ゾーントレードで勝てる手法を”ゾーンスキャルFX”を使い検証

   2021年05月11日 FX投資商材, スキャルピング商材, 投資ロジックを分析

ゾーントレードに必要な水平線の目安

 

ゾーントレードはライントレードの

レジサポラインをゾーンに分けトレンドフォローで

エントリーを行うとい実践手法ですが

 

ゾーンスキャルFXは2本の水平線をツールを使い

判断するので自分でゾーンを作れます。

 

ゾーンスキャルFXバナー

ゾーンスキャルFX公式サイトはコチラ

 

水平線はゾーンを作る高値、安値の判断が

実践するトレードの基準になり

 

高値、安値にレジサポラインを引いた後、

相場のトレンドなどに当てはめ

エントリーの推測を行います。

 

水平線の精度がポイントになりますが

一般のレジサポラインの引き方

 

一定の相場で長期の足を見て

値動きの節目となるローソク足やヒゲに

水平線を引き基準を決めトレードします。

 

短期間で複数の水平線(レジサポライン)を

引きすぎると判断が困難になってしまうので

適切な目安となる基準が必要です。

 

ゾーンスキャルの精度とトレードを比較

※ゾーンスキャルで必要になるラインの設定を説明しています

 

ゾーンを間違えないための

水平線の基準をわかるために

 

まず行う内容は、時間足の確認後

ポイントとなる4箇所を判断し線を引きます。

 

目安は大半のトレーダーが意識するポイントなのですが

長時間足で確認するので間違えは少なくなります。

 

ゾーンスキャルFXのライントレードとは

※手法のポイントはラインを引いたチャートにあります

 

大半のトレーダーは長期足で

意識される安値と高値を判断し

 

トレード戦略としてレートが同じ場所で

止められるポイントを意識しています。

 

基本はレジサポライン(水平線)ですが、

チャートの時間足を見ても基準がわからない人は

 

長期足で引いたトレーダーが意識されるラインを

レートが何度も止められるポイントで引くと

正確なゾーンスキャルの基準がわかります。

 

ゾーンスキャルFXのライン

※ライン内の期間がゾーンスキャルの実践ポイントです

 

ゾーンスキャルFXではサインが

チャート上に配信され

 

高値、安値のポイントがわかり

線を引くとゾーンの範囲が指定されます。

 

オリジナルの指定になるので

トレンドフォローで発生する売買ポイントを

 

サインに従いエントリーするとゾーン内で

何度も利益に変わるポジションを取れます。

 

ゾーントレードで勝率が上がる仕組みとは

 

FX-Katsu氏がゾーントレードに必要な

2種類のロジックをMT4に起動させた

スキャル専用サインツール

 

ライントレードのようにレジサポラインを

引き相場の上昇や下降を推測します。

 

チャートに水平線を引きレジサポラインで

囲まれた範囲で利益を上げます。

 

ゾーンスキャルFXの買いゾーン

※トレンドの波をダウ理論で判断し売買を判断します

 

トレンドフォローがメインなので

ゾーンを作った後の

 

トレンド内のゾーンを適切に

判断する推測が重要になりますが

 

売買ポイントを

サインツールを使い判断できます

 

ゾーンスキャルFXで行う実践は

通貨ペアは全て対応、推奨時間足は

5分足から1時間足まで

 

チャートに表示される長期の足と短期の足を合わせて

確認しエントリーの判断を行います。

 

相場の水平線内で確定するトレードと

ブレイクアウトを狙うロジックの2種類があり

 

順張りのライントレードを押し目と戻り目を利用し

ゾーン内の環境により順張りのブレイクアウトを

狙うエントリーを行います。

 

ゾーンスキャルFXの2つのロジック

※環境はロジックとブレイクアウトの繰り返しで判断します

 

どこでも実践できる内容なので

チャンスは多数あり環境認識がセットになっている

 

ゾーンディスカバリーという

ツールを使いライン内で行います

 

2種類のロジックで相場のサインが発生しますが

ツールで表示されるサインはどちらのロジックで

エントリーすればよいか分かるので

 

ゾーンスキャルFXの基準は

システム化された相場のゾーンを

 

サインツールの売買サインと決済で

判断する裁量が基本になります。

 

ゾーンスキャルFXのゾーンディスカバリー

※矢印とバツでエントリーと決済は表示されます

 

スキャルピングで行うのでゾーンの幅は

1時間から1時間30分の間で売買のポイントが発生し

 

ゾーンスキャルとブレイクアウトロジックが

交互に発生する場合もあり

 

相場の状況によりますがエントリーポイントの

判断を間違えずに行えば利益に変わる仕組みです。

 

ゾーンスキャルの実践ポイントを説明

スキャルロジックと環境認識をツールを使い説明

※ゾーンスキャルのポイントをFX-Katsu氏が解説しています

・商材タイトル :「ゾーンスキャルFX」
・開発業者 :   一般社団法人  日本投資家育成機構
・販売者 : FX-Katsu(専業トレーダー)
・所在地    : 東京都墨田区錦糸町1丁目2番1号 アルカセントラル12F
・価格     : 99,800

 

ゾーンスキャルFXは高値、安値のレジサポラインを自動で

引くので環境の判断が簡単に行えます

 

手法を使いラインを確認した後に

売買ポイントがわかるサインツールを

セットし2つのロジックを

 

適切に判断しエントリーから決済まで

のポイントを表示します。

 

※大きなトレンドで複数のポジションを取ります

 

サインツールはゾーン内とブレイクを狙うことができ

ゾーンスキャルで迷うことのないように

 

手法を、ナンピン、両建てなどに分け

ライントレードの基本を詳しく伝えています。

 

インジケーターは売買ポイントをサインが

表示するのでエントリーと決済の

 

判断をサインのみで行えるのですが

手法は10本の動画で解説しています。

 

ゾーンスキャルの内容は水平線を

利用したライントレード手法、

 

相場の推測方法とトレンドフォローや

レンジブレイクなど

 

相場にあったチャートの判断を実践動画と

セットでスキャルポイントを説明しています。

 

水平線で分けたゾーンをロジックで判断するには

※FX-Katsu氏が伝えるゾーンスキャルでは高値と安値を自動で見極めます。

 

ゾーンスキャルFXでは

補助ツールを使うとチャート上に

レジサポラインを引けるサインが表示されます。

 

トレードの失敗などを移動平均線を

使い説明していますが

 

補助ツールの他にサインツールも付いており

動画の解説を見るとエントリーと決済の判断は

サインツールでわかりますが

 

相場の判断で間違えてしまう場面で

補助ツールを使い

 

ブレイクポイントを判断できるように

トレード手法を身に付けます。

 

スキャルピングの環境認識が

線を自動で引くのである程度わかりますが

 

ゾーンスキャルのロジックに合った

相場が現れるまで待つ判断が必要です。

 

レジサポラインの設定で決まるゾーンの勝率

 

一般の水平線は安値と高値にレジサポライン(水平線)を

引きますがゾーンスキャルの基本は

 

引いたレジサポライン(水平線)が信頼性の

高い基準になるもので高値、安値の抵抗帯に線を引く

という内容ですが

 

エントリーポイントを自分で判断しゾーンスキャルの

勝率を上げる裁量トレードが基本です。

 

ゾーンスキャルFXのゾーン

 

ラインを複数引きゾーンとして

え引いたラインの基準で

 

ブレイクや、トレンドフォローの

継続、転換などを判断します。

 

ゾーンスキャルのロジックは

FX-Katsu氏が相場の環境に合わせ両建てや

 

ナンピン、レンジブレイクなどの

手法を動画で伝えていますが

 

レジサポラインの設定はラインの間で

大きなゾーンができるので

 

その範囲で売りと買いの強さを確認し

どのポイントで注文が多く出たのか推測し

エントリーします。

 

ゾーンスキャルで必要なライン(水平線)の引き方

※ゾーンスキャルで必要なラインを自動で引く方法(手法)を説明しています

 

ゾーンスキャルの水平線はトレンドフォローを狙うので

高値と高値にレジサポラインを引きゾーン内で

 

売買の判断を行うと必ず勝てるというゾーントレードの

ロジックです(必ずトレードフォローになる仕組み)

 

上昇と下降のトレンド判断は転換後リセットし

新しい売買ゾーンを作れば毎回トレードを行える

 

ゾーンスキャルFXの連続エントリー

※サインは矢印でエントリー、チェック印で決済です

 

ゾーンスキャルFXのロジック手法には

レンジ相場で行うゾーントレードもあり

 

相場の波に合わせ買いと売りのエントリーを

複数行いスキャルピングで利益を取るという物

 

裁量判断が必要になりますが

トレンドの判断ができるようになれば

 

ブレイクアウト後の決済を自分で推測できるので

ゾーンスキャルで大きな利益を獲得できます。

 

1ヶ月の環境を分かり効率を上げるには

ゾーンスキャルの実践で必要なゾーンの作り方

※ゾーンスキャルの利益追求をライン内で説明しています

 

ゾーンスキャルFXで行うトレードの基本は

トレンドに合わせたトレンドフォローを

ダウ理論に当てはめ相場の推測を行います。

 

レンジブレイクも狙いますが

レンジ相場が長く続くとポイントが

減りトレードを行えない場合もあります。

 

時間帯により相場の波が決まっている

相場もあるのですがポイントで手法を使い

効率よくトレードを行うには

 

ゾーン内でライントレードを発展させたと

伝えられている勝率の高いポイントを絞り

一致した環境認識です。

 

ゾーンスキャルFXの両建て

※ゾーンの範囲で両建て行っても環境により大きな利益に変わります

 

ゾーン内のトレードでは

相場のトレンドが発生している上昇、下降に合わせ

売りと買いのエントリーを行い相場がどのように変わっても

 

両建てでエントリーすると数回のポジションを取った場面で

更にpipsを足し利益を増やす投資ができます。

 

1ヶ月の中でブレイクを狙うポイント

ツールを使い水平線を引いた後ゾーン内で更に強く支持

されているゾーンを作り勝率を上げ

 

更にその中でロット数を上げて

トレードできる強いゾーンでポイントを絞り

ブレイクアウトを見極めます。

 

ゾーンスキャルFXのブレイクアウトポイント

 

トレンドが伸びるポイントがブレイクロジックが

基本のゾーンスキャル手法なのですが

 

ダウ理論に基づいて作るゾーンを適切に判断した後

ラインを抜けるエントリーがブレイクの基本になります

 

ゾーンスキャルFXは相場状況に合わせ伝えられている

どの手法が相場にあった戦略かを自分で判断し

裁量でスキャルピングを行います。

 

ライントレードでトレンドフォローのエントリーを

行えれば手法の戦略が分かりますが

 

ゾーントレードの知識を使い

実践するには繰り返しゾーン内の違いを

検証し判断する必要があります。

 

下記の画像をクリックするとゾーンスキャルFX

水平線(ライン)の仕組みスキャルロジックがわかります

 

ゾーンスキャルFXメールマガジン登録ページ

ゾーンスキャルFX公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ゾーントレードで勝てる手法を”ゾーンスキャルFX”を使い検証


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 693963総閲覧数:
  • 1296先週の閲覧数:
  • 2885月別閲覧数:
  • 305515総訪問者数:
  • 1770月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: