トレテンワールドFXの自動売買を検証|ロジック,ツールの評判

トレテンワールドFXで行うトレード手法とは

 

トレードでレンジ相場を避け

エントリー時に損切りと利確の設定を行い

ルールに合った相場のみで実践する

 

トレテンワールドFXは1時間足を

使った自動売買(EA)を使い

 

トレンド転換を狙うために特化した

カニトレーダーであるカズヤング氏が

開発した投資手法です。

 

トレテンワールドFXのバナー

 “トレテンワールドFX”公式サイトはコチラ

 

利用するツールは裁量と自動売買(EA)を

合わせトレードを行えるインジケーターですが

 

半裁量で行うEAロジックとカズヤング氏の

手法と評判について検証したいと思います。

 

トレテンのロジックは

デイトレで1日の平均エントリーチャンスは1回程度と

少ないのですがメール通知機能で外出先でも

 

スマホ取引できるカズヤング氏が

開発した投資商材です。

 

主にトレ ンドの転換点を狙う手法ですが

一方向に伸びていく相場で利益を出すために

 

トレンドの転換を狙っていく」ローソク足の色が

水色に変わってシグナルが点灯したら、その方向に

エントリーするという商材の仕組みです。

 

相場の判断はチャートのチェックは

1時間に1回でOKなので

 

トレードを行わないルールに合った相場でない

場合すぐにわかります。

 

トレテンワールドFXはトレンドの転換を狙った

逆張りのデイトレードを行います

 

トレテンワールドFXのトレンド転換

※トレテンで実践ツールはトレンド転換で利用します

 

自動売買(EA)ロジックでは

1時間足でOCO注文を出し利益確定とエントリーは

 

設定時に自動で行われ初心者でも

簡単にできると伝えられていますが

 

半裁量の自動売買(EA)とは

 

サインに従うだけのシステムトレードと

 

サインを自分で選び行う裁量トレード、

 

EAに任せるだけの運用で

EAの稼働を自分で決め運用するトレード

の3つの投資を選ぶことができ

 

エントリーポイントはローソク足の色が変化した場面で、

赤色ならロング、水色ならショートのサインですが

 

2つのインジケーターはトレンド中の売買を

数値化し大陽線と大陰線で転換を判断します。

 

トレテンワールドFXのメリット

※カニトレーダー手法をEAで活かすので設定後は自動で売買します

 

OCO注文とは

 

アラートサインがメールで送られたものや

推奨時間内のインジケーターの

サインがルールに沿っている場合などに

 

ルール通りにエントリーの設定を入力すれば

自動で決済までのトレードを行えるロジックです。

 

トレテンでは1時間足のシグナルなので

1時間ごとに確認が必要ですが

 

トレード推奨時間が決まっているので

当てはまる時間帯の確認でエントリーします。

 

トレンド判定のインジケーターが3つセットになっていて

trender3はトレンドがどちらに転換するかを

Big Cndle Stickはどちらに伸びていくかを示し

 

自動売買(EA)ツールで設定された

投資ロジックである

 

手法と一致するルールに合った

相場を選び自動でトレードを行います。

 

環境認識を自分で行い

レンジ相場と判断できた場合や

 

想定した位置でサインが出ないと

判断できる場合はエントリーしないというような

 

裁量スキルで判断を行えるのであれば

移動平均線と相場の関係だけでトレードを行えます。

 

トレテンワールドFXの裁量はない

※トレテンのエントリールールを使えばわかりづらい裁量はない

 

トレテンワールドFXのインジケーターには

k-pinbarEA』というEAがセットで付いていて

 

USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD

3つの通貨ペアを自動売買ができます

 

3通貨ペアを同時稼働させるとヘッジされる

という場合もありエントリーが確定した

ローソク足一本分を基準に

 

伝えているロジックは利益確定と損切りを

設定するルールが固定されているため、

 

サインに従い手動でトレードした場合でも

自動売買を使うEA取引でも基本的には

同じ結果になります。

 

カニトレーダー手法を使う自動売買の違い

 

トレテンワールドFXはカニトレーダー(カズヤング氏)が

開発しオリジナル手法を取り入れた半裁量EAツールですが

 

自動売買(EA)の違いはトレード時間を

15時〜20時に絞りトレードを行います。

 

レンジ相場になりやすい時間帯を避け相場の転換点で

逆張りを行うエントリー手法なので

 

リスクリワードが1:1でも勝率が65%以上の

半裁量自動売買(EA)を実践できる仕組みです。

 

トレテンワールドFXのカニトレーダー

※カニトレーダーのセミナー内容を説明

 

カニトレーダーが伝えるトレテン手法は

 

インジケーターのサインが発生する相場で

チャート上に表示されるトレンドの転換点を判断し

 

ローソク足が形成される数本分で大きく伸びる

ポイントに絞り逆張りを行います。

 

トレンドの転換点を狙いますが

エントリーチャンスは少ないので

 

長期運用を考えトレードを行うためには

 

カニトレーダーであるカズヤング氏が伝える

資産運用の仕組みを理解する必要があります

 

カニトレーダーが伝える勝てる手法を解説

※トレテンワールドFXのみの手法ではありません

 

トレテンワールドFXでは

 

自動売買(EA)でロジックの設定を行えば

 

カニトレーダーが伝える手法と一致するような

相場で自動でエントリーと決済を行えますが

 

トレンドが発生しやすい時間帯でエントリーし

利益を重ねるワールドロジックなので

 

現在利用しているインジケーターの上に

セットし環境に合わせ使い分ける方法でも

トレードします。

 

伝えているシステムトレード手法とは

オーダーを見て指値と逆指値の偏りを判断し

 

抵抗になる部分を裁量で見極めインジケーターで

フィルターに掛けているサインを判断する商材です。

 

トレテンワールドFXのカニトレーダー手法

※カニトレーダー手法はYouTubeで検索できます。

 

手法の基本的なルールは

 

値動きの様子を見て条件を満たしている相場をよりすぐり

ポイントを絞り実践する投資ロジックで

 

売り(青)と買い(赤)の棒線で表された境目や注文が

多い、もしくは少ない価格帯に絞り

 

現状の相場がどのような価格の進展があるかを推測し

チャート上のローソク足が伸びやすいかを判断します。

 

注目する部分は

 

短い線の後の長い線が表示される相場は

転換が発生しやすい相場なので

 

チャート上のローソク足やサインと合わせ

確率が上がるような転換点でエントリーします。

 

トレテンワールドFXのエントリーポイント

※トレテンでチャート上に表示される実践ポイント

 

トレテンワールドFXの

インジケーターの違いは

 

1時間足を使うので確認は1時間に1回ですが

 

頻度が少ないのでルールに合った相場のみで

自動売買(EA)を行えるという違いがあります。

 

カニトレーダー手法を使い

オリジナルのローソク足で

 

値動きをベースに反転を狙うのでロジックと

一致した相場のみで実践できますが

 

トレード時間が限定されていて頻度が少ないため

実践できない日も頻繁にある投資ツールです。

 

開発者であるカニトレーダー,カズヤング氏の

手法を比較し経験や実績をまとめました。

(カニトレーダーの実績と手法を比較ページはコチラ)

トレテンワールドFXのエントリーロジック

トレテンワールドFXのエントリーを説明

※トレテンワールドFXのサインに一致した相場がポイント

 

・販売業者 株式会社金馬新聞
・代表取締役 岩本和也  (カニトレーダー)
・所在地 北海道札幌市豊平区平岸四条13丁目4-30シャトー和田407
・電話番号  090-7515-7358
・販売者名:株式会社金馬新聞
・販売価格:42,974

・通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,EUR/USD

 

トレテンワールドFXでは

自動売買ツールも用意されていて「売られ過ぎ」

「買われ過ぎ」をオシレーターで知らせます。

 

エントリー、決済ともに、ルールがきちんと決められていて

大矢印と同方向に小さな矢印が点灯して、

ローソク足の色が変わったらエントリーを行います。

 

自動化システムは、

取引の時間帯制限を細かく設定でき時間帯で制限を

かけたり通貨ペア、ロットなどの設定も調整もできます。

 

トレテンワールドFXのEAロジックでは

インジケーター「Williams %R」でトレンドを判断し、

 

下降の後半で大陽線が出現したらロング(緑の上矢印)

上昇の後半で大陰線が出現したらショート(赤の下矢印)

で実践する売買ルールです

 

トレテンワールドFXの推奨時間

※トレテンの自動売買は主にロンドン時間とニューヨーク時間が基準

 

推奨時間帯は、15~20時と24時~25時で

サインが出た際にはメールで通知がくるため、

 

そのメール通知が来た時にチャート

を見てサインを確認します

 

トレテンワールドFXで表示されるサインは

矢印だらけになる場面は無く

 

サインが出る=エントリーとなるため

エントリー時のみのサインがわかる仕組みです。

 

大きな矢印と同じ方向に小さな矢印が表示され

ローソク足の色が変わるとエントリーしますが

 

エントリー時に損切りと利確の設定も行い

サイン発生後のローソク足の

 

実体が確定した後にエントリーし

数本ローソク足が形成された後、

 

設定していた利確ラインに届くと

自動で決済を行います

 

トレテンで利用する商材のロジックは

インジケーター版とEA版で一部、稼働時間が違い

インジケーター版は15~20時と24時~25時ですが

 

EA版は深夜はスプレッドが大きく開く

リスクがあるため15~20時までにエントリーする

仕組みになっています。

 

トレテンワールドFXの強み

※トレンドの転換と初動を狙えるのがトレテンの強み

 

トレテンのEAロジックでは

 

“買い”と“売り”がゾーンで表示されトレンド転換の

初動をキャッチし捉えるので、

 

早い段階でトレンドに乗るロジックは

EA化(フィルター)を掛け

 

エントリー以外で矢印が出ないように設定し

出たら必ずエントリーします。

 

チャート環境的にエントリーは影響がないはずなので、

設定後、新たなポイントでトレードが可能です。

 

反映されたチャートはローソク足の色と矢印が

アラートとセットで表示され

 

メールで知らせる機能がありエントリーと同時に

ストップとリミットを設定した後は放置できる仕組みです

 

トレテンワールドFXのチャート

※トレテンで表示される矢印はアラートがセットされている

 

カニトレーダー手法を検証すると

 

1時間足を使う手法ですのでスイングトレードとなる場合が

多いのですがエントリーしたら後は放置するだけでよい

 

EAを活用することで、エントリー、

利益確定、損切りをすべて自動で入力されます。

 

トレテンワールドFXではトレンドで発生する

大きな陰線と陽線をシグナルで知らせ狙い撃ちする

仕組みですが使用する時間足は1時間足です。

 

リスクリワードは

 

1:1で逆張りで行いますがロジックの内容は

トレンドで買われすぎ、売られすぎを数値で予測し

 

明確なトレンドの転換点で逆張り実践する

時間を絞りエントリーします。

 

トレテンワールドFXで行う自動売買を説明

トレンド転換を狙うトレテンのサインとは

※トレテンワールドFXの自動売買で行うトレードを説明

 

トレテンワールドFXのローソク足はオリジナルですが

Big Cndle Stickという大きなローソク足は

 

「大陽線であれば買い」「大陰線であれば売り」

のポイントで反転のチャンスを表示します

 

表示されたローソク足のダマシを回避するために

「Trender3」の指標が機能し買いと売りの判断を

チャート上のゾーンで表示します

 

トレテンワールドFXの3つのツール

※トレテンのツールは自動売買と裁量で判断できる仕組みです

 

自動売買(EA)ロジックは

 

一方向に偏った大きなローソク足が

表れ色で表示するのでトレンドの転換を

わかりやすく伝えます。

 

設定するとサインがチャート上に表示されますが

矢印が大小2つで表示されエントリーと利確も

 

トレテンのサインにはルールが

決められいるのですが

 

FX初心者でも判断ができるようにマニュアルでは

設定からトレードまでの順序を詳しく伝えています。

 

チャートは過去のデータをすべて閲覧できるので

自分で実践後の相場を検証し

 

どのようなパターンが出たら、

相場は動いたか、なぜ動いたのか

環境を分析しトレードの推測を行います。

 

表示されるサインを見分けるために

大切なポイントはトレンドの判断ですがチャートには

 

過去のデータで反映される

ローソク足の長さや組み合わせパターンから

トレンドを判断する手法が多数あります。

 

トレテンワールドFXの設定とサイン

※カニトレーダー手法とルールが一致したチャートパターン

 

トレテンで設定されたチャートは

トレンドを判断するために

 

ラインを引く方法や時間足を確認する、

ローソク足の形をパターンで表すなど色々ありますが

 

チャートは基本的に縦軸が「価格」横軸が

「時間」を表しているグラフです。

 

「一定期間」が具体的に

どのぐらいの期間なのか

 

表している時間足が、

「分足」「時間足」「日足」「週足」「月足」で

ローソク足で形成されるチャートを表示させ

 

その中に移動平均線が価格の平均を表します。

 

その中にトレンドライン、サポート、

レジスタンスラインを引き

 

手法を使いトレンドライン付近までローソク足が

伸びると買いや売りの判断を行います

 

トレテンワールドFXのローソク足

※トレテンで表示されるローソク足が伸びると売買の判断を行う

 

トレテンワールドFXの自動売買(EA)ロジックでは

トレンドの変化するポイントが

 

ブレイクインで変わる点ですが

このブレイクポイントがトレンドの初動になります。

 

EAロジックに合ったトレンドを

過去のチャートに当てはめライン付近で

 

チャートパターンを形成した時、

相場が一定の方向へ向かう確率が

高くなる推測を行います。

 

トレンドがわかるとトレンドフォローで

エントリーし大きな波を推測しますが

 

実践する場合はまずトレンドが発生しているか

どうか有無を分かった環境認識が基本になります。

 

カニトレーダーが開発したツールの評判

 

カニトレーダーが開発した「ドルスキャワールドFX

東京オンリーFXトレテンワールドFX

 

主なカズヤング氏が開発した

有名な投資ツールですが

 

カニトレーダー手法を取り入れたツールの評判は

 

ルールを守れば結果通りのトレードも行えると

個人の経験や取り組む時間などの違いにより

個人差がある口コミや評判です。

 

トレテンワールドFXの開発者でもありカニトレーダーである

カズヤング氏が解説しているトレード手法とは

 

トレードに必要な資金管理、メンタル、実践手法を

身に付けルール通りにトレードする仕組みですが

 

インジケーターは転換点をキャッチすると

エントリーのアラートやメールが来るので

 

このタイミングでエントリーして利益確定と損切りを

入れた後はトレードの結果を待つだけです。

 

トレテンワールドFXの大陽線

※カニトレーダー手法ではローソク足の並びでポイントを判断します

 

トレテンワールドFXで表示されている

チャートが下降している最中に突然出る大陽線や、

上昇している最中に突然出る大陰線があり

 

カニトレーダー手法と一致した

トレンドの転換を合図としサインを出す投資ツール。

 

正確なトレンド転換を知る場合は

エントリー時の買いや売りのポイントを

間違えず行うトレードが基本です。

 

表示される転換点をわかるには

 

転換後のトレンドがどちらに向かうか

売買の推測とカニトレーダー手法の検証が必要です。

 

トレンドの継続と転換の『基準(起点)』になる、

重要な安値と高値トレンド転換した直後に

 

正しい方向を分かり環境を推測する判断は

FXトレーダーとして利益につながる

重要なポイントですが

 

手法のトレンド:レンジの割合は

 

3:7と言われていて3割のトレンドの見極めが

出来なければ大きな損失につながります。

 

トレテンワールドFXの弱点

※トレテンで利用するツールはレンジ相場では利用しない

 

転換点を推測する時に注意するポイントは

 

で表示されるチャートのトレードルールと

 

カニトレーダーのロジック手法を

合わせトレンドの転換を狙いますが

 

レンジ相場での取引は控えるべきですが

サインがトレンド発生時のみメールで送られるので

 

レンジ相場が続けばエントリーチャンスが

全くない場合もあります。

 

トレテンワールドFXで表示される

チャートを見るのはエントリーする時だけで

 

トレードの手間がかからないのですが

サインを判断するにはトレンドを判定する

 

3つのインジケーター

RSI、Williams %R、ボリンジャーバンドで

 

トレンド判定のフィルター設定し

サインが配信された場合のみトレードします。

 

トレンドの転換が始まると、

サポートラインが明確にブレイクし

価格が戻ってきた場面で同じラインが

レジスタンスラインとして機能します。

 

トレテンワールドFXの時間足の違い

※トレテンで表示される転換点はバンドがレジサポラインになる

 

トレテンのサインを見極めるには

 

レンジ相場の判断を「どの時間足で見るか」

という問題もあります。

 

5分足や15分足などの短期足で売り買いの目線を

切り替えても、切り替えた目線はまたすぐ変わるので

15分足で判断してはいけません。

 

カニトレーダー手法を使いトレンド転換を見極めるには

日足・4時間足で直前の安値を更新すると、

 

短期足(15分足で)ダウントレンド

が発生した条件を確認します。

 

複数の足でサインが発生しますが

1時間足ではレンジ相場だけど、4時間足では

トレンド相場など違いがある場合

 

チャートの時系列によって「トレンド相場」か

「レンジ相場」かが変わってしまう場面もあり

 

基準を持ってトレンド転換を判断するので

ルール自体は自分で使いやすいものを選び

スタンスを決める必要があります。

 

トレテンワールドFXの投資ロジックに合った

トレンド転換で出現するパターンを判断するには

 

ヘッド&ショルダーが発生するとトレンドの転換、

初動でエントリーできる確率が上がります

 

エントリーのタイミングを取るよりも、

日足・4時間足での環境認識が大切です。

 

トレテンワールドFXのEAロジックを検証

カニトレーダーが伝える資金管理の学び方

※トレテン以外のカニトレーダーツールでも実践できます。

 

トレテンワールドFXの自動売買(EA)を

検証すると相場の環境がカニトレーダーが

 

伝えている相場と一致した

ポイントで行えいるか気になりますが

 

自動売買(EA)ロジックはエントリー時に

OCO注文を入れ決済のポイントも同時に設定します。

 

チャート上に表示されるローソク足は

1時間足を利用し2つのサインがチャート上に

表示された後にエントリーを行います。

 

サインはトレンド転換のポイントで表示される

矢印サインは頻繁に発生するものではないので

 

EA化されているロジックを設定し

エントリーポイントが現れる相場が

発生した場合のみトレードを行います。

 

トレテンワールドFXのエントリーポイント

※トレテンではEAロジックを設定しポイントを表示させる

 

トレテンのルールの中には

 

リスクリワード1:1の比率なので

トレードルールとして

 

利益確定、もしくは損切りが

5pips以下になる場面では見送る場合があり

 

利幅が狭いため、エントリーしても

プラスが少ないデメリットがありますが

 

利益確定(損切り)は最大○ポイント以上

離す設定上のルールです。

 

1回のトレードでプラスの幅を大きく取る

実践を基本としたトレンド転換のみを狙う

トレードがオリジナルになります。

 

トレンド転換を狙うという

カニトレーダー手法は

 

大陽線や大陰線などのローソク足の大きさや

パターンを利用するロジックに特徴があり

 

1時間足を利用するというサインの頻度と

トレードのバランスが適度にとれるツールですが

 

自動売買(EA)の場合は

サインが出るとエントリーを行い利益確定と損切りを

入力すれば1日のトレードは終了です。

 

トレテンワールドFXのメリット

※トレテンを利用するメリットを説明している

 

トレテンワールドFXでは

 

サインが出たらエントリーし同時にOCO注文で

利確と損切りを設定するだけで済むので

 

裁量判断がわからない初心者でも

EAロジックで簡単に始められる要望に応え

 

電話サポートやメールサポート、さらには

出張サポートもあり初心者が始めやすい内容ですが

 

手法を使いツールで実際に稼げるかは

インジケーターの性能とトレード成績が全てです。

 

自動売買はエントリーの設定やルールで

チャンスが訪れる回数も変わるので

仕組みに合った実践が懸命です。

 

(トレテンワールドFXとカニトレーダー手法の続きはコチラ

 

下記の画像をクリックすると、トレテンワールドFXで行う

EAロジックの特徴カニトレーダーの実績がわかります

 

トレテンワールドFXの内容がわかる画像

”トレテンワールドFX”公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

トレテンワールドFXの自動売買を検証|ロジック,ツールの評判


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

お問い合わせはコチラ

有益な投資情報をブログ配信

有益な情報を配信

現在のオンラインユーザー

  • 712099総閲覧数:
  • 1560先週の閲覧数:
  • 4740月別閲覧数:
  • 318322総訪問者数:
  • 3546月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

メルマガでブログ商材配信

メールマガジン配信画像