ゾーントレードで勝てる手法を”ゾーンスキャルFX”を使い検証

   2020年09月13日 FX投資商材, スキャルピング商材, 投資ロジックを分析

ゾーントレードに必要な水平線の精度と目安

 

ゾーントレードはライントレードのレジサポラインをゾーンに分け

トレンドフォローでエントリーを行うとい実践手法ですが

 

ゾーンスキャルFXは2本の水平線をツールを使い

判断するので自分でゾーンを作れます。

 

ゾーンスキャルFXバナー

ゾーンスキャルFX公式サイトはコチラ

 

ゾーントレードで引く水平線はゾーンを作る高値、安値の

判断がゾーンスキャルで実践するエントリーの基準になり

 

高値、安値にレジサポラインを引いた後、相場のトレンドなどに

当てはめエントリーの推測を行います。

 

ゾーンを決める水平線の精度がポイントになりますが

一般のレジサポラインの引き方

 

一定の相場で長期の足を見て値動きの節目となるローソク足や

ヒゲに水平線を引き基準を決めトレードを行います。

 

短期間で複数の水平線(レジサポライン)を引きすぎると

判断が困難になってしまうので適切な目安となる基準が必要です。

 

ゾーンスキャルFXのゾーンの精度とトレードを比較

※ゾーンスキャルで必要になるラインの設定を説明しています

 

ゾーンを間違えないための水平線の基準をわかるために

まず行うことは、時間足の確認後ポイントとなる4箇所を

判断しラインを引きます。

 

目安は大半のトレーダーが意識するポイントなのですが

長時間足で確認するので間違えは少なくなります。

 

ゾーンスキャルFXのライントレードとは

※ゾーンスキャル手法のポイントはラインを引いたチャートにあります

 

大半のトレーダーは長期足で意識される安値と高値を判断し

トレード戦略としてレートが同じところで止められるポイント

を意識しています。

 

ゾーントレードの基本はレジサポライン(水平線)ですが、

チャートの時間足を見ても基準がわからない人は

 

長期足で引いたトレーダーが意識されるラインを

レートが何度も止められるポイントで引くと

正確なゾーンスキャルの基準がわかります。

 

ゾーンスキャルFXのライン

※ライン内の期間がゾーンスキャルの実践ポイントです

 

ゾーンスキャルFXではサインがチャート上に配信され

高値、安値のポイントがわかりラインを引くことで

ゾーンの範囲が指定されます。

 

オリジナルの指定になるのでトレンドフォローで発生する

売買ポイントをゾーン内のサインに従いエントリーすると

ゾーン内で何度も利益に変わるポジションを取れます。

 

ゾーントレードで勝率が上がる仕組みとは

 

FX-Katsu氏がゾーントレードに必要な2種類のロジックを

MT4に起動させたスキャル専用サインツール

 

ゾーンを作るためにライントレードのようにレジサポラインを

引き相場の上昇や下降を推測します。

 

ゾーンスキャルFXはチャートにオリジナルの水平線を引き

レジサポラインで囲まれた範囲で利益を上げます。

 

ゾーンスキャルFXの買いゾーン

※トレンドの波をダウ理論で判断しゾーンスキャルの売買を判断します

 

トレンドフォローがメインなのでゾーンを作った後の

トレンド内のゾーンを適切に判断する推測が重要になりますが

売買ポイントをサインツールを使い判断できます

 

ゾーンスキャルFXで行うトレードは

通貨ペアは全て対応、推奨時間足は5分足から1時間足まで

 

チャートに表示される長期の足と短期の足を合わせて

確認しエントリーの判断を行います。

 

ゾーンスキャルFXでは

相場の水平線内で確定するトレードとブレイクアウトを狙う

ロジックの2種類があり

 

順張りのライントレードを押し目と戻り目を利用し

ゾーン内のトレードを行い相場の環境により順張りの

ブレイクアウトを狙うエントリーを行います。

 

ゾーンスキャルFXの2つのロジック

※ゾーンスキャルの環境はロジックとブレイクアウトの繰り返しで判断します

 

