MT4スキャルピングインジケーター”激スキャFX”で時間帯を検証

   2020年08月07日 スキャルピング商材, 投資検証,利益に変わる分析

MT4スキャルピングインジケーター特徴

 

チャート上にサインを表示させた時間帯の設定を変えることで

シグナルの頻度やトレード方針を変えることができる

 

MT4スキャルピングインジケーター激スキャFXは

裁量と自動売買を合わせサインを選びトレードを行います。

 

激スキャFXのバナー

 MT4スキャルピングインジケーター「激スキャFX」公式サイト

 

FXの環境を指標で表示する

一般のMT4スキャルピングインジケーター

 

基本的に指標として移動平均線とボリンジャーバンド、

エンベローブ、MACDなどを設定して使います

 

MT4インジケーターで表示される指標は

スキャルピングを行うために

 

相場の短期間の波の違いをわかるために設定しトレンドフォローや

レンジブレイクなどを狙います。

 

売買サインの表示はインジケーターにより狙うロジック(手法)

は違いますが、短期間の波がエントリーから決済まで

 

短いので相場の環境認識とエントリーから決済までの

ローソク足の実体の推測が重要になります

 

激スキャのMT4スキャルピングインジケーターを

設定することで環境を推測するための

指標なのでトレンドの天底やブレイク、

 

トレンドフォローなど短期間の相場の隙間を狙い

ボラティリティの幅はあまり大きくはありませんが、

 

経済指標などのファンダメンタル要因が大きく影響するような

環境では決済までの期間で大きな利益をとれるような

スキャルピングトレードを行います。

 

MT4インジケーターの設定と利用方法を伝えている動画 

※激スキャのMT4スキャルピングインジケーターの設定ではありません

 

激スキャのMT4スキャルピングインジケーター

ボラティリティの小さな相場でトレードを繰り返し

利益を積み重ねると言うものです。

 

指標はボリンジャーバンドと売買の強弱を伝えるシステムをセットし

短期間のトレンドやブレイクを狙いpipsを積み重ねます。

 

テンプレートが4つあり時間帯の違いでサインが出現し

投資を行う頻度や取引時間にあった

 

スキャルピングを選択できるMT4スキャルピングインジケーター

なので自分の生活環境にあったトレードを選べます。

 

激スキャFXのトレードできない相場

※激スキャではMT4の設定後エントリーと決済をサインで自動表示する

 

激スキャFXではMT4インジケーターの設定で

スキャルピングの取引時間を変えるインジケーターですが

スキャルピングを行う環境要因により

 

短期間で大きく動く日もあれば、レンジ相場などで

ほとんどエントリーできないというような状況もあるので

 

実践を行う投資できる環境認識と適切なロジックを

理解した判断が激スキャFXでは重要です。

 

激スキャFXで設定するMT4スキャルピングインジケーターは

時間帯により違いはありますが

 

スキャルピングは数分の間にエントリーと決済のポイントが

複数発生するので投資する相場を適切に選ぶ必要があります。

 

時間帯を分けたスキャルピング手法を説明

 

ユーロドル1分足のMT4スキャルピングインジケーター

激スキャFXは表示されるサインでエントリーと決済を

繰り返す順張り中心のMT4インジケーターです。

 

MT4インジケーターで自動表示されるサインを

自分の判断で選ぶ裁量トレードが必要な

スキャルピングインジケーターになりますが

 

MT4に設定を行いチャート上にシグナルを点灯させると

エントリーと決済が自動で表示されそのシグナルを

自分で判断しトレードを行うという投資商材です。

 

激スキャFXの時間帯

※激スキャFXのMT4が有効に機能する時間帯を表したグラフ

 

MT4インジケーターは売買回数が時間帯で分かれており

14時〜2時までがサインが多いロジックになっています。

 

激スキャは相場に動きがある(ブレイクやトレンドの発生)

ような場面で利用すると勝率が上がる仕組みなので

 

トレードを行う時間帯のトレンドやファンダメンタルなどの要因で

値動きが大きくなるような環境を狙う必要があります。

 

激スキャFXのサインの頻度

※ロジックが適切な環境でサインが発生するMT4インジケーターの特徴

 

激スキャのMT4インジケーターは取引時間により

スキャルピングを行う場合

レンジ相場が多い時間帯もあるのですが

 

投資商材のMT4スキャルピングインジケーターの

ロジックにあった

 

15時~18時や20時~23時に掛けての時間帯がトレンドや

大きな値動きのある相場になっているようです。

 

この時間帯は新しい取引時間の始まりと終わりが重なるような

時間帯で一般的にトレンドが発生する場面が多いという環境です。

 

MT4スキャルピングインジケーターの基本は

トレンドの方向に合わせた

 

順張りスキャルピングが基本なのでエントリー後、

決済までの僅かな時間で利益を積み重ねるので

 

利益がある程度のった後はチャートの実体を確認後、

トレンドが反転する前に決済を行いますが、

 

激スキャFXのトレーリングストップ

※激スキャのトレーリングストップ機能を利用したスキャルピング

 

トレーリングストップという機能を使いプラスになったpipsが

基準の設定で-1.5pipsになると自動で決済を行うという

ものなので忘れずに設定する必要があります。

 

激スキャFXでは

MT4スキャルピングインジケーターの設定で

時間帯を選びますが

 

基本的に取引を行う相場は

トレンドが発生し大きな動きのあるブレイク相場で

トレードを行うと勝率が上がります。

 

MT4スキャルピングインジケーターの時間帯を設定後

トレンドのブレイクで大幅に利益を獲得できた場合は

 

その後の取引を行わず積み重ねた利益を減らさないという

考え方で激スキャFXに取り組むとリスクは少なくなります。

 

激スキャFXのシグナルとエントリーとは

MT4インジケーター”激スキャFX”のエントリーを説明

※激スキャFXのMT4インジケーターの時間帯の設定がポイント

商材名:激スキャFX(MT4スキャルピングインジケーター)
販売業者:トレードサイクロン株式会社
販売者:谷口 悟
電話番号:06-4963-2021
メールアドレス:info@trade-cyclone.co.jp
販売価格:34,800

 

激スキャFXのMT4スキャルピングインジケーターは

サインの設定が取引時間で分かれていて

 

主婦タイム、サラリーマンタイム、トレーダー専用フルタイム

シグナル設定フルタイムと4つの設定で自分のトレード環境に

合わせMT4インジケーターの設定を変えることができます。

 

自動売買シグナルはEAをベースにスキャルピングを行う

小さな相場の利幅で繰り返し順張りのトレードを行い僅かな空き時間で

裁量と自動売買を合わせ環境を瞬時に判断し行います。

 

エントリーの順序はチャート上のシグナルを確認し

新規の発注を行い決済シグナルをチャート上で確認し

決済の注文を出すという簡単に行えるものですが

 

MT4スキャルピングインジケーターの設定後、

チャート上に表示されるサインを自分で判断し行うので

どのサインが勝てるものなのかを見極める必要があります。

 

激スキャFXの1分スキャル

※1分相場のMT4インジケーターで表示されるサインを判断する基準

 

激スキャのシグナルは実践を検証しMT4のパラメーター設定で

最もリスクの小さい損失でポジションを取るシステムなので

僅かな損切りでトレードのリスクを軽減できます。

 

シグナル設定はMT4インジケーターの中にあり

エントリーを行う相場の違いを時間帯でいくつかに分け

 

テンプレートの設定でサインの発生頻度や値動きに対し

自分の環境や経験に合った適切なロジックを設定し行います。

 

激スキャFXの主婦時間

※激スキャでは主婦の方専用時間などがあり適度な間隔でサインが配信される

 

激スキャFXではスキャルピングを行うMT4の環境を

設定した時間帯に分け選んだ設定でトレードチャンスと

サインの頻度が違うのですが

 

テンプレートでは4つの設定で昼専用の主婦時間

夕方から夜に掛けてのサラリーマン、主婦時間

専業トレーダー設定のフルタイム時間と更に

 

MT4インジケーターの設定を変えることで

サインの頻度が上がりトレードを頻繁にフルタイム行える

高精度シグナル設定-フルタイムがあります。

 

激スキャFXの高精度タイム

※MT4の高精度シグナルはサインが多いのでポイントを絞る

 

MT4スキャルピングインジケーターの中の4つの時間帯を

テンプレートの設定を変えることで

 

自分のスタイルに合った投資できる時間帯を選び

激スキャのスキャルピングを行いますが

 

環境認識を行うために表示させるチャートでは

売買ポイントをシグナルメールで配信されるので

エントリーと決済の判断を間違えずに行えます。

 

激スキャFXの実践サインと相場の選び方

 

激スキャFXで表示されるサインはMT4スキャルピング

インジケーターに4つテンプレートの設定で時間帯を選ぶ

ことができるのですが取引時間は

 

主婦タイム15時〜23時、サラリーマンタイム20時〜23時

デイトレーダー設定は24時間フルタイム、更にプロ設定では

シグナルの頻度が頻繁に増えるという

 

4つの実践サインを自分のトレード経験や暮らしに

合わせMT4の設定で選べるインジケーターです。

激スキャFXのエントリーポイント

※激スキャで設定するMT4スキャルピングインジケーターで判断できる内容

 

MT4スキャルピングインジケーターの指標は

レンジ相場では、ロジックに当てはまらないことが

多いようで適切なスキャルピングを行うには

 

トレンドや値動きが大きな要因のある相場を狙い順張りのトレード

で複数のエントリーを行い利益を積み重ねるトレードを行います。

 

チャートを開いた相場がどのようなものかを

推測する必要があり利益を積み重ねる相場は

 

長期間緩やかなトレンドを形成しているような場合や、

ファンダメンタルなどの要因で短期間で大きく値動きのある

ブレイク相場が激スキャFXのトレードに適切な環境です。

 

激スキャの相場で発生するサインとスキャルピング期間

※激スキャのMT4インジケーターの設定でサインの頻度は変わります

 

もう少し詳しくエントリーシグナルと相場の関係を伝えると

自分の経験や暮らしに合わせ変えることができる

 

MT4インジケーターの設定はサインはテンプレートで

時間帯や頻度を設定できるので

 

テンプレートにあった取引時間の相場で

どのようなトレンドが発生しているか

季節変動でトレンドがどのようになっているか

 

という投資する環境をチャートを開いた時に判断できると

激スキャで適切なスキャルピング相場を選べます。

 

トレンドの形成は一般に新しいトレンドが4月〜5月にかけ

もしくは9月〜10月にかけ形成されるものなので、

 

大きなトレンドの波と取引を行う時間帯の特徴を合わせ相場を

判断するとチャートでトレンドやブレイクを推測

できるようになります。

 

激スキャFXに不向きな相場

※MT4の表示でトレンドがはっきりしない場面ではエントリーしない

 

相場とサインの選び方のポイント

チャートを開き長期のトレンドで激スキャのスキャルピングに

適した相場で、取引すると利益を積み重ねるので

 

チャートを開いた時に激スキャFXで適切な相場を判断し

適切でない場合はトレードを行おうと思わなようにします。

 

MT4インジケーターの設定で表示されるサインは

トレンドの大きさや発生している期間などにより

積み重ねるpipsの獲得数は違いますが

 

適切でないようなわからない上昇や下降トレンドは避け

エントリーできるトレンドや、ブレイク相場を判断し

チャートを推測するとリスクの少ないトレードを行えます。

 

時間帯の違いで効率のよいトレードを検証

 

MT4スキャルピングインジケーターに設定されたロジックは

順張りスキャルがトレードのメインになる投資手法ですが

時間帯によりトレードチャンスが違うので

 

激スキャでサインが多い夕方3時〜深夜12時までの間

の時間帯をテンプレートの設定を変え適切な

スキャルピングを行えるインジケーターです。

 

激スキャFXの4つのテンプレート

※激スキャのMT4スキャルピングインジケーターの設定マニュアルで確認できます

 

MT4インジケーターの設定を変えこの4つの時間帯で行う

スキャルピングの違いはエントリーチャンスが多い

サインの発生時間でもあるのですが

 

時間帯の違いでトレード回数とスキャルピングポイントがかわり

取引を行う時間帯に合ったトレードを考える必要があります。

 

4つに分けたMT4スキャルピングインジケーターの設定は

自分のトレード経験に合ったサインの出現頻度をテンプレートで

調整できサインに合った相場の判断を自分で行います。

 

激スキャFXの適切な相場

※MT4インジケーターのサインはテンプレートで頻度を設定できます

 

MT4スキャルピングインジケーターで表示されるサインで

順張りを狙う効率の上がるスキャルピングポイント

 

値動きの大きい環境では大きく利益が取れレンジよりの緩やかな

環境では利益も少ないもしくは損失が出るようなインジケーターです。

 

投資を行う相場により勝率(勝ちが多い)が高いのに

利益はあまり増えないという日も出てくるので、

 

トレードの環境を考え利益が大きく出るような激スキャの

スキャルピングに適した相場を狙うと効率が上がります。

 

よく間違えて行ってしまうトレードは、

相場は緩やかにトレンドを形成しているのですが

 

激スキャFXのMT4インジケーターは

ローソク足の実体の大きさやヒゲが長いような環境で

発生するサインが自動売買シグナルで発生するので

 

投資できると思い発生しているサイン通りに

エントリーを行ってもマイナスの決済、損切りを行わないと

いけない相場があるとういうシグナルです。

 

トレンドは季節変動や取引時間で変わりますので

このような場合はエントリー後、

 

実践を行った相場をキャプチャーなどで撮り

どのような環境になっていたかという相場を長期間で判断すると

環境認識が適切に判断できるようになります。

 

また、大きく利益が出た場合、トレードを休み

頻繁に取引を行わないと言う仕組みですが

 

こちらのMT4インジケーターのロジックに合った環境を狙い

マイナスになるようなトレードを行わないという意味です。

 

激スキャFXのMT4スキャルピングインジケーターは

経験が増えサインの判断が適切に行えるようになるとプロ仕様の

テンプレートに変え頻繁に売買を行い利益を積み重ねるツールですので

 

MT4スキャルピングインジケーターの設定を変え

実践を行いながらチャート上のサインと投資の判断、

適切なロジックに合った環境認識を行い

 

激スキャFXの最適な手法に合ったトレードを

身につけると資産運用ができるインジケーターです。

 

下記の画像をクリックするとMT4スキャルピングインジケーター

時間帯別サインの仕組みスキャルピングの特徴がわかります。

 

激スキャFXの問い合わせ画像

MT4スキャルピングインジケーター「激スキャFX」公式サイト

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

MT4スキャルピングインジケーター”激スキャFX”で時間帯を検証


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けておりません