トレンド,レンジ判断インジケーター”オートスイッチFX”を説明

   2022年06月17日 投資ロジックを分析, 投資検証,利益に変わる分析

5つのフィルターで判断する環境認識

 

オートスイッチFX」は

トレードサイクロン株式会社が

 

開発したフィルターを使い

『相場』自動判断で切り替えた

 

“万能スキャル矢印表示システム”で

5つのトレンドの傾向を検知し

 

「トレンド」か「レンジ」を

自動で判断します。

 

オートスイッチFXのバナー
トレンド、レンジ自動判断インジケーター公式サイト

 

フィルターでトレンドが

発生していないと判断した場合、

 

ちょっとした値動きの勢いが出ても、

 

5つあるフィルターのうち

どれを採用するのかですが、

 

この選択が間違っていても、

それぞれのシグナル自体が高精度です

 

オートスイッチ」ならば

単純な逆張りスキャルピングのシグナルとは違い

 

トレンドが発生したと確認できれば

そこで逆張りの投資戦略は終わりとなります。

 

インジケーターが現状は

トレンドだと判断した場合

 

レンジ用のチャートを見えずらい表示で

トレンド用のチャートの方を見えやすく表示します。

 

オートスイッチFXの見極めポイント

※トレンドとレンジをフィルターで判断します

 

インジケーターのサインは

値動きの勢いで出るものですので

 

トレンド発生検知フィルターを加え、

勝率をさらに高めるトレードを実践でき

 

ポップアップやアラートでも

確認できいつでもスキャルピングを行えますが

 

レンジでの間違ったシグナルを

自動で回避できるポイントが

 

「オートスイッチFX」最大のメリットです。

 

MT4インジケーターで

チャートを表示させると

 

2つの画面が表示され

左がレンジ、右がトレンドの

シグナルチャートが表示され

 

環境がトレンド、レンジのどちらかでも

適切なサインが自動で配信される仕組みです。

 

オートスイッチFXの相場表示

※トレンドとレンジの判断を色分けし実践できる環境を表示

 

トレンドかレンジ

どちらかになりますので

 

チャートを開いた時に

トレンド、レンジの判断を確認すると

 

背景が明るく表示されているチャートが

トレードできる環境を表します。

 

オートスイッチで表示される指標は

 

サイン発生後のローソク足と

その下に緑と黄色のバーで

 

レンジとトレンドを判断する

インジケーターがセットになっていて

 

1日のサインは40回位になりますが

 

設定を変えると勝率も変わるようなので

フィルター設定の裁量判断は重要です。

 

オートスイッチで搭載している機能

 

インジケーターの最大の特徴は、

実践動画でご覧のとおり

 

同じチャートを2つ並べて

参照しそれぞれのチャートには

 

「レンジとトレンド」に適した

パラメータ設定を行います。

 

オートスイッチで

切り替わるチャートは

 

トレンドとレンジ相場を

2枚同時に表示させ現状が

 

トレンドかレンジかを

判断して表示しますが

 

どういう理屈で機能するか

環境認識とサインの判断が重要です。

 

オートスイッチFXのインジケーター

※設定でレンジを見分けトレンド発生時の騙しを回避します

 

シグナルの内容は

チャート上に表示されるだけでなく、

 

メール配信機能を使い携帯電話や

スマホでリアルタイムに確認ができます

 

インジケーターの特徴は

 

裁量判断というよりも、

システムトレードに近いです。

 

トレードを実践する相場は、

トレンド」「レンジ」の

 

必ずどちらか2つで構成されていて

 

今後どちらの環境になる確率が高いか

シグナルを出して教えてくれます。

 

オートスイッチFXのレンジタイミング

※レンジとトレンドで発生するサインを色分けし判断します

 

インジケーターで表示される

2つのチャートは連携しており、

 

現在の環境が

レンジと判定されると

 

左側のレンジ判定チャートの

背景がピンク色に明るくなり、

 

トレンド判定されると

 

右側のトレンド判定チャートが

明るくなるので

 

視覚的に切り替わる仕掛けを

5種類のバーとインジケーターで

 

細かな設定が可能なので

 

2つのチャートで状況変化に

応じて連携できるツールです。

 

商材の内容と獲得できる環境を説明

トレンド,レンジをインジケーターで判断する方法

※切り替えられるトレンドとレンジの表示が判断ポイント

 

商品名  オートスイッチFX(トレンド、レンジ自動判断インジケーター)
運営統括責任者 谷口 悟
所在地 〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-9-10 北浜宗田ビル403
電  話 06-4963-2021
販売価格 販売価格34,800円(税込)
出版者 トレードサイクロン株式会社  
提供者  内田浩一

 

オートスイッチインジケーターは

トレンドとレンジの判断を設定後

 

テキスト形式のPDF以外に、

動画や問い合わせを利用できる

専用サイトが利用できます。

 

「精度の高いエントリー」とは、

 

損は小さく最低限、

利益は中程度(数十pips、数万円)

取る必要があります。

 

オートスイッチFXを使い精度の高いエントリー

※サインはトレンドとレンジの確立を色で表示します

 

トレンド、レンジを表示する環境認識は

サインの違いで判断します。

 

トレンドのシグナルが出たらあとは

 

自分でトレンドを判断すれば

利益を上げられる可能性が高くなりますし、

 

レンジのシグナルが出たら

価格は行ったりきたりになるので、

 

逆張りトレードをすれば

勝率は格段に上がります。

 

同じ通貨ペアの5分足か1分足の

チャートを2枚同時に表示させて、

 

片方はレンジもう片方はトレンドの

テンプレートをセットする必要があります。

 

オートスイッチFXのチャート表示とは

※ピンクで分けられたチャートでトレンドを判断します

 

インジケーターで表示される

自動切り替えの仕組みは

 

レンジとトレンドを判断する

インジケーターの良い部分を組み合わせ

 

資産が大幅に減る

ドローダウンを回避するために

 

ロジックにあった

スキャルピングの得意な相場を

 

不得意なレンジのシグナルを回避させる

作業が設定で必要になります

 

これはインジケーターの

逆張りシグナルの精度を上げ

 

トレンド転換で起こる負けを

カバーする仕組み

 

フィルターを加え

ポジション取りの回避を行い

 

適さないレンジで発生するサインを

回避し精度を上げる内容です。

 

自動で環境を判断するチャートの特徴

 

オートスイッチ」の内容はチャート上に

トレンドやレンジで表示されるだけでなく、

 

ポップアップウインドウが表示され

メール配信機能を使って

 

携帯電話やスマホで

トレンドの判断を確認できます

 

オートスイッチFXとは

 

オートスイッチ機能の特徴は、

 

同じチャートを二つ並べて参照し、

それぞれのチャートには

 

レンジとトレンド」に適した

パラメータ設定で

 

レンジとトレンドを分けて考え

矢印を表示させる計算をしている

 

5分足チャートだと1日に

40回程度のシグナルが出ています。

 

1分足で使用すると

もっとたくさんのシグナルが出る仕組みです。

 

オートスイッチFXのトレンドレンジの判断

 

相場の切り替わりの見極め

判断を間違えると損失になり、

 

取り返しがつかないほどの

損失になってしまう場合もあるのですが

 

全トレーダーの問題であった

トレンドかレンジかを見極め」の判断に

 

的確なシグナルを出す

この「オートスイッチ」は、

 

今まで損失ばかり出していた人や初心者、

クロウトまで利用できるシステムです。

 

オートスイッチFXの合計pips

※トレンドとレンジの判断は切り替えるサインで判断します

 

売買シグナルを矢印表示、

従来のシステムの欠点を克服し

 

オールタイムで稼ぐトレードを可能にし

開発に取り組んだという

 

レンジ』『トレンド』を自動判断で

切り替える“スキャル矢印表示システム”です。

 

スキャルインジケーターの

内容を簡潔に伝えると

転換を自動でキャッチしてくれて、

 

効率良く稼ぐシステムに重点を置いているので

全ての相場に当てはめ実践できます。

 

システムを使ったエントリーと決済

 

2つのスキャルピングシステムとは

 

トレンドとレンジのフィルターとなる

自動判断インジケーターとして、

 

5つの「トレンド検知インジケーター

から構成されています。

 

相場が動いても動かなくても

シグナルが高頻度で出ますので、

 

頻度にあった仕組みを理解し

利益を上げるためには

 

エントリーと決済を

適切な場面で行う必要があります。

 

オートスイッチFXのチャート連動

 

裁量支援型のレンジなどの

難しい相場を判断するインジケーターですが

 

トレードする時間が

限定されている方が

 

短いスキャルピングで

システムを使う場面が多いようです。

 

ツールを利用する上で大切な判断

 

サインを見極め勝率を上げるための

環境認識や裁量知識です。

 

レンジ」と「トレンド」で

エントリーロジックをスイッチして

 

MT4のインジケーターで

サインを出すツールですが、

 

下図ではレンジ相場と

オートスイッチは判断しているので、

 

左側のレンジ用のシグナルを

見えにくい表示にして、

 

トレンド用のシグナルに従ってください」という

指示をインジケーターは出しています。

 

オートスイッチFXのレンジ指示

※サインはレンジを映さずトレンドを基準に判断します

 

インジケーターで表示される

チャートは足が約60本ほどあるので

 

1時間となりますが、

沢山のシグナルが出ていて

 

平均足のようなローソク足なので

レンジを回避し

 

的確に逆張りできていると思えても

トータルではマイナスになってしまいます。

 

オートスイッチインジケーターは、

エントリーの回数は多いものの、

 

適切なロジックに合ったサインを

裁量で判断する必要があります。

 

レンジでもサインの回数が多いのですが

 

インジケーターを使いこみ適切なサインを

判断できないと利益に変わる実践は難しいです。

 

インジケーターの自動切り替えとは

 

オートスイッチとは

メタトレーダーにインストールして

 

売買サイン矢印を自動的に表示する

インジケーターですが、

 

このような商材は多くありますが

パラメータの設定は自分で変更も可能ですから

 

オートスイッチFXは、忙しい方にも

長く使えそうな印象です

オートスイッチFXの内容

 

リアルタイムで相場状況を判断する

5つのトレンド検知フィルターを標準装備し

 

2タイプのシステムが発する

シグナルやスイッチを活かすには

 

オートスイッチで表示される

レンジとトレンドに合ったトレードの仕方を

 

自身のフィルタリング設定を見つけ

 

他のシグナルツールのフィルターとし

オートスイッチFXを利用するのが理想です

 

PDFファイルの中にある

育成マニュアルは

 

リアルタイムで判断する

インジケーターとシグナルを使って利益を得る、

 

特徴となっておりツールは

的確な“売買シグナル”を配信するインジケーターです。

 

プログラムに参加し

ツールの設定など適切な仕組みを

理解すれば勝率などは変わりますが

 

トレンド,レンジを判断する

サインの配信精度を考えると

 

矢印だけの売買で考えると

トレードの判断を間違えます。

 

下記の画像をクリックするとオートスイッチ

スキャルサインの特徴トレンド,レンジ判断機能がわかります。

 

オートスイッチFXの登録画像
トレンド,レンジ自動判断インジケーター”オートスイッチ”

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

トレンド,レンジ判断インジケーター”オートスイッチFX”を説明


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

お問い合わせはコチラ

有益な投資情報をブログ配信

有益な情報を配信

現在のオンラインユーザー

  • 765310総閲覧数:
  • 1307先週の閲覧数:
  • 570月別閲覧数:
  • 353837総訪問者数:
  • 372月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

メルマガでブログ商材配信

メールマガジン配信画像