ダウ理論でFXデイトレ手法のエントリーを絞る使い方を説明

ダウ理論の定義で判断できる相場とは

 

ダウ理論とは全てのテクニカル分析の基本になる相場の値動きを

6 つの原則に分けトレンドが発生している値動きの根拠をわかり

 

ローソク足の価格が高値や安値を更新したタイミングで

売買と決済のポイントを絞るために必要な理論です。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のバナー

※ダウ理論で必要なチャート分析とポイントの絞り方を紹介します

 

ダウ理論は相場の環境認識を行うトレンドの判断で必ず

必要になる原則ですがFXのデイトレ手法でエントリーを絞る

使い方を以下のポイントでまとめたので紹介いたします。

 

・ダウ理論の定義で判断できる相場とはどのようなものか?

・トレンドの発生時に根拠を明確にできるダウ理論の仕組み

・ダウ理論を使った基本のエントリーポイントを説明

・FXデイトレ手法に必要なダウ理論を使ったポイントを絞る方法

・トレード環境で発生するダウ理論のデメリットと注意点

 

というFXデイトレ手法に合ったエントリーに必要な

ダウ理論のポイントと使い方を詳しく説明したいと思います。

 

19世紀の後半にチャールズ・ヘンリー・ダウが

マーケットの値動きを提唱したダウ理論は

 

世界中のトレーダーの基準でローソク足の分析するという

値動きは市場価格(レート)に含まれているのでチャートを

見れば相場の環境が全てわかるというものです。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の6つの原理原則

※ダウ理論で相場を推測するための6つの定義を説明

 

チャート分析の基本になるので相場を形成する値動きが

大きなトレンドの中で小さなトレンドが形成されているという

 

ダウの原理原則を守り大きなトレンドで売買が

どちらで推測すれば良いかという

 

目線を決めた後は中期や小さなトレンドの方向を確認し

一致したポイントでエントリーする仕組みです。

 

チャールズ・ヘンリー・ダウが伝えるダウ理論では

相場で発生しているトレンドを大きく3つに分け

主要(1年)、調整(数ヶ月)、小(3週間未満)で変動する

 

ローソク足の上下の値動きを繰り返し形成される期間で

発生しているトレンドを意識しながらトレードを実践します。

 

ダウ理論で実践するFXチャート分析の基本

※ヘンリーダウが伝えるダウ理論のトレンド継続や転換を解説

 

ダウ理論は相場の値動きはトレンドにより形成されるので

発生しているトレンドを期間や時間軸に分け

 

売買のポイントやエントリー後のシナリオを

推測するための根拠を明確にする原則です。

 

ダウ理論の定義を活かし判断できる相場とは

継続しているトレンドの中で期間や時間足の確認後、

形成しているトレンドの方向やポイントが一致した相場ですが

 

トレンドを判断するための理論なのでチャートを開いた現状の

相場が上昇か下降かトレンドの判断に迷うような場面でも

 

ダウ理論の定義に合わせ相場を判断すると現在の相場で

どちらの方向にトレードしている人が多い(優位性が高い)

分かるようになります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の原理原則

※現状の相場の波をダウ理論の定義に当てはめ推測します

 

ダウ理論は主に長時間足と短時間足で同じ方向に発生している

トレンドを自分が実践しているデイトレ手法の時間足に合わせ

 

短時間足で継続するトレンドを期間で分けられた局面で

見極めポジションを複数持つ又は決済のポイントを

絞るために利用するものなので

 

定義を活かし判断できる相場はトレンドが長時間継続している

大きな期間を短時間の相場に合わせポイントが一致するような

傾向がわかるトレンドが主な実践できる相場になります。

 

トレンドの根拠がわかるダウ理論の仕組み

 

相場で発生するトレンドは大きなトレンドを作る先行投資家が

買い形成する(先行期)、プロ投資家が売買する(追随期)、

 

一般のトレーダーが投資する(利食い期)に分かれ

長期のトレンドを形成するという仕組みなので

 

大きなトレンドを形成する相場のポイントをダウ理論の

原則に当てはめチャートを分析します。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレンド発生期間

※ダウ理論では期間を3つに分けエントリーポイントを考えます

 

ダウ理論の原理原則では相場で発生するトレンドには

局面があり段階に分け転換シグナルが発生するまでは

 

トレンドが継続するので継続しているトレンドを

3つの期間に分けエントリーするポイントを推測します。

 

ダウ理論の定義を使いトレンドの根拠を明確にするには

過去チャートで形成されているトレンドの発生を

確認し定義を満たしたデイトレを実践する相場で

 

ポイントを正確にわかるための見方を当てはめるのですが

現状で発生している相場の波は過去チャートのような

 

トレンドが継続する場合はほとんどないので

ダウ理論の根拠を明確にできる指標や手法を組み合わせ

ポイントをさらに絞ります。

 

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の上昇と下降のトレンド

※安値や高値を更新している状況ではダウ理論の定義を満たしている

 

チャート分析ではMAやMACDなどの指標を合わせ

トレンドフォローを実践する相場のポイントを絞るので

 

ダウ理論を活かすにはチャートを形成するローソク足の値動きを

定義に当てはめ一般のトレーダーが基準にしている

テクニカル分析の基本としてダウ理論を使います。

 

現在トレードを行おうと思っているチャートに

ダウ理論の原則を当てはめトレンドの推測を行いますが

 

ダウ理論の定義は

上昇トレンドでは高値が切り上がり安値も切り上がっている状況

 

下降トレンドでは

安値が切り下がり高値も切り下がっている状況が前提となるので

 

ローソク足の値動きが高値と安値がどのように推移しているか

を確認すればトレンドの終わりや転換の根拠が明確になります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレンド転換シグナル

※安値と高値の定義が崩れるポイントがダウ理論の転換シグナル

 

トレンドの把握でダウ理論を利用する場合は

チャートの安値と高値で変わる陽線と陰線のポイントで

 

どのように継続しているかという定義を確認し

ダウ理論の局面が継続か転換かを見極め

 

相場のボラティリティの強さが適度に低い緩やかな

継続したトレンドではダウ理論でトレンドフォローを

実践できる環境が最適だと判断します。

 

ダウ理論を使ったエントリーの基本を説明

 

ダウ理論の本質はローソク足の値動きでトレンドを形成する方向に

下がっただけ上がり、上がっただけ下がるものなので

 

エントリーポイントを絞るには

トレンド転換でダウ理論の定義通りに相場を分析すると

根拠がわかるポイントをルールに合わせ判断するのですが

 

テクニカル分析の基本になるので

エントリーポイントの根拠を明確にするために

 

他の指標と合わせエリオット波動やグランビルの法則など

値動きを当てはめ推測すると相場が正確にわかり

精度の高いエントリーを行えます。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のエリオット波動

※エリオット波動をダウ理論に当てはめポイントを絞ります

 

ダウ理論の6つの定義の中で経済などの環境で

発生する事象は市場価格に含まれるという

ものがあるのですが

 

トレンドの形成はあらゆるファンダメンタル要因が

反映され市場価格を形成しているので

 

チャート上のローソク足の波は上昇、下降を繰り返し

相場でトレンドが発生している場合は

 

どちらかに高値、安値を更新しながら伸びていくという

仕組みを利用しエントリーを推測します。

 

ダウ理論の定義を使い実践ポイントを解説

※相場の仕組みをダウ理論を使い説明しています

 

ダウ理論で判断するエントリーの基本は

トレンド、長期足、ローソク足の高値、安値で

 

ローソク足の形成は下がっただけ上がり、

上がっただけ下がるという仕組みなので

 

どの波が高値、安値で注目されているかを考えると

決済を行う場面でも重要なポイントがわかります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のZigzagとレジサポライン

※ダウ理論の定義では一般のトレーダー心理で相場を推測する

 

Zigzagを活用するとトレンドの方向が簡単にわかるので

テクニカル分析からエントリーポイントその後の決済までの

 

シナリオをデイトレで実践している手法に当てはめ考えると

長時間足に沿ったリスクの少ないトレードを

転換シグナルに合わせ判断できるようになります。

 

ダウ理論はトレンドフォローを中心に大きなトレンドの中で

発生するエントリーポイントの根拠を明確にするためのものなので

 

相場を形成する方向に合わせ高値、安値をローソク足が

更新した場面がエントリーポイントになります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレンドフォロー

※長期の相場をダウ理論の期間に当てはめエントリーを考える

 

エリオット波動やグランビルの法則などを合わせ

トレンドを形成するローソク足の上下の波動を

ダウ理論の定義である

 

トレンドには3種類の期間があるという仕組みに当てはめ

現在発生しているトレンドがどこまで続くのかという

トレードシナリオを自分で考えながら

 

時間足で発生する波の違いがある場合でも

継続や転換のポイントを定義に合わせ決済します。

 

実践トレードに必要なダウ理論の定義がわかる

チャート分析で必要なインジケーターの設定と種類を

わかりやすくまとめました。

 

興味のある方は下記のリンクをクリックして下さい。

(チャート分析でオススメの設定と種類まとめページ

 

FXデイトレ手法に一致したダウ理論の見方

 

デイトレードは基本的に1日数回のトレードで

ダウ理論の原則を使いトレンドを判断する理論なので

 

時間軸を固定し高値、安値を抜けた後に逆に動く波を

ダウントレンドやアップトレンドの定義で修正波を確認し

 

逆に動く波を見つければ規模や相場の参加者が

どのくらい現在の相場に重点を置いているか分析し

 

トレンドの定義と合わせ高値、安値の切り上げ、下げでポイントが

レジサポラインとして機能する場面でエントリーを考えます。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のレジサポラインでエントリー

※ダウ理論の定義に当てはまる安値、高値にラインを引き推測する

 

下降トレンドの場合レジスタンスラインを

下抜けし戻ってきてサポートラインに接した場面で

エントリーしますが開いたチャートをテクニカル分析後

 

マルチタイムフレーム分析で大きな相場の流れや予測方向に進行を

妨げる抵抗が大きなトレンドに逆らっていないか確認し

 

エントリー後の相場がどのように動くかという

トレードシナリオを立て推測します。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の時間足の見方

※長時間足と短時間足をダウ理論の定義に当てはめ推測する

 

デイトレ手法でダウ理論を活かすには

時間足の違いで発生するトレンドの方向や

ローソク足の大きさの違いを

 

実践するチャートの時間足が5分足でレンジのように

見える相場でも上位足を確認しトレンドの方向がわかる場合は

 

上位足に一致した売買を行えばレンジに見える5分足チャートの

現状の相場でもエントリー後、長時間足の方向で利益に変わる

トレードを実践できる場合があります。

 

時間足が変わればチャートパターンの形成でも

時間がかかるので5分足チャートを凝縮し長時間で

形成されている波を確認する必要があるので

 

長時間足で形成されたチャートパターンは短時間足で形成された

形状より信憑性が高いので上位足のチャートの形状に従い

環境を確認すると勝率の高いトレードを実践できます。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のレンジブレイク

※レンジブレイクなどもダウ理論で上位足を確認し推測する

 

チャートを開いた環境がトレンドが発生していない

レンジや波が大きな相場では長時間足を確認し

 

長期目線でどちらの方向にトレンドが伸びているか

確認しポイントを絞りますがダウ理論では上位足の

トレンドにのる実践がデイトレの基本なので

 

長時間足のトレンドに合わせ5分足チャートの

ローソク足がダウ理論の転換シグナルなどに

当てはまるポイントを確認後エントリーしますが

 

短期足のチャートが長期足の方向と逆に伸びダウ理論の定義も

満たしていない場面では無理なエントリーは行わず

 

ダウ理論の定義を満たし指標やライン、定義などで更に根拠が

明確になった場面でエントリーを行います。

 

デイトレ手法に必要なポイントを絞る方法

 

ダウ理論ではトレンドが発生すると明確なシグナルが

発生するまで継続するという定義があり

 

デイトレ手法のルールに基づきトレンドの終了シグナルが

発生したらポジションを決済します。

 

ダウ理論で伝えている明確なシグナルとは

直近の高値、安値にレジサポラインを引き相場の

トレンドの波で上昇から下降に変わり

 

引かれているレジサポラインをローソク足が抜ける場面を確認後

エントリーしトレンドが終了した時点で決済ですが

 

明確なシグナルはダウ理論の定義を満たす直近の安値や高値を

切り下がるもしくは切り上げる状況になればその場面が

明確なシグナルが発生しているポイントです。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の明確なシグナル

※ダウ理論の転換シグナルは高値、安値のレジサポラインを抜けた場面

 

ダウ理論は全ての時間足に当てはまるのでそれぞれ違う

複数の時間足でチャートを分析すると

 

小さな時間足の中で発生しているトレンドは

大きな時間足の中で発生しているチャートの波の中の一部分で

長時間足の大きな値動きでトレンドを捉えられますが

 

短時間足のチャートは一般のトレーダーの心理で売買が決定する

場面が多くありそのポイントをダウ理論に当てはめます。

 

デイトレ手法でダウ理論に一致したエントリーとは

※相場の値動きをダウ理論に当てはめ推測します

 

ダウ理論は自分が実践を行う相場で同じようにトレードしている

トレーダーの売買を元に形成されている相場を見ているので

 

トレードを始めようと思って開いた現状の相場でも今まで

実践しているトレーダーのポジションで売買が形成されていて

 

トレンドが継続または転換する場合はトレンドの期間に

合わせた局面で今までのトレーダーがポジションを売り

トレードを終了する場面でもあります

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレンド転換シグナル

※高値、安値のラインはダウ理論のシグナルとしてレンジ後でも機能する

 

ダウ理論を活かしポイントを絞るには

トレンドが発生する直前または発生が確認できた直後に

エントリーを考えますが

 

ダウ理論の定義でトレンド転換するシグナルを確認しその後の

値動きが戻るポイントにレジサポラインを引きローソク足が接した

後がエントリーポイントになります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレンドの定義

※ダウ理論の定義は明確なシグナルが発生するまで継続する

 

長時間足のトレンドの方向と短時間足のローソク足の形成が

一致するようなポイントであれば確率も更に上がり

 

ボリンジャーバンドや移動平均線などの指標を組み合わせ

ローソク足の値動きが大きく変わるポイントを推測すると

 

根拠が明確になりダウ理論の定義を満たす明確なシグナルで

エントリーから決済までのポイントを絞りトレードできるので

 

デイトレ手法のルールで損切りのパーセンテージを決め

トータルで勝ち負けを考えられる実践を行えます。

 

トレード環境で発生するダウ理論の注意点

 

ダウ理論はチャート分析を行い環境認識で

トレンドの根拠を明確にするために利用する原則なので

 

エリオット波動などのチャート上で形成される

ローソク足の波を上昇、下降の定義に当てはめ

継続や転換点を絞りエントリーします。

 

トレンドを形成する相場の値動きはエリオット波動のような

上昇と下降を繰り返し起こる転換点でエントリーを考えますが

 

エントリー後のチャートのシナリオを自分で推測するので

相場の値動きの仕組みは多くのトレーダーが売買する値で

上昇や下降の方向が決まります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のレジサポラインと天井と底

※ダウ理論の定義は実践している一般トレーダーの心理でもある

 

FXは安い場面で買い高く売る、

高い場面で売り安く買うが基本の考え方になり

 

上昇トレンドでは押し目買い、下降トレンドでは

戻り売りでエントリーするので

 

トレードの環境を正確に判断するために

ダウ理論の定義に当てはめチャートの値動きが

現在どのような状況にあるか確認し

 

トレンドの根拠を明確にするために

複数の時間足を見て短時間足チャートで発生している

レンジよりの相場で現在の環境を推測する必要があります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方の通貨ペア

※マルチタイムフレーム分析でダウ理論のポイントを絞る場合もある

 

ダウ理論でトレードを実践する場合はトレンド発生時に

トレンドフォローでエントリーすると利益を伸ばしやすいので

 

トレンドがどこまで続くかという推測をトレンドライン

などを引き定義が崩れた場面で決済をします。

 

このような場合

ダウ理論は全ての時間足に当てはまりますが週足や月足では

 

短時間足でトレンドが全く形成されていない相場でも

トレンドが崩れず発生した値動きで推移するので

 

デイトレを実践するダウ理論を使う場面で

判断に迷う相場も色々ありますが

 

ダウ理論を利用する場面での注意点は

相場を大きく捉えトレンドの継続と転換を推測し

 

エントリーを行うので間違えた相場で実践を行う

またはエントリーポイントを間違えトレードすると

 

大きく損失が出るまたはポジションを持った通貨で

マイナスを大きく増やしてしまうので

 

指標の組み合わせや波動論などを利用し

エントリーの根拠を明確にした後で実践を行います。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のデメリットと注意点

※ダウ理論で推測したポイントが外れると大きな損失につながる

 

ダウ理論のデメリットとしては

ダウ理論だけでは根拠が薄いので時間足の確認も

 

マルチタイムフレーム分析で正確に環境を

認識できるようにラインや指標を設定し

 

デイトレに合った自分が実践する

相場の環境を正確に判断できなければ

 

利益が出る相場では無いので

損切りが増え大きく損失を出してしまう

という結果に繋がります。

(”ダウ理論を使ったエントリーを絞るチャート分析”続きはコチラ)

 

下記の画像をクリックするブログの詳細を一覧にしたページ

移動するのでおすすめのトレードやツール別の情報がわかります。

 

ダウ理論でエントリーを絞る使い方のトレードツール比較

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ダウ理論でFXデイトレ手法のエントリーを絞る使い方を説明


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 682833総閲覧数:
  • 1256先週の閲覧数:
  • 3035月別閲覧数:
  • 298634総訪問者数:
  • 1814月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: