チャート分析の種類や使い方でトレード根拠を明確にするには

   2021年06月18日 FX BO:基礎知識, 商材のチャート分析, 投資ロジックを分析

チャート分析で必要な値動きとパターンとは

 

チャート分析で基本になる確認は相場を形成した

過去のチャートパターンと値動きがわかる

 

ラインやインジケーターで表示された基準を明確に

絞り分析するためのインジケーター指標の把握ですが

 

初心者から実践を行なっている方まで幅広く

トレードで利用されている

 

過去の値動きを指標の組み合わせで正確に把握できる

種類と設定で根拠を明確にする方法を説明します。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のバナー

※チャート分析ができるインジケーターの種類や設定を説明します

 

トレードで必要になるインジケーターは

環境をローソク足で推測するために必要なツールですが

 

チャートに指標をセットし設定で表示を変え

テクニカル分析で値動きの波を推測します。

 

基本は指標を1~2つに絞り自分で実践する

トレードに合わせ適切なものを選び

 

値動きを視覚的に分かりやすく

正確に把握できるという役割があります。

 

チャート分析でオススメの設定と種類の2種類の指標

※インジケーター設定は2種類の基本になる指標でチャート分析する

 

過去のチャートには値動きのパターンがあり

実践を行う前に今まで形成されていた相場の確認し

 

自分が選んだ専用ツールのロジックを推測するために

為替や株のレートとして見やすく現したものです

 

パターンの推測は現在の値動きを推測する

チャートリーディングにつながり

 

未来の値動きを過去のパターンから推測し

実践トレードを行います。

 

チャートパターンは

決まった種類と見方に分けられ

 

相場を形成する値動きの違いにより

同じように現在の相場が動く訳ではありませんが

 

当てはまる相場を形成している場合は

 

今まで形成されていた環境に近い状況なので

推測が当たる可能性は高いというものです。

 

推測する値動きは相場の反転やどの程度の

値幅で推移するかなど幅広く環境を分析できますが

 

インジケーターの設定で

トレンドやレンジの違い、時間足、通貨ペアなど

必要な指標を組み合わせる仕組みです。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のチャートパターンとライン

※ラインを引いた相場でパターンを判断しチャート分析を行う

 

チャート分析で”おすすめ”の方法は

表示された相場の波はローソク足で現わされますが

 

トレンドラインやレジサポラインという線を自分で引き

チャートパターンや売買のタイミングを確認します。

 

パターンが形成される前のトレンドが推測できれば

現在の値動きの分析や予測の精度も上がり

 

形成されたチャートの値動きを確認できるので

無理な相場で実践してしまう間違えが減り

トレード勝率は上がります。

 

MT4インジケーターの指標を選び

基本設定を行うには

 

自分のトレードに合わせ適切な指標を選び

組み合わせる必要があります。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のインジケーター設定

※インジケーターの設定は指標の違いで環境を判断します

 

インジケーターの設定で過去相場で発生した

値動きをテクニカル分析で推測しますが

 

基本の設定がわかると一般のトレーダーと同じラインを

引けるので実践の判断を間違えずに推測でき

 

指標の種類をわかれば相場の違いにより更に正確な

組み合わせで環境認識できる仕組みです。

 

チャートパターンの把握が必要な理由

 

チャート分析が必要な理由は

為替や株価の情報が反映され価格の動きで

 

トレンド形成がサイクルする、過去の値動きの

結果が繰り返されるなど

 

為替や株価には経済や政治,市場などの要因で

値動きの変化がチャートに反映されるので

 

相場が動く値動きの仕組みは

トレンドという上下に発生する一定の方向性を

大きな期間で判断するとサイクルになっていて

 

このサイクルが繰り返され

トレードを行なっている投資家が

 

同じようなポイントで同じ行動をとる結果、

推測通りの相場を形成したと予測できる

環境を判断するために利用します

 

チャート分析でオススメの設定と種類のチャートパターン

※指標はおすすめ設定の組み合わせでわかります

 

形成される相場は同じようなパターンを

描く場合があるので

 

基本はチャートパターンに当てはめ

過去の相場か分析し現在の環境を推測します。

 

テクニカル分析と別で

ファンダメンタル分析の2つがあり

 

企業や為替の期待や成長を分析し

環境を推測する方法もありますが

 

どちらも自分の資産を運用し

投資した結果、資産を増やします。

 

株式などではファンダメンタル要因で銘柄を選び

チャートの値動きを判断し

 

為替の場合は景気の動向で上昇、下降を

推測するために2つの分析を合わせ認識します。

 

チャートパターンを分析し環境を認識する方法

 

※チャート分析をラインを引きパターンに当てはめ推測する

 