ゾーンの中で行うトレードはどこでも行えるということなので

トレードチャンスは多数あり相場の環境認識をセットになっている

 

ゾーンディスカバリーというゾーンを設定するツールを

使いライン内でトレードを行います

 

2種類のロジックで相場のサインが発生しますが

ツールで表示されるサインはどちらのロジックで

エントリーすればよいかという特徴がわかります

 

ゾーンスキャルFXのゾーントレードの基準は

システム化された相場のゾーンを

 

サインツールの売買サインと決済で判断するという

裁量トレードが基本になります。

 

ゾーンスキャルFXのゾーンディスカバリー

※矢印とバツでゾーンスキャルFXのエントリーと決済は表示されます

 

スキャルピングをゾーントレードで行うのでゾーンの幅は

1時間から1時間30分の間で売買のポイントが発生し

 

ゾーンロジックとブレイクアウトロジックが交互に発生する

場合もあり相場の状況にもよりますがエントリーポイントの

判断を間違えずに行えば利益に変わる仕組みです。

 

ゾーンスキャルFXで学ぶ実践ポイントを説明

ゾーンスキャルFXのロジックと環境認識を説明

※ゾーンスキャルFXのポイントをFX-Katsu氏が解説しています

・商材タイトル :「ゾーンスキャルFX」
・開発業者 :   一般社団法人  日本投資家育成機構
・販売者 : FX-Katsu(専業トレーダー)
・所在地    : 東京都墨田区錦糸町1丁目2番1号 アルカセントラル12F
・価格     : 99,800

 

ゾーンスキャルFXは高値、安値のレジサポラインを自動で

引くのでゾーンを作り相場を判断が簡単に行えます

 

手法を使いゾーンを確認した後に

売買ポイントがわかるサインツールをセットし2つのロジックを

適切に判断しエントリーから決済までのポイントを表示します。

 

※ゾーンスキャルFXでは大きなトレンドで複数のポジションを取ります

 

サインツールはゾーン内とブレイクを狙うことができ

ゾーンスキャルで迷うことのないように

 

ゾーン内の手法を、ナンピン、両建てなどに分け

ライントレードの基本を詳しく伝えています。

 

ゾーンスキャルFXのインジケーターは

売買ポイントをサインが表示するのでエントリーと決済の

 

判断をサインのみで行えるのですが

トレード手法は10本の動画で解説しています。

 

ゾーンスキャルの内容は水平線を利用したライントレード手法、

相場の推測方法とトレンドフォローやレンジブレイクなど

 

相場にあったチャートの判断を実践動画と

セットでスキャルポイントを説明しています。

 

水平線で分けたゾーンを2つのロジックで判断するには

※FX-Katsu氏が伝えるゾーンスキャルでは高値と安値を自動で見極めます。

 

ゾーンスキャルFXでは

補助ツールを使うとチャート上にレジサポラインを引くことが

できるサインが表示されます。

 

トレードの失敗などを移動平均線を使い説明していますが

補助ツールの他にサインツールも付いており動画の解説を見ると

 

ゾーンスキャルFXのエントリーと決済の判断は

サインツールでわかりますが

 

相場の判断で間違えてしまうような場面で

補助ツールを使いブレイクポイントを判断できるように

トレード手法を身につけます。

 

スキャルピングの環境認識がラインを自動で引くので

ある程度わかりますがゾーンスキャルのロジックに合った相場が

現れるまで相場を待つという判断が必要です。

 

レジサポラインの設定で決まるゾーンの勝率

 

一般の水平線は安値と高値にレジサポライン(水平線)を

引きますがゾーントレードの基本は

 

引いたレジサポライン(水平線)が信頼性の高い基準になるもの

で高値、安値の抵抗帯にラインを引くという内容ですが

 

ゾーントレードはエントリーポイントを自分で判断し

ゾーンスキャルの勝率を上げる裁量トレードが基本です。

 

ゾーンスキャルFXのゾーン

 

ラインを複数引きゾーンとして捉え引いたラインの基準で

ブレイクや、トレンドフォローの継続、転換などを判断します。

 

ゾーンスキャルFXではFX-Katsu氏が相場のの環境に合わせ両建てや

ナンピン、レンジブレイクなどの手法を動画で伝えていますが

 

レジサポラインの設定はラインの間で大きなゾーンができるので

その範囲で売りと買いの強さを確認しどのポイントで注文が

多く出されたのかを推測しエントリーします。

 

ゾーンスキャルFXで必要なライン(水平線)の引き方

※ゾーンスキャルで必要なラインを自動で引く方法(手法)を説明しています

 

ゾーンスキャルの水平線はトレンドフォローを狙うので

高値と高値にレジサポラインを引きゾーン内で

 

売買の判断を行うと必ず勝てるというゾーントレードの

ロジックです(必ずトレードフォローになるという仕組み)

 

上昇と下降のトレンド判断は転換後ゾーンをリセットし

新しい売買ゾーンを作れば毎回トレードを行える

 

ゾーンスキャルFXの連続エントリー

※ゾーンスキャルFXのサインは矢印でエントリー、チェック印で決済です

 

ゾーンスキャルFXのロジック手法には

レンジ相場で行うゾーントレードもあり

 

相場の波に合わせ買いと売りのエントリーを複数行い

スキャルピングで利益を取るという物

 

裁量判断が必要になりますがトレンドの判断ができるように

なればブレイクアウト後の決済を自分で推測でき

ゾーンスキャルで大きな利益を獲得できるようになります。

 

1ヶ月の環境を分かり効率を上げるには

ゾーンスキャルFXの実践で必要なゾーンの作り方を説明

※ゾーンを活かしたゾーンスキャルの利益追求を説明しています

 

ゾーンスキャルFXで行うトレードの基本はトレンドに合わせた

トレンドフォローをダウ理論に当てはめ相場の推測を行うこと。

 

レンジブレイクも狙いますがレンジ相場が長く続くとポイントが

減りトレードを行えない場合もあります。

 

トレードを行うと時間帯により相場の波が決まっている

相場もあるのですがゾーンスキャルのポイントで手法を使い

効率よくトレードを行うには

 

ゾーンスキャルのゾーン内で

ライントレードを発展させたと伝えられている勝率の高い

ポイントを絞り一致した環境を判断することです。

 

ゾーンスキャルFXの両建て

※ゾーンスキャルの範囲で両建て行っても環境により大きな利益に変わります

 

ゾーン内のトレードでは

相場のトレンドが発生しているゾーン内で上昇、下降に合わせ

売りと買いのエントリーを行い相場がどのように変わっても

 

両建てでエントリーするとゾーン内で数回に分けポジションを

取ったトレードで更にpipsを足し利益を増やす投資ができます。

 

1ヶ月の中でブレイクを狙うゾーンスキャルのポイント

ツールを使い水平線を引いた後ゾーン内で更に強く支持

されているゾーンを作り勝率を上げ

 

更にその中でロット数を上げてトレードできる強いゾーンで

ポイントを絞りブレイクアウトのゾーンを見極めます。

 

ゾーンスキャルFXのブレイクアウトポイント

 

トレンドが伸びるポイントがブレイクロジックが

基本の手法なのですが

 

ダウ理論に基づいて作るゾーンを適切に判断した後

ゾーンを抜けるエントリーがブレイクの基本になります

 

ゾーンスキャルFXは相場状況に合わせ伝えられている

どの手法が相場にあったトレード戦略かを自分で判断し

裁量でスキャルピングを行うゾーントレードです。

 

ライントレードでトレンドフォローのエントリーを

行えれば手法の戦略が分かりますが

 

ゾーントレードの知識を使い戦略を選び

トレードするには、繰り返しゾーン内の違いを

検証し判断する必要があります。

 

下記の画像をクリックするとゾーンスキャルFX

水平線(ライン)の仕組みゾーンスキャルロジックがわかります

 

ゾーンスキャルFXメールマガジン登録ページ

ゾーンスキャルFX公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ゾーントレードで勝てる手法を”ゾーンスキャルFX”を使い検証


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 656570総閲覧数:
  • 2482先週の閲覧数:
  • 1221月別閲覧数:
  • 281975総訪問者数:
  • 672月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: