FXで勝てる東京時間の値動きを”東京オンリーFX”の手法で分析

   2019年09月17日 FX投資商材, チャート分析

FXで勝つための東京時間で行うトレードとは

 

東京時間のみトレードを行いレンジよりの相場で

何度も利益を獲得できる東京オンリーFXは

 

トレードの不安を除きゆとりを持って勝つための相場を

分析し実践することができます。

 

東京オンリーFXバナー

東京オンリーFX公式サイトはコチラ

 

ドル円、ユーロ円、ポンド円が取引の推奨通貨ですが

インジケーターをセットした後はトレンドの確認を

 

チャート上のサインで判断しスキャルピング、デイトレード

スイングトレードを使い分け相場にあったトレードを行います

 

東京時間に取引を絞ることで環境にあった

勝つための値動きの判断を求められますが

 

東京オンリーFXと一般のトレードを比較し

勝つために必要な東京時間を検証したいと思います。

 

東京オンリーFXで行う相場の取引時間

 

一般のFXトレードの東京時間とは

9時〜15時までですが相場は安定していてトレンドが

大きく発生しない傾向です

 

14時以降の取引で

東京市場の取引で円相場が大きく動くことがありますが

 

その後15時や21時のロンドン、ニューヨークという他の

取引がさらに始まることで値動きが活発になります

 

東京時間の特徴として値動きが少ないので大きな損失が少なく

安定したトレードを行うというメリットがあるのですが

 

東京時間が終わると次のロンドン時間では

大きな値動きがありトレンドも大きく形成されます。

 

勝つためにトレンドを判断し大きく利益を取るような手法

投資する相場の推測を間違えると大きな損失になってしまい、

 

相場の環境がロジックにあった値動きに変わる兆しが

あるまで待つというものなのでストレスもたまります。

 

東京時間と他の取引時間の違いを説明している動画

※東京オンリーFXを使った説明ではありません

 

この問題を解決するには

トレードを始める時に時間を決め行えばストレスもたまらず

ゆとりを持ち相場を見ることができます。

 

東京時間はトレードする人が少ないので値動きが少なく

ゆとりを持ち実践を行えますが

 

トレンドの発生が緩やかなのでポイントを絞ることが

できないとエントリーの推測が外れてしまいます。

 

勝つためにこの時間を使いトレードを行うには

相場のトレンドが緩やかな時間帯なので

 

緩やかな相場で繰り返し起こる複数のエントリーポイントを

判断し利益を積み重ねることが必要です。

 

東京オンリーFXのルール

 

東京オンリーFXは、

東京時間でしか起こらない緩やかなトレンドの値動きを利用し

RSIを使い相場を判断するのですが

短期間でエントリーと決済の判断をサインで表示します

 

このボラティリティの少ないレンジよりの相場では

トレンドが発生していて起こる逆行する不安を除きトレード行える

ので安定した利益を積み重ね獲得することができます。

 

東京時間のみ行う東京オンリーFXを説明

 

スマートフォンだけでトレードができる6年間負けなしの

手法を使い勝つトレードを学ぶ東京オンリーFXは、

 

東京時間のみ(さらに厳選した勝つ時間帯)に特化し、

ボラティリティが低く、レンジになりやすい相場を狙って

 

安全な資産運用を行うためにカズヤング氏が開発した、

FXインジケーターです。

 

実践は東京時間の昼のみでMT4シグナルツールのサインだけ

で運用する無裁量のシステムトレードを行います

 

東京オンリーFXのRSI

 

 

東京オンリーFXで行う投資手法の内容は

東京時間の値動きの緩やかなレンジ相場で1分足の戻りを狙い

逆張りで数回エントリーします。

 

RSIという指標を使いトレンドの反転を予測しますが

レンジ内の逆張りなので利幅は極めて小さいものなので

 

頻繁に勝つ必要があり損切りが大きいという

デメリットもあります。

 

東京時間のみの逆張りスキャルピングを短時間の間で

システムトレードのルールで相場を判断しますが

 

取引時間は東京時間の値動きの少ない11時〜14時の時間帯で

時間足は1分足、通貨ペアはドル円、ユーロ円、

ポンド円を推奨しています。

 

東京オンリーFXの手法の基本は、

推奨通貨ペアであるドル円、ユーロ円、ポンド円なら

右肩上がりの結果になるようですが

 

移動平均線、水平線、トレンドラインや1時間足、雲なども

一切見る必要はありません。

 

東京オンリーFXのトレードポイント

 

東京オンリーFXの特徴

1分足のスキャルピングではトレードの機会が大幅に少ない

東京時間のレンジ相場を狙う特殊なロジックとなっています。

 

トレード時間が3時間なので1日のエントリー回数は

3通貨ペア合計で3回程度になります。

 

トレード回数は少ないのですがその分ゆとりを持て値動きを確認し

空いている時間でサインが出るタイミングとサインがしばらく

出ないということがわかるようになっています

 

東京オンリーFXのロジック

 

東京オンリーFXはチャートを分析するために

ロジックを完全公開しているので、

 

勝つことを前提にセットされている

インジケーターも一緒に表示すれば、東京時間の相場内で

チャンスが近いかどうかも分かってしまいます。

 

エントリーしたら利益確定・損切りのいずれかを判断し

勝つためにわかりやすいシステムトレードを行うので

 

大きな値動きを気にせず緩やかなレンジで起こる波を利用し

安定した勝率で小さな利益を積み上げるロジック手法です。

 

東京オンリーFXで行う相場の特徴とルール

東京オンリーFXのエントリーポイントを動画で説明

 

•  商品紹介:東京オンリーFX【6年3か月連続負け無し】
•  販売価格:28,000
•  販売者名:株式会社金馬新聞
•  販売法人・個人名称:株式会社金馬新聞  カズヤング

東京時間を狙う手法とインジケーターです。 PDF6つ インジケーター3つ

勝つ相場を実践トレードをYouTubeで配信

 

■検証時間帯
エントリーは日本時間の11時~14時まで
■検証通貨ペア
ドル円、ユーロ円、ポンド円
■検証ルール
東京オンリーFXでは商材に記載されているルールに従います。
結果はスプレッド分を差し引いて記載しています。

 

東京オンリーFXでは

東京時間という決まった相場でエントリーを判断するために

MT4に組み込むオリジナルインジケーターが3つ付属しています。

 

インジケーターの設定や東京時間で行うトレードで

わからないことを質問できるように

 

東京オンリーFXでは1ヶ月に1回のみではありますが

カズヤング氏による電話サポートが用意されています。

 

東京オンリーFXのエントリー

 

実践を始めるには

チャートに表示される大きな矢印の向きを確認して

 

大きな矢印と同じ小さな矢印を見つけてエントリーしますが

実践を行うためのルールは以下の通りです。

 

直近の大きな矢印を確認後大きな矢印と同じ方向の

小さな矢印が出たところでエントリー、

 

エントリー時に逆指値を入れ反対方向の

小さな矢印が出たところで決済を行います。

 

勝つために狙う相場は11時~14時の東京時間でも

レンジよりの値動きの少ない相場ですので

 

分析する指標もほぼありませんので、スプレッド拡大の

心配をすることはありません。

 

東京オンリーFXのレンジ相場

 

東京時間は基本的にボラティリティの小さい時間帯なので

スキャルピングやデイトレードで値動きが大きくなる時間帯として

あげられるのが、夕方から夜間にかけての時間帯です。

 

投資する頻度が少なすぎると確率の収束に時間がかかり、

時折訪れる値動きの偏りが長い 『 ハマりの時期 』 を作ってしまう

というデメリットでもありますが

 

東京時間に絞ることで

重要な指標発表などとは重ならないので急変のリスクが

少ないというメリットもあります。

 

値動きの少ない東京時間を選ぶことでリスクを軽減することが

できるとは思いますがその分、利益も大きく取ることが難しい

 

東京時間の中でも特に値動きの少ない11時~14時の間のみで

勝つトレードを行う少し珍しいツールです。

 

東京オンリーFXのRSI

 

この東京の昼時間のみで勝つトレード手法が

この投資商材の最重要ポイントになっていて

 

東京時間、開始直後の動きを狙ったりするのではなくて、

一番動かなくて退屈な11時から14時をターゲットにする

 

トレード時間が3時間なため、1日のエントリー回数は

3通貨ペア合計で3回程度になります

 

トレード時間が11時から14時までと短いですが、

対象通貨ペアがドル円、ユーロ円、ポンド円と3つあるので、

1日に大体3回~5回程度のトレードチャンス

 

短期スイングトレードなど、長くてもエントリーした当日中に

トレードが完了する場合は少しでも値動きが大きい時間帯を

狙っていきます。

 

東京オンリーFXの東京時間の狙い目

 

値動きが少ない時間帯(11時から14時)が狙い目だと

レンジ相場になる傾向が強く相場の展開が読みやすいので

チャート上で相場を絞ることができ

 

推奨通貨ペアの中でも

東京オンリーFXに向いている通貨ペアは一番がドル円、

その次がユーロ円で狙うと勝率の高い実践を行えるようです

 

RSIの指標は相場の売られ買われ過ぎを判断し相場の反転を

数値で表示させたもので勝つ時間帯の環境をわかり

 

レンジ相場での小さな波の反動でエントリーを複数行うための

ポイントを値動きで判断するという手法です。

 

損切りは30pipsと決められているのでエントリーを間違えず

判断することで複数の勝ちを狙うシステムトレードなので

 

手法に合ったトレードができるかという判断は簡単ですが

相場のポイントが発生するまで待つという仕組みです。

 

東京時間の値動きで勝てる相場を分析するには

カズヤング氏が東京オンリーFXのルールを説明

 

東京時間で勝てる相場を分析するには

11時〜14時までの値動きの落ち着いたレンジ相場で安定した

 

利益を上げるためにボラティリティの低い相場の

仕組みを活かしトレードを行います。

 

この時間帯でRSIを機能させ買いと売りの値動きの判断を

勝つと思える根拠を持って行うことで

(ルールやロジックにあった適切な相場を自分で判断する)

