移動平均線を使ったFXツールの設定で手法を活かす見方を分析

移動平均線で判断できる基本的な仕組み

 

移動平均線はチャート上に表示されたローソク足の形成を

一定期間の終値で平均価格を基準にした長期的な

相場の傾向を1つの線で表示するテクニカル指標です。

 

チャート上には複数設定できるので時間足の違いを

期間に分け表示させるとトレンドや値動きなどが正確に

判断でき長期的な相場の傾向を推測するために利用します。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のバナー

※移動平均線はトレンドの傾きや方向の基準を判断できます

 

移動平均線(MA)をチャート上に表示させると現在の環境で

トレンドどのように発生しているかが分かりますが

 

今回は移動平均線の基本的な見方とエントリーを以下の

ポイントをまとめたので紹介します。

 

・移動平均線の基本的な仕組みと環境認識とは

・FXツールの設定で必要な移動平均線の種類と使い方

・トレンドやレンジで移動平均線を使いエントリーするには

・FX手法で移動平均線を活かすチャートの見方を説明

・チャート分析で移動平均線を確認するポイントとは

 

という移動平均線の使い方で悩んでいる方にトレードで

重要な見方を分析いたしましたので説明しようと思います。

それではよろしくお願いします。

 

チャート分析で重要になる移動平均線の見方とは

FXなどのトレードを行う場合、

実践で必要な売買サインとして使い

 

ゴールデンクロスやデットクロスという買いと売りの

判断を移動平均線のクロスするポイントで判断する

エントリー手法が有名です。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の短期,中期,長期線

※短期,中期,長期の期間を設定し3本の移動平均線を表示させる

 

短期、中期、長期の3本の移動平均線を表示させると

トレンド相場や押し目、戻り目のポイント、

トレードできない環境などがわかり

 

移動平均線の基準で一般の投資家が保有している

ポジションの推移を把握できる指標ですが

 

相場の環境でトレンドが発生している場合は

右肩上がりや右肩下がりの線で表示され

 

レンジよりの値動きのない場面では横ばいで

表示されるチャート上のラインです。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のローソク足の位置とMA

※移動平均線とローソク足の位置で環境を判断する

 

移動平均線を基準にローソク足が上の場合は

平均より高いので買いを考えているトレーダーが多い

 

下にある場合は平均より安いので売りを考えている

トレーダーが多いという見方で表示されるラインを確認します。

 

移動平均線は終値の平均を線にしているのでチャートで

表示されるまでに時間差があり傾きでトレンドの判断を行うので

 

短期、中期、長期の移動平均線がクロスする場面や

グランビルの法則やエリオット波動などの相場の波が

転換するポイントなどで

 

売買する方向と移動平均線の並びを確認し

チャート上のトレンドの把握や売買サインを

判断するという見方でトレードを実践します。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のローソク足の位置とトレンド強弱

※移動平均線の間隔とローソク足の位置でトレンドの強弱を推測する

 

表示される移動平均線とローソク足の位置で

トレンドの強弱がわかるので

 

グランビルの法則などでMAとローソク足の接点や

ローソク足が抜けるようなポイントが分かると

 

環境認識の精度が上がり大きな利益に変わるトレンドで

トレードできる経験が身に付きます。

 

移動平均線を組み合わせた環境認識とは

 

実践を行うチャートに移動平均線を設定すると

ローソク足の値動きの平均が表示されるので

 

表示される移動平均線を短期、中期、長期で設定し3本のラインで

相場の環境を推測するとエントリーや決済のポイントを絞れます。

 

トレードを実践する場合3本の移動平均線で強いトレンドを

見極めるためのポイントは上位足から下位足を見ると

 

相場の方向性がわかるので期間が長い長期の移動平均線で

大きなトレンドを確認し実践します。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の3本の期間MA

※短期,中期,長期のトレンドが一致するポイントでエントリーする

 

移動平均線の基本的な見方は上位足から下位足へ

トレンドの確認を行うので時間足の違いで表示されたMAの表示も

 

長期間の時間足で長期的なトレンドをわかり

実践する短期間のMAを合わせポイントを絞ります。

 

移動平均線の位置とローソク足の見方を説明

※移動平均線がレジサポラインとして機能する仕組みを説明

 

移動平均線は相場で発生している

トレンドの傾向を把握する指標なので

 

チャート上に表示させた場合ポイントを絞るために

他の指標やオシレーターを組み合わせ根拠を明確にする

という方法もありますが

 

トレンドラインを引きレジサポラインの機能として

組み合わせ実践するとトレンド環境が正確にわかります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のラインブレイク

※トレンドラインの位置がサポートからレジスタンスに変っている

 

トレンドラインを引く場合はチャートを開き

上昇、下降がわかるような相場で起点になる

2つの安値や高値にラインを引き

 

ラインの角度と傾きや長さでトレンドの強弱を判断し

移動平均線の傾きとラインがローソク足を抜ける場面で

一致すれば根拠を更に明確にできますが

 

トレンドラインがレジサポラインの機能も果たしているので

主に環境を認識するために利用します。

 

1時間足や5分足でチャートを開き短期間のMAの傾きと

長時間の週足や日足でMAの傾きと傾向が

一致しているか確認すれば

 

現在の環境がどのような相場の中でトレンドが

形成されているかという傾向がわかりますが

 

全ての時間足でトレンドの方向が揃っていれば

強いトレンドが発生していると言えます。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のMAと売買ポイント

※移動平均線をローソク足が抜ける位置がブレイクポイント

 

移動平均線は逆張りのトレンドフォローを

実践する相場で転換を狙う指標としてよく使われ

 

長期間のMAの傾きが一致するトレンドが

変わるような場面でポイントを絞り実践を行えば

 

5分足や15分足のチャートで大きな利益に変わる

ブレイク相場なども狙えるので

 

基本である長時間の移動平均線で

トレンドの傾向をわかり

 

短時間チャートの流れに合わせ移動平均線が

長時間足と一致したポイントを確認すると

大きな利益を獲得できる相場を推測できます。

 

移動平均線の種類とツール設定を説明

 

移動平均線は実践する手法により設定する

MAの種類や期間など自分のトレードに合わせ選ぶのですが

 

エントリーや決済などのポイントを判断できるように

一般のトレーダーがよく利用している種類や期間で設定します。

 

実践するトレード手法で環境を正確に確認する

移動平均線の表示はMT4のパラメーターの中で

種類と期間を設定できるので

 

自分の選んだ手法で一般のトレーダーが利用している

移動平均線を選びポイントを絞ります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の3種類の移動平均線

※移動平均線の種類はトレード手法に合わせ設定する

 

移動平均線には単純移動平均線、指標平滑移動平均線、

加重移動平均線など3つの種類があり

 

終値の平均価格で表示されるチャート上の

MAの位置が少しずつ違います。

 

3種類の移動平均線の違いを説明すると

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のSMA

※赤で表示されるラインが単純移動平均線(SMA)

 

単純移動平均線(SMA)

 

一定期間の終値を計算し平均価格を表示させたもので

シンプルな移動平均線

 

トレンドの確認を行う場合わかりやすく表示しますが

値動きに敏感ではないため売買サインが遅い

というデメリットがある

 

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のEMA

※緑で表示されたラインが指標平滑移動平均線(EMA)

 

指標平滑移動平均線(EMA)

 

一定期間の終値で平均価格を計算した後、直近の価格に

比重を掛け線でつなぎ表示させたもの。

 

売買サインの反応が早く値動きに素早く反応しますが

騙しが多いのでチャート分析が必要です。

 

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のVMA

※青で表示されるラインが加重移動平均線(WMA)

 

加重移動平均線(WMA)

 

終値の平均でも直近の比重が高いのでMAのズレが少ない

直近の値動きを優先するMAです。

 

直近の値動きに反応するので騙しの少ない安定した

表示ですが直近の為替に反応するものではないので

トレンドの傾向のみを確認できる

 

以上が主に利用される3種類の移動平均線の違いですが

どのMAを表示させるかは自分の経験や実践する

トレードにより違うので

 

種類をわかり自分のトレードに一致した実践ポイントが

はっきりわかるものを選び表示させます。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のパラメーター

※MT4インジケーターのパラメーター設定で期間を入力する

 

移動平均線を専用ツールに設定するには

MT4インジケーターのメニューバーの中から挿入を選び

 

インジケーターの中のトレンドをクリック後、

Moving Averageからパラメーター表示画面で期間や色を選び

 

チャート上に期間の違う移動平均線を複数表示する場合は

同じように期間の数値を変え複数表示させます。

 

FXの専用ツールでチャートを表示させた後は

MT4インジケーターの設定で表示させた移動平均線が

正しく表示されているか確認しますが

 

値動きの価格と移動平均線の位置や傾き、乖離が

わかる表示になっているかチャート上のローソク足と

移動平均線が正しく機能するようにチェックします。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の期間の設定

※長期と短期の移動平均線は入力を変え同じように設定する

 

移動平均線は複数設定する場合

一般的に短期、中期、長期の時間足がわかるように

3本のMAを表示させ

 

チャート上の値動きがクロスしトレンドの傾向が

変わるような場面で初動を狙いエントリーするのですが

 

移動平均線の設定期間は期間が長ければ長いほど

信憑性が上がるという特徴を持っているので

 

自分の実践しているトレードの時間足に合わせ短すぎず、

長すぎない期間で設定すると効果的な組み合わせが出来ます。

 

移動平均線の設定はチャート分析を行うために

種類と指標の組み合わせが必要です。

 

興味のある方は下記のリンクをクリックすると

チャート分析に必要な内容わかります。

(インジケーター設定でオススメの種類とチャート分析の基本)

 

トレンドやレンジ相場でエントリーするには

 

移動平均線は相場で発生している相場の傾向を

チャート上のローソク足の平均値をラインで表示していて

MAの傾きを確認しトレンドの方向と傾向を判断します。

 

トレンドフォローで実践を行う場合

MAの傾きでトレンドの強弱を判断しエントリーの

タイミングを掴むために

 

ゴールデンクロスやパーフェクトオーダーなどの

クロスするポイントで実践するという使い方が

主な移動平均線の使い方になります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のクロスするポイント

※移動平均線がクロスするポイントで実践できる根拠を絞る

 

移動平均線で表示される平均ラインは

主にトレンドの継続や転換を判断するために

利用するためのテクニカル指標なので

 

レンジ相場ではエントリーを行わず

その後のボラティリティが高まりそうな

新しいトレンドの初動などで方向を推測し

 

大きく値動きのあるローソク足が形成されるポイントで

エントリーを狙う方法が基本ですが

 

トレードを実践する場合は新しいトレンドが発生する場面を

待てるようにチャートを開きポイントを絞ります。

 

トレンドを見分け高値,安値を判断するには

※移動平均線で高値と安値のポイントでエントリーを説明

 

トレードを行う相場はレンジが7トレンドが3という

7:3の比率で形成されるという仕組みになっていて

 

チャートを開くとレンジ相場が形成されている場合が

大半なのでレンジ相場がどのように変わるかという

 

根拠を更に明確にするために他のテクニカル指標や

レジサポラインを使うとレンジから新しいトレンドが発生する

ポイントを正確に判断できるようになります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のレジサポライン

※移動平均線とレジサポラインが接する場面がポイント

 

レジサポラインと他の指標を組み合わせ

トレンドの初動を移動平均線で確認するには

 

直近の高値と安値にレジサポラインを引き

オシレーター系の指標をセットで表示させると

値動きの根拠をトレーダー心理と合わせ推測できるので

 

チャート上のローソク足が引いたラインを抜け

オシレーターの基準が一致した場合

 

トレンドの初動が発生する根拠が明確になった

ポイントを確認後、移動平均線をローソク足が

抜けた場面でエンントリーします。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のトレンドの傾向

※トレンドの方向と移動平均線がローソク足に接する場面で判断する

 

レンジ相場を形成するトレード環境により

わからない相場が形成されている場合も多いので

 

移動平均線のみで根拠を明確にするには

トレンドの傾向がはっきりわかるトレンドフォローに

適している相場でない限り他の指標を組み合わせ判断しますが

 

相場がわからないような状況が続いている場合は

エントリーを行わず手法と一致したポイントが

現れるような時間帯を選びチャートを開きます。

 

トレンドを確認しチャートを開くには

時間帯の推測が必要なので

 

相場の波の仕組みがわかるダウ理論と

エントリーポイントをまとめました。

 

興味のある方は下記のリンクをクリックして下さい。

(環境認識が正確にわかるダウ理論でエントリーを絞る方法)

 

FX手法で移動平均線を活かす見方とは

 

FXで移動平均線を使い判断できるトレード手法は

ゴールデンクロスやグランビルの法則、ラインを引き

ポイントを絞るなど色々ありますが

 

基本になるチャートの見方は

自分が実践するデイトレなどのトレード期間に合わせ

自分が実践する時間足のチャートで表示される

 

移動平均線とローソク足を確認し接点が発生するもしくは

移動平均線をローソク足が抜ける場面を推測するという見方です。

 

レンジよりの相場でのエントリーポイントは売りと買いが

均衡しているのでどちらかにトレーダー心理が動いた場合

 

価格が一方向に進みローソク足が伸びる場面が

ブレイクアウトするポイントになります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のブレイクポイント

※移動平均線の間隔が狭まりローソク足が抜ける場面を狙う

 

ブレイクアウトとトレンドフォローを合わせポイントを絞ると

勝率が上がりレンジよりの相場にレジサポラインを引き

 

トレンドを形成する波が押し目や戻り目の反転で

エントリーすると騙しに合わず実践できるのですが

 

エントリーの根拠を明確にするには

ローソク足の値動き、サポレジラインでの転換、

テクニカル指標の組み合わせなど

 

