モンスター・トレンドゾーンFXを検証|モントレFXの評価,評判

モントレの色で分けるエリアの仕組み

 

1日の相場の中で長期間続く

大きなトレンドを範囲に分け実践を行う

 

モンスター・トレンドゾーンFXは

販売が終了し再販が決定された後は

 

トレンドを判断できるモンスターゾーンの

設定が増え更に環境認識を正確に判断できますが

 

朝から夜までの間に発生する

1つの大きなトレンドの中で複数に分け

トレードを行います。

 

モントレFXのバナー
モンスター・ゾーン – モントレ -公式サイト

 

モンスター・トレンドゾーンFXでは1日の相場を

トレンドフォローで実践を行いますが

 

トレードの勝率や表示されるサインの精度、

再販後の評価などを検証したいと思います。

 

モントレFXは「エリアの範囲」と

「エントリーサイン」の表示で、

 

初心者でも一目でわかる売買を2色で表示した

ブレイクアウトのロジックになります。

 

主にレンジブレイクを狙い

トレンドの発生前に兆しを捉え

 

終わりで決済を行うデイトレードで

値幅を大きく取る仕組みです。

 

赤い範囲は下降トレンド、緑の範囲は

 

上昇トレンドを表し売買をわかりやすく表示する

環境を判断するツールです。

 

「順張り」エントリーを基本に対応

通貨20ペア以上で再販後のチャンスも多い

 

1枚のチャート画面で複数の時間軸を

意識したマルチタイムフレーム分析で

トレードを可能にするインジケーターです。

 

モンスターゾーンで表示されるサインとは

※モンスター・ゾーンではサイン発生後の推測が重要です

 

2色の色で分けた範囲は上昇と下降を表しますが

区域内で発生したサイン後のラインブレイクで

 

エントリーを行うと後は色分けされた

範囲が終了し傾向が終わるまで決済は行わない

モンスターゾーンのシステムです。

 

色で分けられた範囲が発生していても

エントリーサインが発生するまでは待ち

 

サイン発生後はトレンド方向に合わせ

エントリーを行います。

 

相場の環境により上昇と下降に分けられた

範囲が変わるような相場もあり

 

(レンジや大きな波のある相場)

このような環境では

 

トレードの期間が短くわずかな

pipsしか獲得できないので

 

長期間、続く大きなトレンドで発生する

上昇、下降の範囲がモンスター・ゾーンです。

 

モントレFXの避けるべきポイント

 

色分けされたモンスター・ゾーン内に

サインとブレイクの確認を行うラインを引きますが

 

環境要因で大きく動く相場で

複数に分け行うトレードは

 

長期間続くモンスターエリアで

トレンドを確認後、行うデイトレードなので

 

勝てない相場を省きロジックに

一致した相場のみを選び実践を行います。

 

発生するサインの基本は表示された

モンスターゾーン内で3回以内に判断するので

 

確実性の高いエントリーのみを行い

勝率を上げるという仕組みです。

 

インジケーターで表示されるサインの違い

 

モンスター・トレンドゾーンFXでは

オリジナルの指標で相場の方向を表しますが

 

買いと売りを区域で表示するMtゾーン、

 

相場の方向と期間の目安を表すゾーンメーター

 

範囲の中でエントリーサインであるゾーンアロー

という3つのインジケーターを

 

設定すると現在の環境認識が

できる仕組みになっています。

 

モントレでは高値、安値のブレイクでの

エントリーや矢印の3つ目までを実践では推奨、

リスクメーターにゾーンメーターなど

 

エントリーチャンスが分かりやすく

トレンドが発生したら、チャート上に区域が発生し、

 

緑(上昇)や赤(下落)の色で

確認できるので、すぐに分かります。

 

モントレFXのエントリーゾーン

 

表示されるサインは区域内で発生した

3つ目までのサインで判断しますが

 

緑の上昇区域が発生したら

緑の矢印でエントリー

 

赤の下降区域が発生したら、

黄色の矢印でエントリーを判断します

 

上昇相場の場合は

 

緑色の上昇中に緑色の矢印が出現してから

3つ目までがエントリーチャンスです。

 

下降相場の場合は

 

赤色の下降中に黄色の矢印が出現し

3つ目までがエントリーチャンスです。

 

つまり、4つ目以降の矢印は

エントリーするには遅いので、エントリーしない。

 

モンスターエリアが発生してから

3つ目までの矢印をエントリーの目安とし

 

発生から時間が経つほど

効果が弱くなるようなので

 

色分けされた範囲の大きさを

ラインとローソク足で確認する

環境認識が重要です。

 

モンスターゾーンの特徴は

 

1つのチャート画面で、複数の時間足を

意識したエントリーが

 

可能となるマルチタイムフレーム方式を

採用したインジケーターを使うので

 

1つのチャート画面でありながら

5分足(矢印サイン)と30分足(エリア)の

2つで総合的に判断できます。

 

モントレFXのゾーンとライン

 

長期間発生する大きなトレンド

(モンスタートレンド)で数回エントリーを行い

 

大きく相場が動く環境で利益を

獲得するロジックなので

 

相場を判断できるモンスターゾーンと

サインが重要になりますが

 

モントレの攻略ポイントは、

商材とは別で購入する利益ライン自動生成ツールです。

 

この自動生成インジケーターをセットすれば

 

チャート上に矢印とラインが増え

ブレイクの判断が的確になり勝率が上がります。

 

モントレのエントリーと詳細を説明

モントレFXでレンジ発生後のサインと区域を推測

※モンスター・ゾーンではツールのラインと合わせ決済します

 

・販売業者:グローバルロイズ株式会社 松山裕典
・販売者:プログラマー コウスケ トレーダー ヒデ
・返金保証:無し
・販売価格:29,800
・形式・内容量 範囲が自動描画される5分足デイトレ
・商品の内容:モントレの教材、再販後のインジケーター

 

推奨通貨ペア:ドル円,ポンドドル,ポンド円,ユーロドル,ユーロ円

エントリー:モントレのエントリーは2つあります。

推奨時間:5分足

 

モンスター・トレンドゾーンFXでは

リスクリワードが1:7(利益1 損失7)なので、

 

例え勝率が5割を切ったとしても十分に利益を

積み重ねていく仕組みですが

 

基本はサインが発生すると

区域と同じ方向の矢印でエントリーを判断し

 

エリアが発生した後に3回以内の

サイン(矢印)でエントリーします。

 

モントレFXのリスクリワード

 

1日続く大きな色分けされたエリアが

表示されるような相場を狙いますが、

 

ロジックにあった適切でない

相場でも色分けされた

 

モンスターゾーンのエリアですが

大きさが小さな相場でも表示されます。

 

利益に変わる1のトレードは

大きなトレンドで

 

値動きのあるポイントを複数に分け

エントリーと決済を行いpipsを獲得します。

 

7にあたる損失が発生するトレードは

 

小さなモンスターゾーンを

形成する相場なのですが

 

損切りの幅を設定し勝ったトレードより

わずかな損失に抑え資産を増やす仕組みです。

 

モントレFXの基本ルール

 

モンスター・ゾーンには

明確なルールがあり

 

・モンスターエリア内の3つ目までの矢印サイン
・レンジエリアを抜けた場合
・エリアとサブメーターの色が一致した場合

 

の3つの条件が揃うと

トレンドが発生している可能性が高く

 

勝率の高いエントリーを

サインの表示で狙えます。

 

モントレFXのサブメーター

 

サブメーターは

 

通貨の価格、リスクメーター、

ゾーンメーター、SLの目安表示が

 

主にチャート上に表示され相場の状況を

適切に把握できるようですが、

 

サインが出て方向を見分けるために

引かれた一定のラインを

 

ローソク足が越えるのを見計らって

エントリーするので更に高い勝率と利益を

目指す実践トレードを行えます。

 

モンスター・ゾーンでは

 

ブレイク前の相場は騙しサインも多いようで

注意する必要がありますが

 

レンジ相場が続くと

エントリー回数が少ないので、

 

損切りの回数が増える場合もあり

仕組みを理解したトレードが重要になります。

 

損切りは売りと買いで分かれていて

売りは直近の高値の少し上

買いは直近安値の少し下に設定します。

 

モントレFXのゾーン終了

 

モントレでは

利確時は上昇(買い)の場合は緑の範囲にあり

そのモンスターゾーンの終了が確定となりますが

 

下降トレンド(売り)の場合は、

赤のエリア終了時が利益確定となります。

 

1回の勝ちの平均pipsは82.9pipsで負けた場合の

損切り平均は11.5pipsなので

 

勝率が50%以上でトレードを行えれば

かなり大きなpipsを獲得できるロジックですが

 

大きな値動き(大きな色分けされた区域)を狙うので

ファンダメンタル要因なども関係があり

 

相場の推測を5分足と30分足の2つを分析し

兆候を察知する必要があります。

 

モントレFXの独自ロジック

 

リスクリワードが1:7なので

 

モンスター・ゾーンでトレードを

実践できる相場は1ヶ月で数十回ですが

 

無駄な相場でトレードせず

モンスターのロジックに合った

相場のみをルールに当てはめれ

 

モントレFX独自のロジックでわかりやすく

補助ツールとして初心者でも有効的に使えます。

 

再販されたモントレとツールの評価

 

モントレFXは販売が決定した後、

人気があり再販される投資商材だったようですが

 

現在は一般販売が随時されており

デイトレからスイングトレードで

 

大きなpipsを取れる時間帯を絞った取引を

行いたい方には人気があるツールのようです。

 

再販後、インジケーターの性能が変わり

バージョンアップなどはないのですが

 

モンスター・トレンドゾーンFXの再販後

インジケーターの評価を伝えたいと思います。

 

モントレFXのマルチチャート

 

モントレFXは再販後

無料で追加されたインジケータ―は

反転の確率が高くなると

 

青と紫の帯(区域)が

メインチャート上に出現するものと

 

直近(数値の調整が可能)の

高値と安値に水平線を引いて

 

ブレイクをわかりやすくする

インジケーターの2つが新しく設定できます。

 

設定すると1通貨ペアで平均して

月80回前後、1日に3~4回ほどのチャンスです。

 

上昇・下降が発生するモントレFXのエントリー

※設定されたサブメーターの表示がエントリーのポイント

 

モンスター・トレンドゾーンFXは

 

リスクリワードが1:7もあるのに

(1回勝つと6回負けても獲得したpipsが上回る)

 

勝率53%という内容は

 

大きなトレンドをキャッチすると

色分けされたモンスターゾーンが表示されますが

 

リスクである7に当てはまる

ボラティリティーの高い環境やレンジが続く相場では

 

トレンド転換の兆しを少しでも感じたら

クローズする特徴があります。

 

モンスター・ゾーンが発生した相場に

気が付くように判断ができるスキルがあれば、

 

その方向に乗っていれば確率的に利益を伸ばす

トレードができ損失の確率も減少する仕組みですが

 

FXでは基本となるトレンドフォローで

あるのではないかと思います。

 

モントレFXのラインブレイク

 

モントレFXのマニュアルでは、

 

高値、安値、更新でのブレイク等の裁量判断で

利益を最大化する方法について解説していて

 

ラインブレイクを狙うのに

便利な「利益ライン自動生成ツール」が

別売りで用意されています。

 

この投資ツールをセットすれば

サイン発生時のポイントをさらに

正確に判断できるというもので

 

相場の環境がハッキリしない場面でも

ポイントを正確に判断できますが再販後の評価は

 

モンスター・ゾーンでのサインの頻度や

エントリーポイントが増えますが

 

モントレFXで適切なロジックが増える

というものではないので

 

環境にあった判断ができれば相場に合わせ適切な

pipsを獲得できる補助ツールです。

 

モントレFXで行う実践トレードを検証

 

1ヶ月で数十回のトレンドフォローで

大きくpipsを獲得できる相場を狙い

 

大きなトレンドの波で

複数回エントリーと決済を行いますが

 

モントレFXのサインツールには

上位足を確認できる指標はセットされていません

 

そのためMT4に移動平均線などの指標を

セットする必要があります

 

モントレFXのガイドブック

 

利用者マニュアルには

 

トレンドを把握するための環境認識や

エリオット波動論、サポレジラインの確認方法など

 

自分の裁量判断で環境が分からなければ

モンスターゾーンの推測ができない仕組みです。

 

モンスター・トレンドゾーンFXでは

マルチタイムフレーム分析を使いボラティリティが高く、

 

トレンドが多く発生した相場を

通貨ペアの中から選ぶのですが

 

インジケーターで相場の流れを判断できれば

リスクを抑え大きなトレンドを

狙ったトレードを行えます。

 

モントレFXのインジケーター設定後、

 

チャート上にはエリアで下降、上昇を

色分けされたエリアが表示されますが

 

背景に何も表示されないときはレンジ状態で

モンスターゾーン内の矢印が4本目以降は

 

相場のトレンドが進みすぎている状態なので

エントリーを避けるモントレのルールです。

 

モントレFXのストップリミット

 

 

色分けされたモンスターゾーンで表示されるので

売買の判断はできると思うのですが

 

エントリーサインが表示されたのち

 

どのような相場が形成されるか推測できなければ

損切りが必要なトレードを繰り返してしまいますが

 

別売りの利益ライン自動生成ツールで

損切りのラインをわかりpipsを抑える

トレードが行えたとしても

 

まず重要になるポイントは

 

モントレFXの利食いの基本では

トレンド(区域の色が変わる)が終わると行うので

 

自動生成ツールの使い方とサインの取捨選択の

判断がモンスターツールのポイントになります。

 

その後、相場の環境を推測し

 

トレードルールを守る運用内容が

投資マニュアルには載っていますが

 

サインだけで勝ち続けるものでないので

トレンドを推測する裁量判断が必要になります。

 

下記の画像をクリックすると

モンスター・トレンドゾーンで行う

ブレイクの仕組みマニュアルの内容がわかります。

 

モントレFXのメルマガ登録画像

モンスター・トレンドゾーン – モントレ -公式サイト

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

モンスター・トレンドゾーンFXを検証|モントレFXの評価,評判


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 702018総閲覧数:
  • 1226先週の閲覧数:
  • 5703月別閲覧数:
  • 310853総訪問者数:
  • 3917月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: