トレンドラインProのラインを検証|実践で必要な機能とは

   2021年04月10日 FX投資商材, 投資ロジックを分析, 投資検証,利益に変わる分析

ラインを自動で引くトレンドラインProとは

 

チャートに線を自動で描写し基準に沿った

水平線とトレンドを表示するProのインジケーター、

 

トレンドラインProは

ライントレードに実践に必要な基準の線を

正確に相場に合わせ自動でチャート上に表示します。

 

トレンドラインProバナー
トレンドラインPro公式サイトはコチラ

 

自動で引くという場合

自分の判断で引いた時に起こるズレを

 

Proで表示される自動描写でトレンドの判断を

間違えずに実践できるというメリットがあります。

 

自分で引けない方や線を引いても仕組みがわからず

引いてしまう方は間違えた基準で引いてしまいますが

 

間違えた基準で引いてしまうとエントリーポイントや

決済の推測が外れてしまいます。

 

トレンドラインProのライン描写とエントリーを説明

※Proでどのように引かれた線を基準にしているかがポイント

 

トレンドラインProでは線を引く意味を知り

どういう意味があるかがわかると

 

自動で引かれた線がどのような理由で引かれているか

理解できエントリー決済がわかる仕組みです

 

値動きや相場のサイクル、パターン、時間足

などの基本を実践する前に学び

 

ラインとエントリー決済など実践する上で必要な

ポイントがこのツールの専用サイトで確認できます

 

実践する前にProで設定する仕組みを

判断し行うという前提なので

 

ロジックに合ったチャートパターンに

当てはめた実践トレードが基本になります。

 

トレードラインProのポイント

※Proで引かれた線は短時間と長時間の足で機能します

 

Proではチャート上にトレンド転換でシグナルが

配信され実践ポイントがわかりますが

 

全てのシグナルが適切ではないのでシグナルに合わせ

トレードを判断する知識が必要です。

 

利用する自動生成ツールを使うと

基準となる線を間違えずに表示しますが、

 

自動生成されるので基準に合った相場の仕組みを理解でき

トレンドの判断を間違えずトレードを行えます。

 

トレンドラインを自動で引く機能の違いとは

 

meta traderを使いトレードラインを自動で描く

インジケーターツールトレンドラインPro

 

チャートに水平線(レジサポライン)と売買の方向を

判断するトレンドラインを自動で表示します

 

もっとも有効性のある線のみを一瞬で

自動描画し、有効でない線は瞬時に削除し

 

ダウ理論を基本にトレードルールを立て

実践を行えば勝率が上がるというものです。

 

トレンドラインProのルール

※Proで引かれた線は実践する前にルールに当てはめます

 

ブレイクが確定するとサインが表示される仕組みですが

設定するインジケーターの機能を活かすには

 

自動で引かれた線がどのような仕組みで

引かれたか推測しトレンドの大きさや

エントリーポイント判断する必要があります。

 

ライントレードは引かれた線が機能するものであるか

という実践で機能する場面を考えエントリーしますが

 

自動で描写される線は時間が経つと

最新の線が表示されます。

 

トレンドラインProのレジサポライン

※チャート上の必要な線はProの機能を使えば全て表示できます

 

相場の波を忠実に自動描写しますが

レジサポラインも同時に自動で描写します。

 

トレンドラインProを使えば

チャートの形状が変化するたびに再描画し不必要なものは

自動で消え有効な線のみ表示されるので

 

現状のトレンドの判断ポイントと

大きさなどが正確にわかります。

 

トレンドラインProの矢印

※Proで引かれた線と実践ポイントで表示されるサインを一致させる

 

また、トレンドの大きさを線の太さで表すので

大きな場合は太い、小さな場合は細い線で描画されます。

 

背景色を縦軸表示し色で価格の変動がわかるので

どのぐらい値動きがあるかがわかり横軸も配色で

ボラティリティが高い曜日や時間帯を色分けしています。

 

トレンドラインProでは

インジケーターが自動で引きますが継続や反転を

アラートと矢印で伝えるので

 

ポジションを保有している間矢印の方向が反転するまで

決済を待つというツールの仕組みになっています。

 

トレンドラインProで行うトレード方法

トレンドラインProの実践で必要な機能を説明

※Proのインジケーター設定で自動表示される仕組みがわかります

・販売者名:合同会社KSL
・運営責任者:加藤
・住所:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-29-5
・e-mail : info@trendline-pro.jp
・電話番号:050-3336-6036
・販売価格:29800

 

1つの時間足の表示で重要なラインを自動で表示するので他の時間足

を見る必要がないというトレンドラインProの特徴は

 

ダウ理論が基本の売買ルールがありエントリーと決済の条件が

ラインの接点でわかるインジケーターの仕組みです。

 

トレンドラインProのダウ理論に基づくトレンドライン

 

インジケーターで表示される自動描写とシグナルサインを

合わせ5分足チャートでトレードを行います。

 

手法の基本はレンジからのブレイクで大きな利益に変わる

トレンドの発生を狙いエントリーを行います。

 

トレンドラインProを使い自動で引かれている線を基準に

ローソク足が超えた時にエントリーを行い

 

相場の変化と同時に表示されるので新しいラインと

ローソク足がトレンド転換に接すると決済を行います。

 

トレンドラインProのレンジブレイク

※相場の環境によりProで引かれた線を判断するルールも違う

 

エントリーと決済の実践ポイントは

裁量で判断する必要がありますが

 

表示されるアラートと矢印サインを確認すると

転換と決済のポイントがわかります。

 

裁量判断で行うトレードが基本になりますが

自動で更新されるラインに合わせトレードを行うことで

エントリーから決済まで簡単に判断できます。

 

トレンドラインProのロングエントリー

※水平線のみで判断するような環境はProで引かれた線を裁量で推測します

 

注意するべきポイントは、

エントリーのサインが全て適切ではないためダマシサインなど

 

基準として引かれている要因を自分で理解しトレードを行わないと

ブレイクと違う場面でエントリーを行ってしまう場合があり

 

スキャルピング〜スイングトレードまで総合で

表示されるのでトレンドの大きさや期間を

間違えないように判断する必要があります。

 

トレンドラインProのトレンドライン

※相場が不安定な場合はProの線も複数引かれますが根拠を基準に考えます

 

実践に必要な線を自動で引くインジケーターの表示は

トレードのタイミングを計る目安

 

Proで引く線は利益が伸びる方向に基準の線が

あればエントリーを見送る、

 

決済の目安に使うとスムーズに勝てるようになるための

指針として設定したインジケーターが機能していくというもの

 

ライントレードは一般のトレーダーが意識する大半の基準なので

引いている線が適切なものかという判断が大切です。

 

ダウ理論を使うライン表示でトレンドを説明

 

トレンドラインProはダウ理論に基づき売買の基準を

トレーダーが判断する価格の基準を意識するために

インジケーターが自動ラインを判断しますが

 

引かれている線には基準が存在し

トレーダーが同じ線を引く箇所に集まりやすいという特性を

利用しProで設定した自動ラインが生成されます。

 

トレンドラインProはダウ理論が必須

 

ダウ理論には6つの基本原則があり

チャート指標の表示は市場のすべての情報を

織り込んでいるというもので

 

チャートでテクニカル分析を行う場合トレンドの発生や

線の引き方などの根拠を考えるための理論です。

 

必要な線が引かれる要因を理解する仕組みは

生成される線がダウ理論に基づき表示される

根拠を理解するという内容です。

 

ダウ理論を使い必要なラインを説明している動画

※説明はバイナリーですがダウ理論のポイントはProの実践でも同じです

 

トレンドは短期、中期、長期の3つに分けられ

ダウ理論では短期と中期のトレンドが発生し長期のトレンドを

作るまでに調整局面が必ず存在するという特徴です。

 

Proを設定しトレードプランを立てる場合

現状の相場でどのトレンドを選びトレードを行うかという

環境をエントリーする前に決める必要があります。

 

ダウ理論の根拠で重要な原則は明確な転換シグナルが

出るまで継続するという特徴ですが

 

これは短期、中期のトレンドが発生しても

大きな変動の中の一部分であれば明確な転換シグナルが

出るまでは方向は変わらないという仕組みです。

 

トレンドラインProのトレンド定義

 

サポレジラインを引き転換点をローソク足で確認するには

高値、安値の切り下げ切り上げ、トレンドの消滅を判断し

相場環境を正確にわかる必要があります。

 

Proのインジケーター設定で基準を

自動で引くという仕組みは、

 

基準を超えたというブレイク判断をトレンドに合わせ支持線、

抵抗線でローソク足の変動をわかり

 

トレンドの終わりをトレンドラインの役割が

逆転するポイントで確認し実践を行います。

 

自動ラインでProの実践トレードを検証

 

トレンドラインProの自動描写でチャート上に表示される

線を使い実践を行うとトレードで勝率が上がり

 

適切なエントリー、決済のポイントがわかるようになるか

という実践で必要な機能を検証する

 

トレードを始めようと思う初心者の方であれば

自動で引かれる基準に対し根拠を学ので

 

適切なトレンドの推測とトレードの流れが

わかるようになると思いますが

 

エントリーサインが表示されラインに

ローソク足がタッチしても違う方向にチャートが動く

というダマシは必ずあります。

 

トレンドラインProでチャートに

自動で線が引かれていたとしても

 

チャンスも相場がチャートパターンに当てはまるような

状況を待つ環境になるので頻繁にあるわけではありません。

 

トレンドラインProのトレンドの大きさ

※Proで引かれた線の角度が大きさで相場の環境を推測します

 

設定したインジケーターは基本となる

レンジからブレイクする場面を狙いますが

 

大きなトレンドで利益を取るという

手法のポイントは時間帯を絞りチャートパターンに

一致した相場を選ぶ必要があります

 

騙し相場でエントリーを行なった場合

引かれた線の基準とローソク足を確認し、損切りを行うのですが

 

トレンドには値動きの大きさ(チャートのローソク足の動く角度)

があり常に同じ大きさではありません。

 

転換する前には必ず

現状のトレンドの勢いが落ちる要因として大きさが

緩やかになる(ローソク足の角度が緩やか)

 

または逆の緩やかな変化から鋭角に

ローソク足が動くという予兆があります。

 

トレンドラインProのトレンドの周期

※チャートの波に合わせProで引かれたラインの根拠は変わります

 

相場の変化にはサイクルがあり1週間や1ヶ月の中で市場の取引も

習慣に合わせ相場のボラティリティも変わるので

 

トレンドラインProを使うと

曜日などを意識しトレードを行うと騙しに合う場面が

少なくエントリーポイントを絞れます。

 

環境判断にはトレードシナリオが重要ですが

現在のトレンドの波がどのぐらいの大きさで変わるか

という推測をエントリーを行う前に考える必要があります。

 

トレンドの基準とは

チャートの波の大きさを線を引きブレイク環境が判断できる

 

エントリーと決済で大きな利益が出る相場で

トレードシナリオを立て推測する根拠となります。

 

下記の画像をクリックするとトレンドラインPro

インジケーターの仕組みダウ理論の本質がわかります。

 

トレンドラインProの内容がわかる画像
トレンドラインPro公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

トレンドラインProのラインを検証|実践で必要な機能とは


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 686229総閲覧数:
  • 1565先週の閲覧数:
  • 1183月別閲覧数:
  • 300702総訪問者数:
  • 662月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: