ライントレードマスタースクールを検証|FX-Jin氏の実践手法とは

   2020年08月01日 FX投資商材, 商材のチャート分析

ライントレードでFXの相場を判断するには

 

FXを行うためにインジケーターのサインだけの

判断では間違えにつながる環境を

 

チャート上で形成されるトレンドに

線を引き環境を推測できるスキルを身につけ

推測するというものがライントレードですが

 

マスタースクールでは相場そのものを理解するため

の理論を身につけ自分で環境を判断しトレードを行います。

 

ラインマスタートレードスクールのバナー

FXライントレード・マスタースクール公式サイト

 

FX-Jin氏が伝えるマスタースクールの手法が

どのようにライントレードで機能するかという違いが

気になりますが内容を検証します。

 

マスタースクールで伝えている3つのロジックを理解すると

環境ににロジックを当てはめ実践を行いますが

 

基本は相場の本質であるローソク足などの動きを判断し

適切な環境がどうして発生するかという理論を

マスタースクールで学びトレードを行います。

 

チャート上にラインを引きFXで実践を行う

相場の状況をわかりますが

 

判断するラインとはどのようなもので

環境の何がわかるかを説明します。

 

一般のインジケーターでレジサポラインを引き水平線を基準に

ブレイクもしくはライン内の状況で売買を判断します。

 

ライントレードマスタースクールのライントレード

 

※マスタースクールでは引き方を基礎から応用まで学びます

 

レジサポラインも一般のトレーダーが基準にする

適切なラインが存在しこちらを基準に判断しますが

環境に合った適切な線を引く練習が必要です。

マスタースクールで学ぶ線を引けない相場もある

 

もう少し幅を広げると

レジサポライン(水平線)にトレンドラインを合わせ

トレンドが反転するポイントやブレイクするもしくは

 

継続した大きなトレンドを推測するために

指標としてチャート上に引きます。

 

マスタースクールで学ぶ

最も重要なものはラインの引き方ですが

 

正しく引くためには環境認識を適切に

判断する必要があります

 

適切なラインを引くためにはチャート上のローソク足の

起点になるローソク足を選び引きますが

 

相場の波で選ぶローソク足はダウ理論後の反動(波)が

あるポイントを選びます。

 

トレンドラインはローソク足で形成される波の大きさで

複数引くことができますが

 

適切なラインを引くためには起点となる波に対し

引ける適切な判断が重要になります。

 

ライントレードマスタースクールでマスターする内容

※マスタースクールで身に付ける内容と特徴

 

マスタースクールで学ぶチャート上の判断は

エントリーを行う環境には理論があり

 

勝てる確率や負ける確率はトレード理論で推測できる

環境にあるとFX-Jin氏は伝えています。

 

マスタースクールでは

チャートに引くラインは2本だけと決めその2本の線で

エントリーと決済の判断を行います。

 

マスタースクールでFX-Jin氏が伝える

基本になる2本の線は

 

ライン、レイヤー、ゾーントレードという3つの手法を

合わせ適切に判断できる理論と環境認識を学びます

 

ライントレードマスタースクールで学ぶ知識

 

マスタースクールでは

3つのロジックを使いあらゆる相場でも大きなトレンドが

発生するポイントを絞り

 

FX-Jin氏が伝えるライントレードの仕組みを

マスターするために検証を繰り返します。

 

ライントレードマスタースクールの3つのロジック

※3つのロジックを環境に合わせマスターします

 

マスタースクールでは必要な2本のラインだけを意識し

トレンドがどこから始まりどこまで続くか

という推測を動画を使い学びます。

 

FX-Jin氏がマスタースクールで伝える

2本のラインとは

 

チャート上にトレンドラインを2本引き環境をわかれば

エントリーと決済のポイントがわかるというもので

 

トレードに適していない環境では

無理な負けトレードは行わないという環境認識を

学ぶオンラインスクールです。

 

マスタースクールの専用サイト内に表示された

メールマガジン登録後、配信される動画では

 

金本氏がFX-Jinさんから指摘され自分のトレードを振り返り、

教えてもらった内容を実践する

 

というマスタースクール動画のストーリーなのですが

トレードは検証の途中で話が終わってしまいます。

 

ライマスで学ぶ実践をストーリーでFX-Jin氏が説明

※マスタースクールのストーリーの続きは専用サイトのメルマガ登録で配信されます

 

この続きは、マスタースクールに参加後

金本氏が3ヶ月かけて取り組んだ結果をトレード動画

として配信されるようです。

 

マスタースクールでは

3つのロジックを使いますがこのロジックを相場に

当てはめる時に2本の適切なラインを引くことで

 

トレンドとエントリーの発生を適切にチャート上で認識

するというトレードの基礎を初めに学びます。

 

ライントレードマスタースクールの2本のライン

※引いたラインを基準にローソク足が超えた後、決済する実践をマスターします

 

FX-Jin氏はラインの引き方を重視し

引いた線を固定した後は

 

どういった基準でトレンド、エントリーの判断を

行えばよいかという内容を伝えていますが

 

トレンドの判断のために1本引いたトレンドラインから

逆方向に形成される方向に2本目の線を引き

 

2本目の線をローソク足がブレイクしたらエントリーする

という方法でトレードを行います。

 

一般のライントレードとは

チャート上に線を引きレンジやトレンドの波が

どのように変わるかを推測する手法ですが

 

FX-Jin氏が伝えるマスタースクールでは

的確なエントリーのタイミングと環境認識ができる

判断力をオンラインスクールで身につけます。

 

実践に必要な”ライマス”のロジックを説明

マスタースクールの3つのトレード理論を説明

※マスタースクールで身につけるライントレードの仕組みをFX-Jin氏が説明

・販売業者:クロスリテイリング株式会社
・販売者: FX-Jin氏
・所在地:〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1アルカセントラル12F
・電話番号:03-5244-5377
・メールアドレス: info@linetred-fx.com
・販売価格:99,800

 

マスタースクールではトレードを行うために

3つの手法を学びその後、ロジックを環境に当てはめますが

 

通貨ペアや時間足を気にせずにトレードできる環境に

3つのロジックを当てはめ行います。

 

マスタースクールで学ぶ3つのトレード手法は、

環境を正確にわかるために

 

基本であるライントレードからレイヤー、ゾーンと

更に相場にラインを引き仕組みを理解するという内容ですが

 

FX-Jin氏が伝えるマスタースクールで学ぶ

3つロジックの特徴を説明すると

 

ライントレードマスタースクールの未来予測ロジック

 

未来予測ロジック

 

2本のラインを使うライントレードとレイヤー理論を

合わせ利益に変わるエントリーポイントで高勝率で

トレードを行います。

 

環境をわかりエントリーポイントを増やすための

ロジックですが形成されるチャート上のトレンドを

推測するためにマスターするテクニックです。

 

ライントレードマスタースクールの切り返しロジック

 

切り返し追従型ロジック

 

損切りを行うような場面でリスクヘッジするために

行いマイナスを取り返し利益に変えるロジックです。

 

環境が推測できない変動でも複数のエントリーを組み合わせ

負けてしまうリスクを排除する仕組みになっています。

繰り返し行い損切り分の損失を取り返します。

 

 

ラインマスタートレードスクールのブレイクアウトロジック

 

戦略的ブレイクアウトロジック

 

エントリー時に損切りポイントを決めることでブレイクで

大きなpipsに変わる相場を狙い利益を大幅に獲得します。

 

ブレイクアウトすれば大きな利益に変わりますが外れると

大きな損失につながるリスクを軽減しレイヤー理論

を当てはめたが上手くいかない場合の損失を抑えます。

 

 

マスタースクールでは

ライントレードを3つに分けチャート上のエントリーポイントや

環境認識を細分化しています。

 

ライントレードマスタースクールの3つの理論

※3つの理論と手法を合わせ環境認識をマスターします

 

FX-Jin氏のマスタースクールで学ぶチャートの仕組みを

マスターするための3つのトレード手法を説明すると

 

ライントレード

 

ラインを引くローソク足の起点とスパンを決定し、正しい

トレンドラインを引く方法を覚えます。

 

カリュキュラムではエントリーと決済の基本を知り

環境の変動に対し適切なトレードを行うための

仕組みとルールを学びます。

 

レイヤートレード

 

基本はチャート上に適切なレジサポライン(水平線)を

引きレイヤートレードの基本と引いたレジサポラインと

トレンドラインの有効性を合わせ高勝率のポイントを絞ります

 

マスタースクールで学んだトレンドラインを合わせ

レイヤードレードの基礎を意識し条件に合った

エントリーを行います。

 

ゾーントレード

 

レジサポライン(水平線)でゾーンを決めどんな相場でも

エントリーの判断ができるベストなポイントを更に絞り

トレードの勝率と大きなpips獲得を目指します。

 

エントリーポイントが無いような環境でも自分で

エントリーポイントを作り出し3つのトレードを

合わせトレンドの推測を正確に行います。

 

以上の3つのトレードを合わせ

マスタースクールでは手法を学びますが

 

ロジックに相場を当てはめれば勝てるというものでは

ないので、環境をわかり適切なトレンドでロジックを

当てはめ検証後、実践します。

 

3つのトレードを学び自分の結果や間違えに対し

FX-Jin氏が伝えている理論を覚え経験を積み重ねるので

 

相場の判断を正確に行い自分で裁量判断ができる

経験をマスターするという仕組みです。

 

ライントレードマスタースクールの学習概念

※マスタースクールで学ぶ環境と手法の概念を説明しています

 

マスタースクールではまずは実践を行うための

トレード知識とFX-Jin氏の手法を学び、

 

その後3つのロジックに当てはまる相場を自分で

判断を行い年間を等し利益を積み重ねます。

 

マスタースクールで裁量手法を身につけるには

トレード回数と環境を期間をかけてマスターする

必要がありますが

 

経験を積み重ねながら相場の仕組みと

環境認識が判断できるFX-Jin氏の手法を身につければ

 

大きなトレンドが発生する相場や負けないポイントを

ロジックに当てはめプラスになる実践を行えます。

 

FX-Jin氏が伝えるラインを使う実践手法

 

マスタースクールではFX-Jin氏が本質を3つの手法を使い

トレードを検証し動画講義で伝えています。

 

ロジックと理論を合わせ相場の仕組みを

自分で判断できる基礎から応用までの経験や知識を

実践を行いながら手法をマスターしますが

 

ライントレードマスタースクールのFX-Jin氏のトレードとは

 

FX-Jin氏がマスタースクールで伝えるトレードとは

環境認識をわかるトレード知識を身につけ

 

一般のトレーダーがどのような理論を活かしラインなどで

トレンドの判断を行っているかという裁量で推測できる

経験を積み重ねるというものです。

 

FX-Jin氏はインジケーターにセットされたサインは

システムが判断するものなので

 

システム(サイン)で判断できない環境の違いがある場合は

負けてしまうと伝えています。

 

FX-Jin氏が伝えるライマスで身につける引き方とは

※マスタースクールで学んだ理論を実践で使うポイントを説明

 

FX-Jin氏が伝えるライントレードを実践するには

チャートを開き自分でトレードを実践する

環境を判断するために

 

チャート上のローソク足の並びや大きさ傾向などを

ラインを引き裁量取引を行います。

 

マスタースクールで学ぶ内容は

チャート上のローソク足を見てどのような相場でも

ラインを引くという訳ではないのですが

 

線を引くために相場がレンジであってもローソク足の大きさや

動きでわかる買いと売りの仕組みやどうして大きなローソク足や

 

ヒゲが長い実体が形成されるのかというトレーダー理論を

仕組みとして学びトレード指標であるトレンドラインや

 

レジサポライン(水平線)を一般のトレーダーが

引いている基準で引けるように理論を学びます。

 

ラインマスタートレードスクールのチャート

※チャート上に引かれた赤のラインの引き方をマスターします

 

FX-Jin氏がマスタースクールで伝えている手法で相場の

判断が行えるようになれば取引できない相場やラインを引く

 

起点がずれる原因がわかり相場の変化を推測し決済や

損切りのポイントを判断できます。

 

年間を通し環境の違いがわかりどのようなタイミングで

実践を行えば勝てる、大きく利益を獲得できるなど

 

実践を積み重ねながら環境をわかる結果をベースに

裁量判断でFX-Jin氏はトレードを行っています。

 

ライマスで学ぶライントレードの違いとは

 

FX-Jin氏のマスタースクールでは

無理な相場でラインを引かずチャートを見た時に

トレードを行うために

 

ローソク足の並びではっきりとトレンドがわかる相場を選び

トレンドラインを引くという仕組みが重要だと伝えられています。

 

環境認識をラインを使い判断できると

環境に合わせロジックを当てはめる相場の見方と

 

相場の変動を自分の裁量判断でわかりトレードするための

知識と経験を身につけるというオンラインスクールです。

 

ライントレードマスタースクールの動画配信

※水平線の引き方もマスタースクール内のサイトを使いステップアップで学びます

 

マスタースクールのストーリー動画では

金本氏が行った実践検証が途中で終わっていますが

 

その後FX-Jin氏から学んだトレード手法を

3ヶ月の間、取り組んだ実践でどのような仕組みを学んで

いったかという内容

 

金本氏が期間をとうし身につけた経験が

ステップアップで動画配信されるので

 

マスタースクールのポータルサイトを利用し

自分で実践を繰り返しながら

 

金本氏の実践動画配信でどのような順序で身につけるか

を覚えサポートを使いながら仕組みを学びます。

 

ライントレードマスタースクールのポータルサイト

※マスタースクール専用ポータルサイト内の動画やサポートを利用します

 

FX-Jin氏のマスタースクールでは

環境をわかるためのトレード理論を3つに分け

 

ライン、レイヤー、ゾーンで分けた相場の波がどのように

変わるかという仕組みをマスタースクールで学びますが

 

引き方がわかると現在の相場の環境が

どのように変わるかという推測とトレンドがどのように続き

どこで終わるかが推測できるようになります。

 

FX-Jin氏がマスタースクールで伝える

ライントレードを身につけ行う裁量判断とは

 

相場の環境を自分でわかり

実践するという意味です。

 

マスタースクールで身につける

ライントレードの違いとは

 

1つの相場でもエントリーポイントは

自分で決めたパターンに当てはめトレードを行うため

 

好みによるという説明がありますが、

自分の好みのエントリーポイントを更に追求し

 

相場の根拠がわかると勝率やpipsの獲得も

安定するという原則を理解するオンライン

トレードスクールです。

 

下記の画像をクリックすると、ライントレード・マスタースクール

実践で使う引き方の違いFX-Jin氏のトレード理論がわかります

 

ライントレードマスタースクールの内容
FXライントレード・マスタースクール公式サイトはコチラ

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ライントレードマスタースクールを検証|FX-Jin氏の実践手法とは


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けておりません