利益を積み重ねるような実践を繰り返すことができます。

 

日本市場が開いている時間だけを取り上げレンジになりやすい

ボラティリティーが低い相場で勝負しようと言うロジックは

レンジ相場で行う1分足の逆張り手法を使い

 

東京オンリーFXのインジケーターで表示される同じ方向の

大きな矢印と小さな矢印の2つが表示されるとエントリーを行い

逆の小さな矢印が出た場所で決済を行うというルールに従います。

 

東京オンリーFXのエントリーの順序

 

サインや矢印が出る仕組みは全てマニュアルで伝え

チャート分析を行うために適切に勝つ値動きがどういう物か

という内容を東京オンリーFXでは公開していてますが

 

ロジックの内容は簡単なチャート上の矢印サインに従い

エントリー~決済判断を行っていきます。

 

サインは、RSIインジケーターがサインを出し

RSIが◯以上(◯以下)というルールでサインが出たら

エントリー逆の矢印で決済を機械的に行います。

 

チャートを見ながら〇〇を超えたらロングそして〇〇なら

ショートと言うような感じでエントリーのタイミングが

わかるようになっています。

 

東京オンリーFXの実践トレードの結果報告動画

 

エントリーのタイミングを図る時はRSIしか使いません

1分足をメインに使用して数秒から数分の間に

 

5Pips~10Pipsのわずかな利幅を狙い、1日に数十回の取引を

行いエントリーポイントを判断します

 

インジケーターを設定するとチャートに矢印が表示されシグナル

の点灯する根拠を説明書で伝えているので値動きの根拠がわかり

 

この根拠を東京時間の相場に当てはめ

レンジよりの相場で小さな矢印を確認しエントリーを行います。

 

東京オンリーFXの2つのサイン

 

東京オンリーFXを使い勝つ相場を分析するには

トレンドの波と上昇、下降のサインを間違えずにトレンドに沿って

2つのサインを確認後エントリーを行います。

 

2つ目のサイン発生まで時間がかかることがありますが

ゆとりを持ち相場を待つことが大切です。

 

勝つために東京時間を狙う東京オンリーFXの手法は

値動きの少ないボラティリティの低い相場を狙い

 

時間にゆとりを持ちポイントを探すことができるので

相場の違いをわかりエントリーすることが求められます。

 

トレードを行ってはいけない相場の違いとは

 

東京オンリーFXのインジケーター

 

東京オンリーFXは東京時間のレンジよりの相場を狙い

エントリーから決済までをチャートに表示される矢印に

従いシステムトレードを行いますが

 

3回に2回以上の勝ちを目指し勝率と利益を

積み重ねる投資商材です。

 

東京オンリーFXはシステムトレードになるので

エントリー時の相場の判断を間違えると損失に気づかず

トレードを終えてしまう場合があります。

 

そのため、勝つために相場を絞り

勝率が高く利益を積み重ねるという仕組みは

問題がないと思うのですが

 

1回のトレードで獲得できる利益と損切りの幅を

考える必要があります。

 

東京オンリーFXのレンジ矢印

 

資産を運用するために値動きの少ないレンジ相場で

小さな利益を積み重ねることができたとしても

 

損切り幅以上の利益をpipsとして獲得できない場合

1ヶ月で勝ちが多くても資産運用としてはプラスにならない

トレードを行っているということになります。

 

値動きの少ない東京時間で大きなトレンドが発生し売買の方向を

間違えていなければ良いのですがサインの判断を間違え

 

エントリーしてしまうと決済は夜になるので大きな損失を

出してしまう場合もあるかもしれないからです。

 

どうしてかという理由は

相場は全体として動意に乏しく、特に東京オンリーの時間帯

である11時~14時の間は目立って大きな動きはありません

 

東京オンリーFXのバックテスト

 

しかし、

インジケーターのバックテストの結果が公開されているのですが

データにモデル、期間、通貨ペアなどが表示されておらず

 

実践での結果がわからないため情報が正しいかどうか判断できないと

損切りをしないトレードで大きな損失が出る結果になります。

 

システムトレードで行うエントリー

勝つと思える相場でレバレッジをかけ過ぎてファンダメンタルズ要因に

気づかず思わぬ大損を被る可能性もあり

 

1回のトレードで取れる利幅が少なければ勝率が

66%でも赤字になってしまう可能性も十分考えられます

 

下記の画像をクリックすると東京オンリーFX

東京時間で行う手法のメリットサポート体制がわかります。

東京オンリーFXの内容がわかる画像

東京オンリーFX公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

お問い合わせボタン

サイトの詳細,無料レポートボタン

 

FXで勝てる東京時間の値動きを”東京オンリーFX”の手法で分析


コメントは受け付けておりません

ブログで興味があることを質問

メルマガで攻略ブログ商材配信

有益な投資情報をブログで配信

現在のオンラインユーザー

  • 554555総閲覧数:
  • 2238先週の閲覧数:
  • 5618月別閲覧数:
  • 210016総訪問者数:
  • 3905月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: