フレームトレードFXの手法を検証 |フレームチャートの評価,評判

チャートをフレームに分け推測するFXとは

 

FXトレードを行うためにチャートを開いた後は

相場を観察し環境をわかる裁量判断と

 

長期間負け越さないトレードを続けるために

チャンスが発生すれば実践するという

 

フレームトレードFXの投資手法とは

売買のポイントを絞り価格の通り道をフレームに当てはめ

その後の相場の推測をパターンに分け行うというものです。

 

フレームトレードFXのバナー

”フレームトレードFX”公式サイトはコチラ”

 

フレームトレードFXで行うトレードとは

トレンドが発生する前のローソク足の動きをフレーム内の

移動に当てはめ行うトレンドフォローが中心の投資手法です。

 

トレンドの発生をフレームで判断する

フレームトレードFXでは売買を行う相場で形成された

チャートの形状を16のフレームに当てはめ

 

進行する相場を上下、左右4つずつのフレームに分け

ローソク足がどのフレームを通るかで売買の判断を行います。

 

フレームトレードFXの16フレーム

 

フレームトレードFXのロジックが一致する相場が

どのくらいあり、インジケーターの勝率と一致した

トレードができるかという評価・評判が気になりますが

 

インジケーターの評判とフレームトレードFXで

実践できる相場が1ヶ月にどのくらいの頻度で発生するのか

を検証したいと思います。

 

フレームトレードFXの実践ポイントを動画で説明

※フレームトレードFXでは環境によりエントリーと決済のポイントが変わります。

 

フレームトレードという新しいチャートの区分けて

推測するフレームチャートFXのトレード手法は

 

デイトレードを行う相場の環境を16のフレームに分け

一般のインジケーターではローソク足の形成で推測する

ポイントだけで間違えてしまうという原因

 

フレームという数分で形成される相場の波を

推測するためにゾーンを色で分けるので

 

環境認識を大きな視点で確認できるという

インジケーターです。

 

フレームトレードFXでは

条件が揃ったフレーム内でサインが発生した場合は

すぐにエントリーを行えばその後、条件と同じ方向に

 

相場が伸びるので状況に合わせルールを

当てはめ決済を行います。

 

すべての通貨ペアに当てはめ実践できますが

フレームが条件にあった相場は1日数十回は発生するので

 

条件が発生している相場のみでトレードを行えば

初心者でも実践で資産が運用できる仕組みです。

 

フレームトレードFXのアラート

 

色分けされたゾーンが薄い場合は確率が低いので

形成された相場の環境認識とゾーン内のフレームの色で

状況を判断すると確率は上がりますが

 

アラートで条件に一致したフレームが形成されている

場面でメールが送られる機能もあるので

 

チャートに張り付かず適切な環境のみ相場を

確認できるツールです。

 

フレームを表示させるツールのロジックは

トレンドフォローが中心の投資手法なので

 

セットになっている動画を使い適切な相場の判断を

自分で実践を行い身に付け資産の増やし方も

トレードを続けながら学べる投資商材です。

 

フレームトレードFXの売りフレームチャート

 

フレームトレードFXでは

ローソク足が通ったフレームを色分けし

その後の相場を判断しますが

 

すべての時間足に対応していて

上下4つのフレームの通り方でその後の相場の

大きさや期間などを推測し

 

フレームをパターン化するので色分けされた表示のみの売買を

条件に合わせ初心者でも手法を使い簡単に行えます。

 

フレームトレードFXで行う資産運用の仕組み

 

フレームトレードFXではオリジナルの

パーフェクトフレームツールというものを

 

チャート上に設定しローソク足の動きをチャートで

推測できるように表示されますが

 

一般のトレードでは相場が適切でない場合

自分の判断でトレードを行い負けてしまい

多くの人は自信を無くしてしまいます。

 

負けてしまう原因である

チャート上の相場をローソク足やサインのみで

判断してしまうという環境認識の間違え

 

フレームトレードFXで表示されたチャートでは

チャートの動きをフレームに当てはめチャート推測時の判断が

適切であれば勝てる相場のみを選べるので資産がプラスになり

 

実践を続けながらトレードの知識や経験をセットで学べるので

期間を通して資産を数千倍に増やす仕組みを学びます。

 

フレームトレードFXの売買のタイミング

 

推奨時間は15分足ですがすべてのトレードに当てはまる

フレームチャートなので自分のライフスタイルに合わせ

 

好みのトレードを選べますが、決済はルールに当てはまる

ポイントで行うのでトレード期間は相場によって違います。

 

フレームトレードFXを使い数年で資産を数千倍に増やすという

運用方法の基本はフレームチャートを使い環境にあった

 

トレードを自分で実践しながらセットになっているFXの理論と

実践ポイントを動画で学び無理な相場では何もせず

 

適切な相場のみ実践し勝率の高いトレードを行えば

相場の環境認識と動画の理論で伝えているポイントが

身に付き運用方法も学べるという投資商材です。

 

フレームトレードFXのインジケーターで

実践を行い環境の違いに合った判断を自分で

できるようになれば資産は増えていきますが

 

元本を数十倍、数百倍と増やすにはルールに従った

運用で増えた資産に合わせ実践を行う金額や

レバレッジを掛けたトレードが必要になります。

 

フレームトレードFXのポータルサイト

 

ポータルサイトの動画の中には

資金管理の重要性について動画で伝えている内容もあり

 

増えていった資産をどのようにトレードすれば

数千倍の資産に増やせるかという運用方法と手法を

期間を掛け身に付ければよいかが分かります。

 

フレームトレードFXでは

EAの資産運用が可能で設定後のEAのみで運用もできますが

インジケーターのロジックに合った設定を行うためには

 

フレームトレードFXのトレードを実践しロジックを

理解した後に設定し相場を検証する必要があります。

 

フレームトレードFXの基本はデイトレードで

数時間で判断するトレード手法がメインですが

 

相場の環境により形成されるフレームの

パターン後の推移は違います。

 

フレームトレードFXでは決済を判断するルールがあり

形成される相場に合わせ行うという仕組みなので

環境に合わせ獲得できるpipsを自分で判断する必要があります。

 

フレームトレードFXのゾーンの見方とルール

フレームトレードFXの理論とロジックを解説

※フレームトレードFXの売買をパターンに分け説明しています

・販売業者:クロスリテイリング株式会社
・販売者: 工藤 総一郎
・所在地:〒130-0013 東京都墨田区錦糸町1-2-1アルカセントラル12F
・電話番号:03-5244-5377
・販売価格:198000

 

フレームトレードFXではフレームを16のマスに分け

枠の中でトレンドの判断を行います。

 

フレームで表示されている期間内で条件に一致した位置で

ローソク足が移動すればフレームトレードFXでは

売買が行える状況ですが、

 

フレーム内に表示される色分けされたゾーンは薄い場合は

確率が弱く濃くなれば確率は上がります。

 

フレームトレードFXのフレーム内の色分け

 

推奨時間は15分足を使いますが上位時間の

トレンド方向なども一致しているような相場では

 

濃い色で上昇、下降を示すフレームが表示され

確率が高い相場が一目でわかり

 

グレーの場合はトレードを行わないという表示なので

ゾーンの色分けで相場の判断が簡単に行えます。

 

1日のエントリーポイントは平均10〜15回程あり

チャート上に形成されたローソク足が

 

フレームの中で推移している段階でフレームの色が変わるので

チャートを開いていればすぐに判断できる仕組みですが

 

フレームトレードFXのフレームには

ルールに沿ったパターンがあり売買の判断は

 

フレームトレードFXの売りのパターン

 

売りの場合

フレームの1番左のマスが上2つが売りになり

2番目のフレームはどこを通ってもよいのですが

 

3番目が下の2つが売りになり

4番目のフレームは真ん中の2つのどちらかを通れば

条件を満たしているので

 

エントリーポイントを待ちエントリーという

順序でトレードを行います。

 

フレームトレードFXの買いのパターン

 

買いの場合は

1番目のフレームは下2つを通り

2番目はどこでもよい

 

3番目のフレームでは上2つが買いになり

4番目は真ん中の2つどちらかを通れば

買いの条件を満たしています

 

フレームトレードFXのエントリーと

決済のルールを説明すると

 

エントリーのルールは

フレーム内の移動が条件に当てはまり

 

フレームを抜けた後で条件と同じ方向にエントリーを

行えば問題はないのですが

 

相場によりエントリーのポイントを待ち行う場合や

サインツールのサインがフレーム内で発生する場合もあるので

 

実践を行いながらセットになっているフレームトレードFXの

環境認識をわかり判断する必要があります。

 

決済のルールは

フレーム内の相場はレンジ(ボックス)相場になるので

 

この段階で売買の一番上と下になる基準にラインを引き

このラインを基準に決済のポイントを判断します。

 

フレームチャートの表示はすべての時間足に対応していますが

5分足の場合はフレームチャートの推移で条件が変わるので

 

チャートを確認し条件が揃うフレームを見逃さずエントリーの

タイミングを計るためにチャートを見る時間が必要になります。

 

フレームトレードFXの条件後の推測

 

長時間足の場合は、フレームの条件が揃いつつある場合

時間を見計らってフレームチャートを見直し

エントリーを行います。

 

フレームトレードFXのポータルサイトでは

ツールの使い方についてマニュアルで説明がありますが

 

相場を形成するチャートパターンで

トレードの手順を説明しているので

 

形成される相場の仕組みを自分で判断し、

時間足の違いでフレームチャートのポイントを

マニュアルに従いエントリーを行います。

 

フレームトレードFXでは

相場を条件に合わせエントリーのタイミングを判断しますが

 

トレンドフォローの仕組みを動画で学び状況に合わせ

時間足の選び方や見方を覚え実践を行うという仕組みです。

 

フレームチャートの利用方法と評価,評判

フレームチャートの色分けされたゾーンと売買の仕組み

※フレームトレードFXのゾーン内の色が薄い相場ではトレンドの推測が必要

 

一般のインジケーターではローソク足の形成やサインの

確認時に点で判断しますがフレームトレードFXでは

 

フレームが面になっているので騙しサインやローソク足の

動きで間違えてしまうような場面でも回避できる仕組みです。

 

フレームチャートは相場が動くと

ローソク足と並行して推移するので

 

数十分前はフレームが色分けされていたが

現在は条件が揃っていないという場面に変わる場合もあります。

 

フレームトレードFXノグレーフレーム

 

ルールに合ったフレームをローソク足が通った後

エントリー後にレンジなどの相場が続く場合がありますが

 

数時間経った後に相場が動きエントリー通りにトレンドが

形成される場合もあるので相場の環境を適切に判断し

 

すぐに動かない場合でも

焦らずチャートを確認する必要があります。

 

フレームに当てはまる相場が発生する直前にアラートでサインの

発生を配信するという仕組みもありますが

 

フレームトレードFXのルールに当てはまる相場を理解するまでは

実践するための練習をチャートを開き手法を学びます。

 

フレームチャートFXでは

条件に一致したフレーム内をローソク足が通過後

ラインを引き判断を行う場合もありますが

 

必要なラインはフレームチャート上のレジサポライン、

トレンドの傾向で判断するトレンドラインの2つで

 

ポータルサイト内にある実践動画の中には

相場の環境に合わせた

 

ラインの引き方とエントリーから決済までのラインの見方も

説明がありますがチャート内で右上に表示される

 

短時間と長時間足で場の傾向が同じだとトレンドが

発生した後も続く傾向が高いという

 

マルチタイムフレーム分析もセットになっているので

トレンドの傾向を自分で推測できると大きなpipsを獲得できます。

 

フレームトレードFXのマルチタイム分析

 

フレームトレードFXは今までの

インジケーターより少し高いのですが

 

初心者でもフレームチャートを使えば

トレードを行わない相場や売買の判断が正確に行え

 

すべての通貨ペアと時間足に対応しているので

時間に合ったトレードをフレームチャートに合わせ

簡単に行えるというメリット分、価格が高いようです。

 

フレームチャートFXの評価・評判を伝えると

ツールの仕組みと精度は問題がないようなのですが

 

時間足に合わせフレームチャートを開きエントリーを行う

タイミングとトレードの頻度など適切な仕組みで実践を行い

身に付けられるかどうかは個人差があります。

 

購入を考えているユーザーの口コミや実践を検証すると

実践を行う個人の経験やトレードできる時間と環境により

獲得できるpipsや身に付く経験も違うという仕組みなので

 

価格以上の価値を活かせるフレームトレードFXで

必要な知識と経験を自分で身に付ければ元本を

大きく増やせるインジケーターだという評価・評判です。

 

フレームトレードFXで必要な実践手法を検証

フレームトレードFXを実践し相場の分析方法を解説

※フレームトレードFXのフレームは相場の環境に合わせ形が変わります

 

フレームトレードFXでは資産を数千倍に

増やす運用をトレード実践するために

 

ポイントはフレームに当てはめたトレードを繰り返し

レバレッジを掛けた実践で少ない資金を大幅に増やしていきます。

 

フレームトレードFXでは1日のトレード回数が数十回と

少ないので条件にあったトレンドが発生する相場を推測し

 

チャートを開くタイミングや時間帯を絞り

トレンドを判断できる裁量知識があれば、

 

エントリー時の勝率が高いポイントや

(時間足やトレンドの大きさを推測したエントリー)

 

回数も的確に判断でき時間足に合った

トレード手法を自分で実践できますが

 

そのためには条件に合ったフレームが発生する相場を

短期間の足と長時間足で推測できる知識と経験が必要です。

 

フレームトレードFXの通貨ペアチャート

 

フレームトレードFXでは

すべての通貨ペアと時間足に対応しているので

 

条件に当てはまる通貨ペアや時間足は

すべて色で分けられ表示されますが

 

条件が揃ったエントリー後の相場の形成は違うので

pipsの幅も違い相場の推測ができるエントリーを行えれば

フレームで区切られた決済ライン以外でも

 

(トレンドがさらに伸びる)相場でpipsを大幅に

獲得できるトレードを行えます。

 

フレームトレードFXの

推奨時間15分足でのフレーム形成は1つのボックスを

ローソク足が形成するまでに3時間はかかりますので

 

条件が確認できる相場でチャートを開く

という判断が重要になります。

 

実践手法で必要になるポイントは

通貨ペアや時間足は色分けされたフレームで

表示されるので簡単にポイントが判断できるのですが

 

エントリーと決済の判断は相場により違うので

形成されるローソク足の波やトレンドの大きさで違います。

 

フレームトレードFXの決済ライン

 

16分割されたフレームの最上部と最下部のラインが

レジサポラインになるように

 

相場のボラティリティに対しフレームの形が

変わり対応するという仕組みになっていて

 

条件に一致したフレームが発生後の

レジサポラインの位置を間違えずに相場がラインに

触れると決済を行います。

 

相場を形成するボラティリティの

大きさで条件が一致した後の相場が動かない場面でも

 

その後の相場形成で1つのフレームを過ぎた後に

条件方向に相場が動く場合もあります。

 

相場の状況は常に変わり

色が薄い相場では確率が落ちる仕組みなので

 

フレームトレードFXのロジックをわかりその後の相場の

形成を推測したエントリーと決済が必要になります。

 

フレームトレードFXでは

初心者でも簡単に相場の判断ができる

フレームチャートと伝えられていますが

 

相場を形成する波や環境の違いでフレームが色分けされた

ゾーン内でもラインなどの判断が必要な場面もあり

 

適切なロジックに合った相場を選び実践するために

環境に一致したラインの判断を身に付ける必要があります。

 

下記の画像をクリックすると、フレームトレードFXで行う

フレームチャートの仕組みトレード手法の特徴がわかります。

 

フレームトレードFXのメルマガ登録画像

 ”フレームトレードFX”公式サイトはコチラ”

 

   無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いいたします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックすると利用できます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookで情報をシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

フレームトレードFXの手法を検証|フレームチャートの評価,評判


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントは受け付けておりません