相場を形成するチャートの波の違いを

判断し適切な推測を行う必要があります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の長時間で判断するポイント

※トレンドラインとネックラインにローソク足が触れる場面

 

長期間で表示される移動平均線の傾きで

トレンドが発生している場合

 

自分が実践する短時間足のチャート(5分足や15分足)が

レンジよりのローソク足の値動きが大きな相場でも

 

大きなトレンドに合わせブレイクポイントを絞れば

長期間発生するトレンドを推測できるので

移動平均線の基本として長時間足を確認します。

 

市場の平均価格でトレーダー心理を分かるには

※移動平均線の正しい見方と判断方法を解説しています

 

FX手法でエントリーポイントを絞る基本的な見方は

表示した3本の移動平均線の間隔とレジサポラインを使い

 

マルチタイムフレーム分析で上位足や中位足の

トレンドの傾向わかり実践を行う短期足チャートで

タイミングを掴みます。

 

上位足でトレンドの傾向が一致するような相場が

チャートで形成されている環境でトレンドフォローを

順張りで実践するために

 

長時間足で表示されるトレンドのポイントが

短時間のチャートで一致する場面を絞り

エントリーを推測しますが

 

トレンドが発生している相場でも値動きが

大きく発生するポイントを見つけると

大きな利益に変わるトレードを実践できます。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のMAの傾き

※ローソク足の転換と移動平均線の傾きで傾向を推測する

 

実践する相場でトレンドが転換するような場面では

逆張りを狙い移動平均線の傾きが無くなり

トレンドが止まった場面で反転するポイントを狙います。

 

3本の移動平均線を表示させた場合

長期や中期の傾向も表示されているので実践する

相場の状況はMAの間隔と発生している相場に

 

どのようなラインを引きポイントを絞れば良いか

という環境認識が重要なので

 

まずは移動平均線の間隔と形成されている相場に適切な

ラインを引くポイントを学び移動平均線を利用します。

 

移動平均線でチャート分析するポイント

 

テクニカル分析にはトレンド系とオシレーター系の

ツールがありトレンド系で現在の相場が

上昇なのか下降なのかというトレンドを判断し

 

オシレーター系で一般のトレーダーが売買している相場の

売られ過ぎ変われ過ぎを判断する売買基準として利用します。

 

移動平均線はトレンド系の指標なのでチャート上に

終値の平均価格をラインで表示した値動きの傾向を表示し

 

チャート分析を行う場合ローソク足とMAの位置を確認し

トレンドの方向や転換を確認するため利用します。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の強いトレンド系とオシレーターの組み合わせ

※トレンド系で相場の方向オシレーターで売買心理を推測

 

チャート分析の基本は

これから形成される相場がどちらの方向に

 

価格が動いていくのか推測するためのポイントを表示し

現在の環境を正確に把握するという目的があり

 

チャート分析では

長期移動平均線と短期移動平均線の向きが

揃っている場面で長期と短期のMAを組み合わせ

 

トレンドの傾向がどちらも同じ方向で揃うと

強いトレンドが発生しているという傾向がわかります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方の強いトレンドのポイント

※長期線と短期線の方向が一致する場面でエントリーする

 

移動平均線と組み合わせ利用する

オシレーターは移動平均線でトレンドを確認後

 

現在の状況がもみ合いの相場になっている場合に使い

買われ過ぎならば売る、売られ過ぎならば買う

という逆張りトレードや

 

発生しているトレンドがどのような期間に当てはまるのか

というポイントを絞るために使います。

 

移動平均線を使いチャート分析をする場合は

MAがクロスするゴールデンクロスやパーフェクトオーダーで

 

初動を推測するために現在の相場の形成で

起点になる部分にレジサポ、トレンド、チャネルなどの

 

ラインを引きローソク足が抜けた場面と移動平均線の

傾向を合わせエントリーポイントの根拠を明確にしますが

 

長時間で発生しているトレンド期間中のポイントで

根拠を明確にするために組み合わせ推測するので

 

MAの基本である大きなトレンド内のポイントで

発生する初動を把握するために利用します。

(移動平均線でFXツールの手法を活かす見方の続きはコチラ)

 

下記の画像をクリックするブログの詳細を一覧にしたページ

移動するのでおすすめのトレードやツール別の情報がわかります。

 

移動平均線を使ったツール手法を活かす見方のツール比較ページ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

移動平均線を使ったFXツールの設定で手法を活かす見方を分析


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 682837総閲覧数:
  • 1260先週の閲覧数:
  • 3039月別閲覧数:
  • 298637総訪問者数:
  • 1817月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: