フラッシュゾーンFXの勝てる相場をルール設定で実践するには

Flash Zoneの成功パターンを実践するには

 

フラッシュゾーンFXは、チャートである形状

(サイクルクローズ)を見つけて仕掛けを

セットするシステムトレードです

 

相場の反発するタイミングを判断し、

ひたすら買いのエントリー

繰り返すトレード手法。

 

フラッシュゾーンFXバナー2

フラッシュ・ゾーン FX公式サイトはコチラ

 

フラッシュゾーンFXのフラッシュとは

 

サイクルクローズを使ったトレンドの形成で

相場がブレイクするポイントですが

 

相場が上昇しきれずに戻しが入った

ポイントをチャートから探し出し

フィボナッチを使ってトレードをする

 

成り行き注文で範囲内のレート反発を

確認して実践する必要があります。

 

チャンスも多くトレード手法が有効に機能している

勝てる場面が実践の検証から確認できます。

 

Flash Zoneでフィボナッチを引きエントリー

※フラッシュゾーンで判断してはいけない場面と勝てる相場を比較

 

フラッシュゾーンFXでは

 

トレードにおけるサイクルクローズで

勝てるポイントを限定しルール体系化した

 

3つのステップをこなすだけで

誰でも手法の再現が可能。

 

サイクルクローズのチャートパターンを見つけ

確認しエントリーポイントを選びます。

 

下がり相場で、買いのエントリーを狙い

トレンドの反転を判断しトレードを行うのですが

 

フラッシュゾーンが形成される

サイクルクローズの判断は

 

インジケーターとローソク足の

ヒゲで判断します。

 

フラッシュゾーンFXサイクルクローズの判断

※フラッシュゾーンはサイクルクローズのポイントが重要になります

 

利確と損切りのポイントも

エントリー前に選び

 

フィボナッチトレースメントのラインを

判断しエントリーします。

 

エントリーチャンスは多いので似たような

サイクルクローズのパターンが現れますが

 

エントリーや利確の判断はじっくり考え

確信できる勝てるポイントで実践します。

 

フラッシュゾーンFXのダマシサイン

※フラッシュゾーンの注意点はフィボナッチで起こる騙しです

 

フラッシュゾーンのパターンを判断するには

 

焦らずにフィボナッチを使い

ラインにローソク足が止まる場面を

しっかり確認し判断する必要があります。

 

相場の条件を探しルール通り実践する方法

フラッシュゾーンで設定されるチャートを解説

※実践環境で開いたチャートなのでサインの表示はありません

 

フラッシュゾーンFXで伝えている中身は

 

手法の解説動画やインジケーターの設定

(サイクルクローズやフラッシュゾーンの設定)、

エントリー条件などを解説しています。

 

実践では相場の条件を見つけ

トレードを行うのですが

 

条件にあった買いのパターンのみ判断します。

 

設定に対してのルールは

 

動画内のインジケーターの設定で

リスクリワードのバランスとストップ,リミットの

幅を設定すると実践ができるようです。

 

フラッシュゾーンFXのエントリーチャートと判断

※フラッシュゾーンの設定を間違えてしまうとマイナスになります

 

サイクルクローズのポイントは

 

フラッシュゾーンFXのルールに沿って

損切り、利確のラインを設定します。

 

エントリールール

 

相場の前後のパターンを把握し

 

前後の相場に抵抗ラインが有るか無いかと

他通貨ペアの相関性を考えエントリーします。

 

フラッシュゾーンの条件を探すには

 

フィボナッチトレースメントでラインを引き

ローソク足がラインに触れた場所を確認します。

 

フラッシュゾーンFXのエントリー条件

※指標とローソク足が機能するルールに一致したポイントが重要

 

トレンドの底を狙い反発を狙った

トレードを動画で解説している

 

サイクルクローズやフラッシュゾーンで

勝てる相場を判断し戦略通りに実践します。

 

フラッシュゾーンFXでは

 

ショートエントリーは一切行いません。

 

ポイントはサイクルクローズの設定で

チャートパターン以外の相場もフィルターに

掛けると勝率が上がります。

 

リスク・リワードの比率でエントリーを判断

フラッシュゾーンの機能をポールジモン氏が説明

※ポールジモン氏のノウハウとコミュニティーを伝えています

 

負けている方は大抵の場合

 

・そもそものフィボナッチの引き方が間違っている
・資金管理に問題がある
・下降相場、上昇相場どちらも考えずエントリーしている

 

といった間違えた判断を行っている場合が多いのですが

 

フラッシュゾーンFXのリスクリワード

 

フラッシュゾーンの基本的な考え方としては、

 

・リスクを大きく取ればリターンも大きい、逆も同じ考え方。

(トレーリングでストップを上げれば当然リターンが 減る可能性も上がる)

・1 トレードのリスクは 0.5-2%程度にしましょう。
・資産の 30%を失ったら一旦ストップしましょう。
・リスク・リワードは 1:2 以上。

 

リスクリワード管理を間違えなければ、

トレードで大きく負ける場面はありませんし

利益を積み重ねていく実践が出来ます

 

とポールジモンさんは伝えられています。

 

フラッシュゾーンFXのサイクルクローズとは

※サイクルクローズの形でフラッシュゾーンを判断します。

 

フラッシュゾーンのリスクリワード

 

平均勝率6割【リスク:リワード】=【1:2~10】

15回での利回りは12%という計算になります。

 

トレンドフォローはコツコツドカンの

悪循環に陥りやすいため

 

利益が少なく、損失が大きいため

”おすすめ”しないですね。

 

推奨時間足は30分足が中心で、

リスクリワードは利益2:損切1が基本になります。

 

さらに長い時間足を設定すると、

勝てるポイントで騙しを減らす設定も可能です。

 

フラッシュゾーンFXの手法では

リスクリワード比率がよいので勝率40%以上を

獲得できれば利益が積み重ねられます。

 

(“フラッシュゾーン”の続きはコチラから閲覧できます。

 

下記の画像をクリックするフラッシュゾーンFX

サイクルクローズの判断トレードのメリットがわかります

 

フラッシュゾーンFXメールマガジン登録画像

フラッシュ・ゾーン FX公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

フラッシュゾーンFXの勝てる相場をルール設定で実践するには


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 702021総閲覧数:
  • 1229先週の閲覧数:
  • 5706月別閲覧数:
  • 310854総訪問者数:
  • 3918月別訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: