅の矢印は相場の天底が明確で上昇下落がわかる場合

のエントリーポイントとして利用します。

 

MT4インジケーターのエントリー内容

 

 

転換点において、短期線と長期線が折り返し点で

必ず規則的に交差するインジケーターに表示されたラインの色で

上向きに上がる時は、短期線が長期線を上抜く、という特徴

 

裁量トレードをする際のトレード判断を補助し、トレードの

勝率・利益率を高めることが目的のツールは、

 

どの時間足でも使えますのでデイトレから中長期トレードまで

活用できますし、FX・日経225・仮想通貨だけに限らず

CFD(金・銀・オイル等)の取引でも応用すれば利用できます

 

MT4

 

 

使用するインジケーターは3つあり

移動平均線(ローソク足、長短)
RCI(長短)
ストキャスティクス(長短)ですが

 

設定後矢印が表示される仕組み、タイミングは

解説マニュアルに載っています。

 

3つの指標を組み合わせ視覚的に判断できるポイントを転換点で

押し目と戻りの位置がわかります。

 

1時間足での利用が推奨されていいますが時間により利確、

損切りの幅が違います。

 

緑や赤のエントリーポイントは複数矢印が表示されるので

インジケーターの指標と合わせ適切な矢印を選ぶ必要がありますが

 

RSC、ストキャスの指標が下降上昇を表し微妙なタイミングで

表示される矢印はタイミングのずれではありませんので傾向が

わかるようであればエントリーを行います。

 

天底チャートMT4の矢印

 

天井・底値で白サイン点灯後、ストキャスのピンクと緑の上下位置が

入れ替わり、全てのラインが青ラインを抜きつつある状態から

 

点灯する緑赤のサインでエントリーを行い

白サインや複数ラインが上限に達したあたりで利益確定

 

エントリー・エグジット時には、短い足でのチャートのサインと

ストキャスの動きもセットにするとエントリー・利確の

タイミング判断することが可能。

 

天底チャートのサイン表示で起こるリスク

 

利益を最大限に追求する相場の「」と「」を捉えるシステムは

移動平均線の方向と転換サインや逆張りサインを選択して、

 

エントリーしないようにすると勝率が上がようですが

1時間足での利用が推奨されています

 

エントリーについては「明確な動きが出たら」という条件が

付いておりまして、これが明確にルール化されておらず、

 

裁量判断が必要ということになる

解説書によるとストキャスを利用しているのですが

 

あまり逆張りサインの頻度が無い

トレンドからレンジそして反転の際は、判断が難しいとの欠点

 

天底チャートMT4の不要な売買

 

トレンドが把握できるようになればトレードの収支は改善されますが

トレンドがはっきり出ている通貨ペアに関しては、しばらくは

エントリーチャンスはないということが言えます。

 

逆張りで表示される白色のサインは、

勢いの落ち着いた天底判定された場所に出現、

そこまでポジションを伸ばして決済する

 

利益を出すように工夫されたサインツールとは

決済に関しては矢印が1回しか表示されないので

 

決済のタイミングで迷うことはありませんが

エントリーに関しては複数回表示されてしまいます。

 

ただ見方を変えれば最初のサインを逃したとしても、

2回目以降のサインで再エントリーがあるという訳です。

天底チャートMT4の記事の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックすると天底チャートMT4

トレードに合ったおすすめ方法利用者の体験談がわかります。

 

天底チャートMT4のマニュアルダウンロード天底チャート MT4公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン


天底チャートMT4のシグナルサインで起こるエントリーリスクを検証


コメントは受け付けておりません

興味があることを質問

メールマガジン,サービス配信

有益な投資情報をメール配信

現在のオンラインユーザー

  • 335374総閲覧数:
  • 4320先週の閲覧数:
  • 10018月別閲覧数:
  • 138699総訪問者数:
  • 2621月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: