マーケティングFXの実践ロジックと評価|勝てない原因を検証

マーケテティングFXで引く基準のラインとは

 

全てのトレード環境を一般の投資家が基準にする

ラインを自動で判断できるインジケーターを使い

 

相場の仕組みを7つのロジックに分けトレンドとレンジの

判断ができるというマーケティングFXは

 

トレンドフォローで実践を行うために

通貨ペアの相関や時間足の傾向を

 

GMMAやボリンジャーバンドなどを組み合わせた

相場追従とダウ継続という2つのロジックを使います。

 

マーケティングFXのバナー

 マーケティングFX公式サイトはコチラ

 

マーケティングFXではマルチタイムフレーム分析を取り入れた

ライントレードを基本に実践を行いますが

 

一般のトレーダーが引くラインを自動で表示する

インジケーターの評価とロジックを使っても

実践で勝てない原因を検証したいと思います。

 

マーケティングFXでは環境認識を

トレンド一覧システムと通貨強弱システムを使い

 

トレンドとレンジが簡単にわかるように下降、上昇の

指標を通貨ペアに点数を付け判断します。

 

マーケティングFXのトレンド一覧、通貨強弱システム

※マーケティングFXのトレンド一覧システムと通貨強弱システムの表示

 

マーケティングFXのトレンドを判断するために行う

トレードはマルチタイムフレーム分析を使いますが

 

通貨ペアの点数が高いものは上昇トレンド、

低いものは下降トレンドが形成されているという意味なので

 

まずは通貨ペアの中でトレンドが発生しているチャートを選び

現在の相場で適切な通貨ペアと時間足を選びます。

 

トレンドを判断した後はトレンドフォローを

実践する環境認識を自分で検証するための

 

ラインは自動的にマルチタイムフレームで

システムツールが引いてくれます。

 

マーケティングFXのライントレード

※マーケティングFXは水平線を基準に判断します

 

マーケティングFXでは

一般のラインの基準を少しずつ判断ができるように

 

PIVOTという一般のトレーダーが基準にする

明確なラインを基準で引いてくれるので

正確な基準をわかりトレードでき

 

PIVOTと自動生成されたラインが重なるポイントは

トレーダーの基準になる勝てるポイントなので

 

マルチタイムフレーム分析で引かれたラインの基準や

時間足の違いで変わるラインの位置が同じ場合は

 

どのように機能しているかという

基準で勝てるポイントを推測します。

 

マーケティングFXのコピー機能

※マーケティングFXではチャートをコピーし複製できます

 

マーケティングFXには自分で引いたラインを

コピーし下位足に表示させる機能があり

 

どのように機能しているかを考えた

トレードの改善を行えるのですが

 

マーケティングFXの基準で重要になるポイント

自動生成されたラインとPIVOTが重なる価格帯

現状で推移するローソク足の接点でエントリーするポイントなので

 

マルチタイムフレームで相場を絞り自動で引かれたラインと

PIVOTが重なるチャートを選ぶ必要があります

 

マーケティングFXのPIVOTライン

※マーケティングFXのPIVOTと一致するポイントを色で分け表示します

 

環境を判断しマーケティングするためには

チャートを絞りエントリーの基準がわかれば

次はトレンドに合わせ押し目買いと戻り売りの判断を行い

 

基準のラインを抜けた後、トレンド方向にローソク足が

動き出すのを確認しエントリーしますが

 

重要なラインを抜けた場面でサインを送信する

アラート機能もあるので

 

自分のトレード環境に合わせサインの設定を行えば

サインを確認後エントリーを行えます。

 

マーケティングFXで表示された基準や

勝てるポイントで配信されるサインの違いは

 

トレンド判定と通貨強弱で分析後

基準になる勝てるラインを起点にトレードするので

 

自分で引いた後も相場の根拠をデーターに当てはめ分析でき

根拠の高いポイントを絞り実践できるインジケーターです。

 

全ての相場に当てはまる環境認識を説明

 

マーケティングFXの基本は一般のトレーダーが

基準にしている目安になるラインを自動で引きエントリーと

決済を行うというトレードですが

 

トレンド一覧システムで判断する下降、上昇トレンンドの

基準は上昇の場合は50点以上、下降の場合は-50点以下で

通貨ペアを選びます。

 

マーケティングFXのトレンド一覧システム

※上昇、下降のトレンドをマーケティングFXでは数値で判断します。

 

マーケティングFXには自分で引いたラインや

特定のラインとサインだけを表示させる機能があり

 

自分なりに引いた基準をオリジナルで

アレンジできるというものですが

 

サインの設定を変えれば買いのみ売りのみのサインを

表示できるのでオリジナルのラインに合わせ設定ができます。

 

環境をわかりマーケティングを行うには

サインの設定でレンジ相場を避けるようにトレンドが

 

発生している通貨ペアのみトレンド方向のサインが表示される

ように設定を行い通貨の強弱を判断しエントリーします。

 

マーケティングFXの通貨強弱システム

※通貨強弱システムは時間足を比較し傾向を判断します

 

マーケティングを実践するためのサインを設定した後は

相場に合わせマーケティングFXの投資ロジックが

 

機能する相場でサインを表示させるので

表示されたサインを自分の裁量で判断する仕組みです。

 

トレンド一覧システムはトレンドが発生している

時間足を表示しますが

 

通貨強弱システムで通貨ペアと時間足を合わせ

どのくらいトレンドが続いているかという判断を行います。

 

マーケティングFXでは

トレンド一覧システムと通貨強弱システムで

長期間発生している通貨ペアを選び

 

その通貨ペアに引かれた一般のトレーダーが基準にする

レジサポラインを中心に現在の波が

 

押し目や戻り目のポイントで自分の判断で推測する方法と

ルールである重要ラインを2連続で陽線、陰線で抜けた場面

でエントリーを行うという方法があります。

 

チャートに引かれたラインの目安を説明している動画

※マーケティングFXで表示されるポイントを説明した動画ではありません

 

マーケティングFXでは

既にトレンドが発生している相場だけを選び

 

その中で重要ラインを基準に押し目買いと戻り売りの

のエントリーを狙うので

 

勝ちやすい相場をルールに合わせ判断しロジックに

一致した環境でトレードを実践できるという仕組みです。

 

マーケティングFXで組み合わせできるテクニカル指標

※精度を上げるためにマーケティングFXでは指標の組み合わせが可能です

 

マーケティングFXでは

エントリー後の決済の判断は自分の裁量で行いますが

 

基準になるラインを現在の相場が抜けるか、戻るか

もしくは届かないなどの推測をルールに合わせ判断し

 

基準になっている勝てる相場のサインは

ライン以外の指標を組み合わせると

 

更にエントリーと決済の根拠を明確にルールに当てはめ

勝てるポイントを判断できるという特徴があります。

 

マーケティングを行うための自動決済の方法が7つあり

レジサポライン以外の指標は移動平均線、

ボリンジャーバンドなどを使うのですが

 

機能を使い分け判断するには自分のトレードに合わせ

勝てる基準を設定できる裁量知識が必要です。

 

マーケティングFXの実践ルールと活かし方

マーケティングFXで実践するエントリーポイントとは

※マーケティングFXでは全ての環境をルールに合わせ判断し実践します

・販売業者:株式会社e-FLAGS
・販売者: 楠山 高広
・所在地:〒189-0012 東京都東村山市萩山3-22-32
・電話番号:042-393-7037
・メールアドレス:info@e-flags-mail.jp
・販売価格:29,800

 

マーケティングFXの実践ルールは7つあり

 

・相場の大きさに対してのトレンド把握

・通貨ペアの強弱をわかり勝てる環境を認識する

・マーケティングFX2つのロジックに合った相場の判断

 

・オリジナルシステムで表示されるラインなどの適正知識

・トレードマインドと実践に対してのメンタル

 

・運用資金をどのように増やしていけばよいかという管理方法

・実践を行った後トレードを記録し環境を認識する

 

という7つの項目でルールがありますが

インジケーターがマーケティングを自動化してくれるので

 

チャートとシステムを確認すればエントリーするための

ポイントだけをルールに合わせ判断できるというものです。

 

マーケティングFXの2連続陽線と陰線

※マーケティングFXでは連続陽線と陰線の形成がポイントです。

 

マーケティングFXでは2連続陽線と2連続陰線後の

ラインを抜けるポイントでエントリーサインが発生します。

 

相場により押し目、戻りのチャンスを重要ラインに触れるまで

待ちエントリーを行うような場合もあり

 

マーケティングFXのロジックに適した勝てるポイントを

環境認識を行い自分で判断する必要があります。

 

環境認識の判断はエントリー前の相場が

勝てる環境か分析を行い判断しますが

 

トレンド、通貨ペアの強弱、マルチタイムフレームで

重要ラインを探し

 

マーケティングの投資ロジックである

押し目買い、戻り売りと2連続陽線、あるいは陰線を

判断しトレンドの発生を根拠に合わせ推測します

 

マーケティングFXのシステムを使いチャートを選定するには

※マーケティングFXではトレンド一覧と通貨強弱の数値の傾向が一致します

 

勝てるポイントでマーケティングFXの

ルールを活かしエントリーの判断を実践するには

 

オリジナルのシステムと基準ライン、サインを設定した

チャートを使いトレンドが発生した相場を選びます。

 

選んだ相場の時間足と通貨ペアの強弱を確認し

ロジックである相場追従、ダウ転換などのルールに合った

ポイントを選びトレードを行います。

 

実践後は運用資金の比率やどのように

資産を増やせばよいかという

 

資金管理をマーケティングFXで伝えている方法と

一致するように実践し自分で行ったトレードを記録し

 

実践相場がどのように変わっていくかという

環境認識とチャートを開いたトレンドが発生している

 

相場がどのような仕組みで形成されているかを

当てはめ勝てるポイントを検証します。

 

マーケティングFXのレンジ相場の判断

※レンジでは0点を基準にマーケティングFXのシステムを確認します

 

マーケティングFXではレンジでも

実践できるのですが

 

レンジで勝てる環境を推測し実践するには

トレンド通貨システムと通貨強弱システムで

トレンドが発生している相場の数値を確認し

 

0点に近い相場や通貨ペアではレンジが発生している確立が

高くボリンジャーバンドの指標で実践できるロジックに合わせ

 

標準のラインを設定しマーケティングする環境を

チャートパターンに当てはめると推測できる確立が上がります。

 

ボリンジャーバンドの要素にライントレード、チャートパターン

を合わせ環境に一致する根拠が明確になると

 

実践の勝率も上がり相場でどの位の期間トレンドが発生するか

自分で推測できるのでpipsも大幅に獲得できます。

 

マーケティングFXで注意しないといけないポイントは

 

重要ラインで判断ができないような勝てない相場や

自分で引いたラインが基準にならないような場合は

トレードを行わないというルールなので

 

形成される相場が基準のロジックに合っていて

勝てる環境であるか検証し判断する必要があります。

 

マーケティングFXで実践するロジックの評価

 

マーケティングFXには7つのロジックがあり

その中で2つの投資ロジックが基本になり

 

この2つのロジックを環境に合わせ組み合わせると

大半の相場で実践ができる仕組みです。

 

マーケティングを行う2つの投資ロジックを基本に

自分の環境にあったトレード相場を選び実践するには

 

一般のラインを基準に判断する必要がありますが

基本になる2つのロジックを説明すると

 

マーケティングFXの相場追従ロジック

※マーケティングを実践する環境をチャートパターンで判断する

 

相場追従ロジック

 

チャート上に水平線を自分で引いて

トレードを行います。

 

自分で引きマーケティングする相場を

判断するので個人差がありますが

 

時間足を分析し機能するラインを理解し

マルチタイムフレーム分析を学ぶという仕組みです。

 

自分で引いたレジサポ、トレンドラインを

コピーし多角的に分析ができるので

 

納得できるラインを引きチャートを分析した後で

勝つためには根拠を分かった推測が重要です。

 

マーケティングFXのダウ継続ロジック

※レジサポラインを基準にダウ理論を当てはめマーケティングします

 

ダウ継続ロジック

 

ダウ理論を使いトレンドがどの位の期間発生するかを

推測し押し目や戻り目の継続ポイントでエントリーします。

 

ダウ理論が完成する前のチャートを見つけどの時間足で

トレードを行うか判断します。

 

 

マーケティングFXでは

自動で基準になるラインを生成するというシステムがあり

 

設定すると色分けされた基準になる時間足が

チャート上に表示されるので

 

マルチタイムフレームで引かれた基準がどのように

機能するか自分で分析しながら理解するというものです

 

マーケティングFXで使うルールとロジックを説明

※マーケティングFXを実践するために必要な内容を説明しています

 

マーケティングFXでは

ルールが決まっているのですが

 

1時間足以下では実践を行わず

1時間足ではデイトレードのチャンスが多く

 

4時間足はダウ継続率が高いのですが

エントリーできる頻度は減ります。

 

日足ではチャンスはかなり少ないので実践はあまり行いませんが

継続理論をで学ぶという意味では勉強になります。

 

ダウ完成前のチャートは

トレンド一覧システムでLの部分の矢印が↑か↓になっている

通貨を見つけGとIも同じ矢印になっているかどうか確認します。

 

マーケティングできる環境に一致する

相場を選びチャートを開いた後は

 

ダウ継続のライン(水平線)が表示されているので

ローソク足が抜けるとエントリーを行います。

 

マーケティングFXのトレンド、レンジ相場での対応

※マーケティングFXではトレンドとレンジをシステムで判断します

 

2つのロジックで判断できる相場がマーケティングFX

が機能する適切な環境ですが

 

レンジなどでサインやポイントを判断するには

テクニカル指標を組み合わせ判断する必要があります

 

2つのロジック以外によく使われるものは

いつでもロジックというエントリーのタイミングを

選ばず環境を判断するもので

 

マーケティング分析を実践するための順序は

トレンド一覧と通貨強弱システムで

トレンドが発生している通貨ペアを選び

 

現在の価格がチャートに表示される重要ラインで

挟まれていれば基準としてエントリーを考えるロジックです。

 

マーケティングFXのいつでもロジック

 

エントリーと利確、損切りのポイントを基準になるラインで

判断するので実践後は基準に触れた時点で終了です。

 

レンジでのマーケティングも同じように

チャートパターンに当てはめ

 

時間足を比較しすべての相場をマルチタイムフレーム分析で

表示するトレンド一覧システムを使い検証します。

 

通貨ペアの強弱とトレンド一覧を合わせ通貨を選び

重要ラインの間で相場が形成されていれば

エントリーを行う準備をします。

 

上下に引かれたラインを基準にエントリー後は

トレンドが形成された方向に接するラインを基準に決済します。

 

マーケティングFXのロジックの評価や評判は

トレードの基準を自分で判断できる

 

知識とすべての相場に対応できるマルチタイムフレーム分析を

学ぶために実践したいと思っている方には高評価です。

 

初心者でも始めた後は相場を実践を行い学ぶ仕組みなので

トレードを継続しロジックや理論を環境で判断できる

まではデモで実践するという内容になっていますが

 

環境認識のためにトレード理論マニュアルがあるので

実践した環境を分析時にマニュアルに当てはめどのような

根拠があるか実践を繰り返し身につける仕組みです。

 

チャート上のラインで勝てない原因を検証

 

マーケティングFXではすべての相場に当てはまる

チャート上の重要ラインで実践を行うエントリーと決済を

判断するのですが

 

チャート上に引かれたラインの判断で勝てないような

相場や原因を検証したいと思います。

 

マーケティングFXでは資金管理のルールがあり

インジケーターを利用し実践を続けるためのマニュアルがあり

 

ルールをどれだけ守り続け勝てるトレードで資産が増えるか

という仕組みをシステム化しています。

 

マーケティングFXの実践結果登録システム

※トレードを実践した結果をマーケティングFXではシステムで管理します

 

実践後のトレード結果をデータ反映するというシステムを使い

実践結果と相場を合わせどのような環境でトレードを行えば

 

大きくpipsを獲得できるかという実践データを

日誌のように記録するシステムもあり

 

休日に自分のトレードを振り返り環境認識を判断できる

ポイントを分析します。

 

分析は実践するポイントの根拠を判断するために行うので

相場が動く仕組みを基準に推測するというものです。

 

マーケティングFXでは

トレンドが発生している相場を選んだ後はチャート上の

 

重要ラインの判断でトレードを行いますが

勝てない原因を検証すると

 

相場で継続するトレンドを確認するにはダウ理論の

タイミングを計る必要があり

 

大きな波のトレンドであっても短時間足の中ではレンジ

になるような期間もあるため

 

重要ラインに相場が触れてもまた戻りなかなか利確の

ラインに近づかないような相場が発生する場合があります。

 

このようなマーケティングできない相場を

間違えないように環境を判断するには

 

マルチタイムフレーム分析でどの位の期間で上昇、下降

方向に進むのかを推測し

 

エントリーのタイミングを推測すれば

エントリー時の問題はかなりの確率で無くなります。

 

マーケティングFXの2連続陽線と陰線のメリット,デメリット

 

マーケティングを行う環境の基本は

2連続陽線、陰線で発生するサインの精度は

高く始めは環境に合わせ

 

マーケティングFXのルールに一致した相場のみを

状況に合わせロジックの判断を行い実践するのですが

 

トレンドが発生している相場を選んだ後は

一般のトレーダーが引く重要ラインなどを基本に

 

エントリー時のサインの設定を行えばルールに合った

相場が発生しラインを基準にエントリーを行えます

 

マーケティングFXでは

相場の環境により時間足を選びトレードを行うので

 

長時間のトレードで日をまたぐような相場では

思わむ方向に相場が変わっていても確認が困難になるという

問題も発生するのですが

 

デイトレードを行う時間帯を決め相場の確認を行える

ような環境で実践すれば環境認識の理解度で結果は変わります。

 

ロジックが身に付く期間は実践回数により違いますが

環境認識はツールを使い実践と回数を重ねながら

自分で身に付けマーケティングするという仕組みなので

 

初心者でもラインを基準に相場のトレンドを判断し

すべての環境に対応できるインジケーターです

 

下記の画像をクリックすると、マーケティングFXで行う

トレードロジックトレンド発生システムの内容がわかります。

 

マーケティングFXの7つのルールとは

 マーケティングFX公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

マーケティングFXの実践ロジックと評価|勝てない原因を検証


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 644047総閲覧数:
  • 1803先週の閲覧数:
  • 4619月別閲覧数:
  • 273717総訪問者数:
  • 2846月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: