ボリンジャーバンドの設定や組み合わせで根拠がわかる使い方

ボリンジャーバンドの指標と見方を説明

 

ボリンジャーバンドとは

米国のジョン・ボリンジャー氏が開発した指標で

 

価格変動率(ボラティリティ)を示す偏差が利用され

レンジやトレンドなどの方向を変化に応じ

 

広がりを確認しながら値動きを

推測する分析指標です。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバナー

 

インジケーターの指標で有名なボリジャーバンドですが

テクニカル分析を行う上で知っておきたい仕組みをまとめ

ましたので以下のポイントで説明したいと思います。

 

・開発者ジョンボリンジャー氏が伝える見方を説明

・ボリンジャーバンドを利用した環境認識

・他の指標と組み合わせ時間足の違いで分析するには

・手法の勝率を上げる指標の使い方

 

という内容を経験を踏まえながら

ボリンジャーバンドを使い

勝率を上げる使い方を説明したいと思います。

 

3本のラインを上下に広げ相場により幅の広がりを確認し

今後の値動きを推測するのですが

 

幅は標準偏差が使われ上の3本が+1σ,+2σ,+3σ

下の3本が-1σ,-2σ,-3σのラインが引かれ

 

ライン内に収まる確率が1σで68%,2σで95%,

3σで99%の確率で相場に収まる仕組みです。

 

ボリンジャーバンドの使い方のスクイーズとエクスパンション

※使い方はエクスパンションとスクイーズに分かれる

 

3本の広がりでボラティリティが一目でわかり

トレンドが発生する初動を

 

帯や線の広がりで判断し

勝率が上がるポイントを推測します。

 

ボリンジャーバンドの開発者である

ジョン・A・ボリンジャー氏は

 

標準偏差の大きさ以内に収まる

環境では大きな相場の変動はなく

 

抜けるような環境では

トレンドの転換や継続、ボラティリティが高い

状況に変わると伝えています。

 

ジョン・ボリンジャー氏が指標の仕組みを説明

※ボリンジャー氏がラインで勝率の高い設定や使い方を説明しています

 

基本の使い方は順張りで

エントリーするために±2σが推測でよく使われ

 

ボリンジャーバンド内の±2σや±3σに

ローソク足が抜けた後、判断します。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンド内の値動き

※ボリンジャーバンドは3本のラインの間隔で環境を推測する指標

 

適切な仕組みをジョン・A・ボリンジャー氏は

ラインの外側に終値が位置している場面では

 

トレンドの発生、継続として

反転の状況ではないと伝えています。

 

ボリンジャーバンドの使い方の標準偏差

※表示されるボリンジャーのラインは標準偏差を基準にしている

 

逆張りや順張りを狙うために確認する

テクニカル分析に使いますが

 

使い方は標準偏差を用い勝率の高い場面を

ボラティリティの大きさと値動きの変動を判断でき

 

価格変動の大きな相場や変動が小さいレンジから

ブレイクするような推移を察知できるので

 

逆張りを狙ったり収縮した相場から順張りを

狙う場面で根拠を明確にできる指標です。

 

ボリンジャーバンドを使い環境認識するには

 

ボリンジャーバンドを使う場面は

 

レンジやトレンド発生時の環境から

大きなトレンドの発生や継続を推測し

 

実践で大きな

利益に変わる場面を絞ります。

 

スクイーズという収束した場面ではレンジよりで

一定の値動きが続く相場が続きますが

 

エクスパンションという

広がったボラティリティが大きく動く場面では

 

新しい相場が形成されトレンドが

発生する場合もあるのでスクイーズ後の

変化する場面を絞ります。

 

ボリンジャーバンドの使い方の間隔を推測するポイント

※3本のラインは±σを基準に勝率の高いポイントを推測します

 

エントリーを行う根拠を

明確にするための指標なので

 

他の指標と組み合わせローソク足の並びなど

に注意しながら勝率の高いポイントを絞りますが

 

センターラインが移動平均線なので

統計学的にセンターラインを意識すると

平均値の乖離を正確に把握できます。

 

ボリンジャーバンドの基本パターンとは

※設定した後の環境認識と使い方を説明

 

エクスパンションという幅が大きく広がった後

大きくローソク足が動き相場を形成する場面では

 

バンドウォークといわれる

ローソク足と同じように沿って移動する

現象が発生するので

 

ボラティリティが高い状態で

相場が推移している状況です。

 

ボリンジャーバンドの使い方の順張りの目安

※ボリンジャーバンドは大きなトレンドの初動を発見できる

 

基本になる使い方は

 

現在の位置が為替の値動きで

どの位置にありどのように広がる、狭まるのか

場面に注目し環境認識を行いますが

 

エクスパンションが発生する

トレンドの初動や転換の兆しの推測が

主な指標の役割になっています。

 

他の指標と組み合わせ時間足で違いを分析

 

ボリンジャーバンドはMT4インジケーターの

指標として設定を行うのですが

 

1つの指標でトレードの根拠を明確にするには

使い方だけでは限界があり

 

一般のトレードではトレンドの天底がわかる指標などを

同時に表示し相場の状況を推測します。

 

ボリンジャーバンドの指標の組み合わせ

※相性の良い指標の組み合わせと使い方を説明

 

±2σのラインを超えている場面では

 

オシレーター系の指標と組み合わせ使うと

トレンドの発生や継続を正確に確認できます。

 

ボリンジャーバンドの仕組みは上下合わせて

7本のライン内で収束する確率で推測するので

 

ローソク足のタッチやラインブレイクした場面が

エントリーの目安になっています。

 

組み合わせで売買パターンを絞るために

よく利用される指標としては

 

 

RSIを組み合わせた推測と使い方

ボリンジャーバンドのRSIの組み合わせ

※RSIの表示はトレンドの発生と転換がわかる

 

相場の買われすぎ売られすぎがわかる

指標で設定値を変え

 

エントリーや決済のポイントを

合わせ推測を行います。

 

トレンド発生時は順張りでエントリー、

レンジでは逆張りで実践します。

 

 

MACDを組み合わせた推測と使い方

ボリンジャーバンドのMACDの組み合わせ

※MACDの表示で大きく値動きのある場面

 

2本の移動平均線が表示され

発生したトレンドの周期とタイミングを

ラインと合わせ確認します。

 

ポイントが一致する場面では

移動平均線のローソク足の位置がずれてしまうと

騙しに変わるので注意が必要です。

 

 

ストキャスティクスの推測と使い方

ボリンジャーバンドのストキャスティクスの組み合わせ

※ストキャスティクスで継続する相場を推測

 

オシレーター系の代表的な指標で

ストキャスの指標が80以上で買われすぎ

20以下で売られすぎを判断する

 

2本の線で表示された%で

相場の状況を推測し

 

%Kが%Dを抜ければ買い逆であれば売りで

エントリーを行います。

 

 

複数の移動平均線を合わせた推測と使い方

ボリンジャーバンドの移動平均線の組み合わせ

※移動平均線とボリンジャーバンドのσの位置を確認し推測する

 

移動平均線のゴールデンクロスや

デットクロスの表示で

 

短期線が中長線を抜けるとハイエントリー

逆に下抜けした場合はローエントリーを行います。

 

重要な勝率の高いエントリーポイントを

トレンドの方向と強さで確認できるので

勝率は上がります。

 

 

ボリンジャーバンドの日足チャートの目安

※時間足の違いを確認しボリンジャーバンドを設定する

 

ボリンジャーバンドは

 

大きさが相場を形成するローソク足の値動きを

確認する場面で利用する手法や目安が違い

 

30分足では±3σの幅が50pips以上

1時間足では±3σの幅75pips以上

4時間足で150pips以上、日足だと350pips以上と

 

時間足の長さでどのくらいの幅が

必要になるか確認が必要になり

 

ボラティリティの幅が大きいもしくは

小さいほど確率が高くは無いので

 

状況により組み合わせた指標とルールを合わせ

エントリーの根拠を明確にした後で実践します。

 

設定上の指標σで表示されるバンドの確率

 

ボリンジャーバンドの特徴は

 

ローソク足の値動きが推移する仕組みを原則に

 

広がる場合は売られすぎ、

買われすぎの傾向がわかり収縮後、

 

ラインを抜けるとトレンド転換の

可能性が高い指標ですが

 

一般的な方法は3本のライン内2σ又は3σに

ローソク足がタッチしたり抜ける場面で

反発またはブレイクする考え方です。

 

ボリンジャーバンドの使い方のσの確率

※ボリンジャーバンドの間隔は3本の幅で決まっている

 

σで表される3本のラインの確率は

 

±1σの標準偏差内で動く確率 68.27%

±2σの標準偏差内で動く確率 95.45%

±3σの標準偏差内で動く確率 99.73%

 

上記の確率でチャート上の価格変動が

この先、範囲内で収まる可能性が高いと推測します。

 

±2σでは95.55%、

±3σでは99.74%の確率で越え反発、

又はブレイクするという意味ですが

 

ライン内にローソク足が収まっている場合は

 

値動きが一定で相場が

維持されている状況なので

 

無理なトレードは行わず環境に一致した

推測が求められる仕組みです。

 

ボリンジャーバンドの使い方の基本の順張り

※引いたラインと3本のσを接点にエントリーを推測する

 

指標のみでは環境が適切に

判断できない相場もあるので

 

基本である幅が広がる相場で

順張りで狙う手法が主な使い方です。

 

ボリンジャーバンドの間隔とσの確率を説明

※ボリンジャーバンドと移動平均線の仕組みが使い方のポイント

 

ラインの収縮は幅が狭い場面では

 

収束している場面では

反発する可能性を利用し逆張り

 

拡大している場面では

形成されている順張りなどの

 

エントリーや決済の根拠

としてポイントを絞ります。

 

ボリンジャーバンドの使い方の注意ポイント

※設定後の注意点はトレード手法により違う

 

レンジ相場での価格推移では

 

ボリンジャーバンドの上下の幅が

±3σがレジサポライン(抵抗線)として機能するので

 

上下のラインを抜ければ買われすぎ、売られすぎ

が起こっているシグナルになるのですが

 

上昇や下降に推移して形成されている場合は

ラインに沿ってローソク足も推移する

 

バンドウォークに変わるので順張りの考え方

環境を推測する場面が多くなります。

 

ボリバンを使いFX手法の勝率を上げる設定

 

ボリンジャーバンドは

トレンドフォローで実践するような

FX手法では効果を発揮します。

 

現在の環境でトレンドが

発生するか推測するために

 

ボリンジャーバンドの形と

移動平均線の位置を分析すると

 

騙し相場の回避や期待値の高い

バンドウォークがわかります。

 

ボリンジャーバンドの使い方のトレンド判断方法

※ボリンジャーバンドの形とローソク足の推移で判断する

 

トレンドを判断できる使い方として

 

ボリンジャーバンドには±

トレンドフォローを基本にしたエントリーと

 

エクスパンションが発生した後

バンドウォークで推移の推移で

エントリーする2つの判断方法があり

 

移動平均線を複数設定するとトレンドが

はっきりわかるようになります。

 

 バンドウォークで勝率を上げるボリンジャーとは

※使い方は時間足を長時間足で表示させます

 

ポイントを絞る使い方は

 

ボリンジャーバンドと移動平均線を

同時に表示させ

 

MAと期待値でトレンドの大きさや

バンドウォークを推測すると

 

騙しの回避や大きなトレンドに

一致したポイントでエントリーできるので

 

ダウ理論などの傾向なども分析すると

更に根拠を明確にできます

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンドの設定値

※パラメーターの設定でボリンジャーバンドの幅を設定する

 

ボリンジャーの設定で

FX手法の勝率を上げるには

 

基本的な期間に対しての設定値が

重要になるのですが

 

デフォルトの設定では20が設定されていて

 

一般の設定ではこの20が多くのトレーダーが

意識している標準の指標です。

 

しかし、一般のトレード手法は

反応が20では遅れがちなるため

 

1分足や5分足の場合は移動平均線の設定を

10に変更し短い期間で判断すると

 

短期間でもラインが先に反応し

トレードチャンスを逃さず推測できます。

 

ボリンジャーバンドの使い方の短期間の表示

※価格の小さな値動きでもボリンジャーバンドは反応しやすい

 

短期のラインは小さな値動きが反映され

騙しが多くなるので推移を把握できますが

 

根拠を明確にするためには

他の指標を組み合わせ確率を上げます。

 

長期間のトレードでは

 

指標を変える必要があり基準の数値を20以上に

設定した実践が一般的な設定です。

 

複数の時間足を合わせ相場の方向を見ながら

特性で現在の状況を推測するので

 

時間足を増やし標準偏差で表示される

±2や3σをレジサポラインと同じように利用すれば

 

決済のポイントも簡単に絞れる相場もあるので

勝率の高いトレードを実践できます。

 

実践で順張りや逆張りを行う場合の使い方

 

ボリンジャーバンドの見方と使い方を

簡単に説明すると

 

上に抜けた場合は買い、下に抜けた場合は

売りのエントリーを行うという基準で

 

±2σを基本に周辺を狙う逆張りと

ラインの拡大を推測する順張りが

ボリンジャーバンドを使ったFX手法になります。

 

使い方は開発したジョンボリンジャー氏が

 

価格の値動きがラインの外側に

位置している場合は

 

トレンドの継続を期待し順張りの

トレード手法を推奨すると伝えています。

 

ボリンジャーバンドの使い方のレンジ相場対応

※レンジ相場でもボリンジャーバンドでポイントを推測できる

 

環境に合わせ設定を変えるとレンジでも

逆張りでブレイクを狙え

 

移動平均線と標準偏差を

パラメーターの設定で期間と偏差の項目を

初期値に合わせ20と設定します。

 

3つのラインを表示させるのが

一般的で2本目は偏差の数字を2と入力し3本目は3と

入力すると標準偏差のσが表示されます。

 

レンジ相場で発生するスクイーズという

収束し移動平均線が水平になっている場面では

 

トレンドが発生する環境に変わるまで

上限と下限にローソク足が達したら

上限で売り下限で買いを狙います。

 

ボリンジャーバンドの使い方のレンジでの売買

※レンジ相場ではボリンジャーバンドの上限と下限で売買を判断

 

ボリンジャーバンドの上限をレジスタンス、

下限をサポートラインとして

 

基準を判断し±2σをローソク足が抜けたら

反転を狙い逆張りでエントリーします。

 

使い方の基本は順張りになるので

 

トレンドが発生した場合に現れる

ボリンジャーバンドの形で環境を判断しますが

 

トレンドフォローを行うシグナルとして

順張りのエントリーを行います。

 

ボリンジャーバンドの使い方の順張り相場

※順張りの場合はボリンジャーバンドで初動を発見する

 

ポイントはブレイクが発生した

初動を狙う場面のみで推測し

 

±2σにローソク足が達した場面が

ブレイクポイントかどうかを推測し判断します。

 

トレンドが発生していると思えても

長時間足で確認するとレンジ相場である場合は

一時的に達しただけなので

 

マルチタイムフレーム分析などを使い

上位足と下位足を組み合わせ

 

相場が同じ方向に推移している場面に絞り

エントリーすると勝率が上がります。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンドの推移

※ボリンジャーバンドに沿ってローソク足が移行する場面がある

 

実際に実践すると値動きに伴い拡大、収束するので

移動平均線と同じように推移しますが

 

ローソク足と同じ方向に移行する表示は

 

相場が急落や急騰しない限り

ライン内に収まる仕組みになっていて

 

ライン内の確率だけでトレードしようと思っても

勝率の高いポイントを絞れない場合もあり

 

環境により線を引く相場や違う

指標を組み合わせ

 

実践ポイントの根拠を明確にするための

1つの指標であるという根拠の基準は

 

ボリンジャーバンドだけで判断すると

優位性が低いので他の指標や裁量ルールに

合わせた推測が求められます。

 

下記の画像をクリックすると利益に変わるブログ内

インジケーター分析,比較人気ランキングがわかります

 

ボリンジャーバンドの使い方のインジケーター比較

インジケーターのオススメ人気ランキング比較ページはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ボリンジャーバンドの設定や組み合わせで根拠がわかる使い方


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

お問い合わせはコチラ

有益な投資情報をブログ配信

有益な情報を配信

現在のオンラインユーザー

  • 715683総閲覧数:
  • 1206先週の閲覧数:
  • 2781月別閲覧数:
  • 320973総訪問者数:
  • 1972月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

メルマガでブログ商材配信

メールマガジン配信画像