パターンの種類でトレンド転換や初動を

推測する表示がチャート分析の基本ですが

チャートパターンの形成後

 

為替レートがどのくらい上昇、下降するか

という推測ができるので

 

現状の相場の波の大きさや傾きの傾向で

今後大きく値動きのある

 

ポイントを絞るためにパターンとラインを使い

エントリーと決済を判断します。

 

ローソク足の形成で判断するので

専用のツールのロジックに一致するような

 

定期的なローソク足の形などを

気にせずに値動きの方向に対し判断できるので

相場の環境を適切に推測できますが

 

実践できない相場もあり

根拠を明確にするためには

 

レジサポラインを引きトレンドが続くのか転換なのか

現在の環境の変化を判断する必要があります

 

チャート分析でオススメの設定と種類のダブルボトム

※レジサポラインを基準にパターンを分析できる場合もある

 

パターンの把握が必要な理由は

 

環境認識で当てはまる相場であれば

トレンドの継続や反転のポイントに一致した

トレードを実践できるというメリットがあり

 

基本設定で表示させた

指標とラインを活し分析すると

 

適切でない相場が続いたとしても

過去チャートをパターンに当てはめるので

 

分析する場合は適切な相場の形成が

判断できるように実践後の結果を検証します。

 

インジケーターの種類を選び設定する基本

 

チャート分析を行うためには

基本の指標を設定し環境を確認する方法が

一般的ですが

 

基本になる指標は

 

移動平均線,一目均衡表,MACD,

ボリンジャーバンドなど

 

トレンド系とオシレーター系の指標を

インジケーターに組み合わせる方法が基本です。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のMT4ダウンロード

※MT4インジケーターはメタトレーダー専用サイトからダウンロードする

 

MT4インジケーターで設定を行うには

まずはインターネット上でMT4をダウンロードし

 

インストールを行いXM trading MT4で

自分の口座を開設しアカウントを作成します。

 

講座を開設後、表示されるチャートは

緑色のバーが表示されたものが現れます。

 

設定はアイコンの中からローソク足を選び

形成される値動きがわかるように表示させ

 

時間足なども自分で行うトレードに合った

時間足を設定し通貨ペアがわかるように

チャートを分割します。

 

MT4インジケーターは

50種類の指標が搭載されているので

 

自分の行うトレードに合った指標を

組み合わせチャート上に表示させ

 

トレードに一致する指標の設定を行った後は

パラメーターを入力し保存します。

 

チャート分析でオススメの設定と種類の指標設定

※50種類の中から自分のトレードに必要な指標を選ぶ

 

トレードを行う業者により環境を判断するチャートが

違う場合がありますが分析できる設定の基本は

 

MT4インジケーターの中の指標の種類は

50種類以上あり複数の設定ができるので

 

自分で選んだトレードに合わせ

環境がわかる指標をセットします。

 

チャートを開くと設定を変更できる

アイコンが表示され

 

大きくトレンド系とオシレーター系の指標に

区分けされた設定ができるようになっていて

 

水平線やピボット,トレンドラインを

引くという機能もあり

 

自分の実践に必要な指標を設定後、

 

過去チャートにラインを引き分析し

エントリーポイントの根拠を明確にします。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のMT4ウインドウ

※チャートウィンドウとサブウィンドウが一致するポイントを分析

 

インジケーター設定は

 

ローソク足のみの表示だけでは

分かりづらいので指標やラインを設定後

 

トレンドの方向や値動きの大きさなどから

現在の環境がどのように変わるかを判断するものです。

 

専用のサインツールなどを

セットした後、

 

売買シグナルのみで判断できないような

相場でも根拠を推測できるように表示させるので

 

複数の指標を設定する場合は自分の選んだトレードに

必要なポイントがわかる指標のみ表示させます。

 

チャート分析できる基本の組み合わせを説明

 

”おすすめ”のインジケーター設定は

大きく分けるとトレンド系とオシレーター系の

2種類になります

 

インジケーターの指標は組み合わせると

 

自分の行なっているトレードで分析が必要な

ポイントをより正確に絞れますが

 

相場の環境で為替や株の

買われすぎ売られすぎを表すオシレーター系と

 

相場の値動きでトレンドが上昇、下降するか

を表示するトレンド系のインジケーターが主流です。

 

自作のインジケーターや

カスタム設定できる便利なツールは色々ありますが

 

環境認識を行う場合は主流になる2種類を

組み合わせて売買のタイミングを推測します。

 

インジケーターに指標を設定する基本を解説

※チャート上の指標で環境の推移を分析します

 

”おすすめ”のインジケーター設定は

 

トレンド系とオシレーター系の

2種類の指標をセットし

 

1つのインジケーターでは対応できない

環境をフォローできるように

2種類の指標を選び表示します。

 

インジケーターに2種類のポイントがわかる

指標をセットした後は

 

トレンド系の指標で現在のトレンドが

どの程度続くかを予測し

 

オシレーター系の指標でトレンドが

転換されるポイントを推測できるので

 

2つの指標の一致や乖離で現在の値動きの

推移を確認し環境認識を行います。

 

自分のトレードに合わせチャート分析ができる

トレンド系とオシレーター系で”おすすめ”の組み合わせは

 

 

ボリンジャーバンドとRSI

チャート分析でオススメの設定と種類のBBとRSIの組み合わせ

 

ボリンジャーバンドとRSIの組み合わせはトレンドを

把握するために設定する指標ですが

 

ボリンジャーバンドが広がるポイントと

RSIが上昇,下降の傾向で

 

トレンドの方向が一致した場合

実践の根拠が明確な場面で利用します

 

トレンドの方向に合わせオシレーターで買われすぎ、

売られすぎを推測する組み合わせ。

 

 

移動平均線とストキャスティクスとMACD

チャート分析でオススメの設定と種類のストキャスとMACDの組み合わせ

 

ストキャスティクスとMACDは

オシレーター系の指標ですが

移動平均線でトレンドの大きさを把握した後、

 

ストキャスティクスで上昇、

下降の転換点を確認し

 

MACDを使い現在の相場が買いなのか

売りなのか傾向を合わせ推測します。

 

移動平均線のみではわからないトレンドの傾向を

相場の天底と売買の大きさがわかる指標を合わせ

 

ストキャスティクスの大きな動きを

MACDを使い継続的な方向を判断します。

 

 

一目均衡表とADX

チャート分析でオススメの設定と種類の一目均衡表とADX

 

一目均衡表はチャートの値動きより

上か下に形成された雲を見てトレンドの傾向と

エントリーを推測する指標ですが

 

ADXの傾きでトレンドの強弱をわかり

実践の判断を行います

 

一目均衡表でトレンドの転換点や継続を判断しADXの

上昇,下降で売買基準を判断しポイントを絞ります。

 

ローソク足が一目均衡表の雲を抜けるような位置で

ADXの傾きを確認しエントリーと決済を判断します

 

 

などが”おすすめ”の組み合わせですが

 

自分の選んだトレードに適した

実践ポイントの根拠を明確にできる相性のよい

組み合わせを考える必要があります

 

チャート分析でオススメの設定と種類の売買ルール

※2種類の指標を設定後,売買ルールを自分で決め環境を分析します

 

自分の選んだトレード手法に一致する

2つの指標の組み合わせは

 

サインツールの騙しサイン判断やエントリー時の

環境認識で精度を上げるために設定しますが

 

チャート上でサインが発生した場合でも

組み合わせで環境認識するためには

 

トレンド,レンジ相場に対応できる

テクニカル指標の売買ルールを作り

 

損切りや利食いの位置にラインを設定し判断すると

勝率の高いトレードを継続し資産を増やせます。

 

組み合わせを検証し効果的な

使い方を考えるためには

 

売買ルールを決めた後はトレンドの継続や

大きな値動きで利益を得るために設定を変えるのですが

 

環境が悪い場合は指標やパラメーターを変えず

通貨ペアを変え自分の決めた売買ルールで実践します。

 

設定ではサインツールを表示させる場合も

あるのでトレード根拠がわかる

 

MT4インジケーターの設定で

サインの精度を上げる方法をまとめました

(サインツールで勝率が上がるインジケーターの使い方)

 

サインツールを設定したチャート分析の違い

 

インジケーターの基本設定で

チャート分析できる組み合わせを行なった後は、

 

今まで実践していたトレードで

利用しているサインツールなどで

 

表示された指標を合わせ実践ポイントを

絞る必要がありますが

 

有料のサインツールを設定している場合は

 

トレード環境に一致したロジックが機能し

サインが表示される仕組みなので

 

表示されたサインがツールのロジックに

一致しているか確認した後、実践を判断します。

 

チャート分析でオススメの設定と種類の指標の違い

※インジケーター設定は上記の2種類を設定します

 

トレンド系とオシレーター系の指標をセットした

インジケーターとサインツールのロジックを合わせると

 

チャート上の環境で自分のトレードに一致した場面で

売買の判断ができるはずですが

 

自分で選んだサインツールのロジックに一致した

指標をセットし時間足や通貨ペアを確認しても

 

トレードできない環境が

続いている場合は実践は出来ません。

 

サインツールの表示は

 

相場の環境がツールのロジックに一致する

サインを自分で選び推測しますが

 

トレードの違いでチャートパターンや

ラインを設定できる主なFXサインツールは

以下のようなものがあります。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のカスタムツール

※オリジナル分析ツールは専用のサインを表示させるものです

 

 

有名な開発者がサポートしてくれ

独自の手法とトレードルールを基本に

 

チャートパターンとラインで

短期間のトレードを繰り返すサインツール

(”おすすめ”スキャルピング対応サインツール参照)

 

 

オリジナルチャートをインジケーターに設定し

トレンド系とオシレーター系の指標もオリジナルで表示され

 

ツールに一致したロジックで

エントリータイミングを推測するサインツール

(デイトレ専用インジケーター”おすすめ”ツール参照)

 

 

チャート上のパターンをマニュアルや

コミュニティーで学びながら

 

値動きの推測を長期間のルールに当てはめた

指標で実践するサインツール

(スイングトレード対応”おすすめ”インジケーター参照)

 

 

色々な違いがサインツールにはありますが

ツールのロジックやルールのみで実践する場合もあり

 

ほとんどの場合、ツール専用のサイトを利用し

MT4にインジケーターの設定後は

 

独自のロジックを実践しながらサポートを使い

確認するという場合が大半です。

 

チャート分析でオススメの設定と種類の指標とサイン

※インジケーターの種類はトレンドを推測できるように設定する

 

オリジナルのサインツールは相場の一部分を分析するために

わかりやすく表示しますがロジックに一致した相場を

 

MT4インジケーター内の指標で表示させると

全体の相場の変化が正確にわかるので

 

環境の変化とエントリーや決済の根拠が

更に推測できるようになります。

 

チャート分析できる設定を活かした実践とは

 

インジケーターの基本設定とサインツールの

ロジックを活かし今までよりも正確

に環境認識を行うためには

 

サインツール専用のロジックに一致した場面を

チャートを開いた時に推測できる分析が求められます。

 

チャート上の相場に直近の高値,安値を基準に

ラインを引き傾向を推測するような場合は

 

ロジックに一致したポイントまで値動きの推移を

確認しながら実践を待つという形になりますが

 

時間足など全ての通貨ペアに

共通するラインや指標は

 

相場のサイクルを長期間で判断できるので傾向

が一致するような通貨ペアを選び

 

相場が変わるサイクルを時間に当てはめ

トレンドの傾向が変わる時間を推測し

 

初動や転換が発生するような時間の少し前に

チャートを開らきポイントが訪れるまで待ちます。

 

チャート分析でオススメの設定と種類のテクニカルとファンダメンタル要因

※テクニカル分析と環境要因で相場の形成を分析します

 

専用のサインツールのロジックが

メインになるので

 

チャート上に表示される

サインや値動きが適切かどうかという

 

根拠を明確にするための1つの要因として

指標や時間足,ラインなどでチャートを分析します。

 

自分の選んだ手法に当てはめますが

中にはトレードの定義や理論で判断するツールもあり

 

初心者の方はチャートを開き

相場の値動きや環境が

 

ファンダメンタルとテクニカル要因で

どのように変わるか推測する方法もあります。

 

チャート分析でオススメの設定と種類の実践的な使い方

※インジケーターの実践的な使い方は選んだトレードで違う

 

基本設定を活かした実践とは

 

チャート分析できる設定は

相場の値動きがサイクルしている

 

チャートパターンを元に現在の値動きが

サインツールのロジックに一致した相場を

形成するかを推測するための

 

トレンドの継続や転換を発見するために

利用するのでインジケーターの

 

売買ルールとロジックを合わせ

更に環境認識の根拠を明確に示し

実践の確率を上げるためのものです。

 

チャート分析でオススメのオンライントレーニング

※インジケーターの基本設定後の分析は多岐にわたる

 

FXは期間や手法の違いで自分の選んだ環境を

正確に推測,分析する必要があります。

 

そのためインジケーターで設定する指標の組み合わせは

環境がわかるために最低限の種類を設定し

 

サインツールのロジックや表示される

矢印を適切に判断するための裁量技術を

身に付けた環境認識が求められます。

 

サインツールのロジックをわかるには

チャートを開き環境を何度も確認し

相場の結果を振り返り要因を検証しますが

 

相場の環境は色々な要因で

全く違う環境に変わるので

 

環境を毎日確認しどのように

相場が変わるかという値動きや要因を

考えるために必要な分析です。

 

下記の画像をクリックすると利益に変わるブログ内

インジケーター分析,比較人気ランキングがわかります

 

FXサイン高勝率MT4の使い方比較、ランキング

サインツール,インジケーターのオススメ人気ランキング

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

チャート分析の種類や使い方でトレード根拠を明確にするには


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 702018総閲覧数:
  • 1226先週の閲覧数:
  • 5703月別閲覧数:
  • 310853総訪問者数:
  • 3917月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: