ボリンジャーバンドの使い方でFX手法の勝率を上げる設定とは

   2021年01月25日 投資ロジックを分析, 投資検証,利益に変わる分析

ボリンジャーバンドの指標と見方を説明

 

ボリンジャーバンドとは米国のジョン・ボリンジャー氏が

開発したテクニカル指標で価格変動率(ボラティリティ)を示す

 

偏差が利用されていてレンジやトレンドなどの

相場の方向を変化に応じ広がりを確認しながら

値動きを推測する分析指標です。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバナー

 

インジケーターの指標で有名なボリジャーバンドですが

テクニカル分析を行う上で知っておきたい仕組みをまとめ

ましたので以下のポイントを説明したいと思います。

 

・開発者ジョンボリンジャー氏が伝える見方を説明

・ボリンジャーバンドはどのような指標でどう使うの

・ボリンジャーバンドを利用した環境認識

・他の指標と組み合わせ時間足の違いで分析するには

・FX手法の勝率を上げる順張り、逆張りの使い方

 

という内容を経験を踏まえながら

ボリンジャーバンドを使いFX手法の

勝率を上げる使い方を説明したいと思います。

 

ボリンジャーバンドは

3本のラインを上下に広げ相場により幅の広がりを確認し

今後の値動きを推測するのですが

 

幅は標準偏差が使われ上の3本が+1σ,+2σ,+3σ

下の3本が-1σ,-2σ,-3σのラインが引かれ

 

ライン内に収まる確率が1σで68%,2σで95%,3σで99%

という確率で相場に収まるという仕組みです。

 

ボリンジャーバンドの使い方のスクイーズとエクスパンション

※ボリンジャーバンドの使い方はエクスパンションとスクイーズに分かれる

 

3本の広がりでボラティリティが一目でわかり

トレンドが発生する初動をエクスパンションとスクイーズという

形で判断し勝率が上がるポイントを推測します。

 

ボリンジャーバンドの開発者である

ジョン・A・ボリンジャー氏は

 

チャートを形成するローソク足の傾向をパターンに置き換え

ボリンジャーバンドの標準偏差の大きさ以内に収まる

 

環境では大きな相場の変動はなく抜けるような環境では

トレンドの転換や継続、ボラティリティが高い

状況に変わると伝えています。

 

ジョンボリンジャー氏がバンドの仕組みを説明

※ボリンジャーバンドの勝率の高い設定や使い方を説明しています

 

基本の使い方は順張りでエントリーを行うために

使用しますが±2σが推測するために

よく使われスクイーズで

 

収束されたのちにエクスパンションという

広がりで相場がブレイクするポイントを予測します。

 

エントリーや決済のタイミングは自分で利用している

ツールなどのルール(もしくは自分の裁量ルール)で決め

 

決済時もボリンジャーバンド内の±2σや±3σに

ローソク足が抜けた後、判断します。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンド内の値動き

※ボリンジャーバンドは3本のラインの間隔で環境を推測する指標

 

ライン内にローソク足が収まっている場面が大半なので

移動平均線の乖離や接点で推測しますが

 

ボリンジャーバンドに触れた接点だけでは

シグナルとは言えない場面もあるので

 

適切な仕組みをジョン・A・ボリンジャー氏は

ラインの外側に終値が位置している場面ではトレンドの発生、

継続として反転の状況ではないと伝えています。

 

ボリンジャーバンドの使い方の標準偏差

※ボリンジャーで表示されるラインは標準偏差を基準にしている

 

指標の見方や使い方が簡単にわかるように

ボリンジャーバンドの見方と傾向を大きく分けると

 

スクイーズというレンジよりの収束された相場と

エクスパンションという大きく開く場面で逆張りや

順張りを狙うために確認するテクニカル分析に使いますが

 

ボリンジャーバンドの使い方は標準偏差を用い

勝率の高い場面をボラティリティの大きさと

値動きの変動を判断でき

 

価格変動の大きな相場や変動が小さいレンジよりの相場から

ブレイクするような推移を察知できるので

 

バンドを抵抗ラインとして逆張りを狙ったり

収縮しボラティリティの幅が狭い相場から広がるような

ブレイクで順張りを狙う場面で根拠を明確にできる指標です。

 

ボリンジャーバンドを使い環境認識するには

 

ボリンジャーバンドは相場の環境を認識しバンドウォークなどの

大きな収益に変わる場面を発見できる場合もありますが

 

レンジやトレンド発生時の現在の環境から大きなトレンドの

発生や継続を推測し実践で大きな利益に変わる場面を絞ります。

 

スクイーズという収束した場面ではレンジよりで

一定の値動きが続く相場が続きますが

 

その後エクスパンションという広がったボラティリティが

大きく動く場面では新しい相場が形成されトレンドが

発生する場合もあるのでスクイーズ後の変化する場面を絞ります。

 

ボリンジャーバンドが拡大するような場面では

ローソク足が抜けた方向に

 

順張りでエントリーを行う方法が基本ですが実際の為替や

株価がどのようになっているか確認する必要があります。

 

ボリンジャーバンドの使い方の間隔を推測するポイント

※ボリンジャーバンドの±σを基準に勝率の高いポイントを推測します

 

ボリンジャーバンドの構成は

標準偏差を表す3本の1σ,2σ,3σの乖離と動き方を

 

推測するためにローソク足の値動きに対し上位足のチャートを

確認し他の指標と組み合わせ環境認識を行います。

 

エントリーを行う根拠を明確にするための指標なので

他の指標と組み合わせローソク足の並びなどに注意しながら

勝率の高いポイントを絞りますが

 

ボリンジャーバンドはセンターラインが移動平均線なので

統計学的にセンターラインを意識すると平均値の乖離を

正確に把握することができます。

 

ボリンジャーバンドの基本パターンを伝えている動画

※ボリンジャーバンドを設定した後の環境認識と使い方を説明

 

エクスパンションという幅が大きく広がった後

大きくローソク足が動き相場を形成する場面では

 

バンドウォークというローソク足と同じようにバンドが沿って

移動する現象が発生するのでボラティリティが高い状態で

相場が推移している状況です。

 

ボリンジャーバンドでトレンドが発生した後の相場を

推測するにはマルチタイムフレーム分析を使い

 

自分で実践を行う時間足と推移しているローソク足が

長時間足のトレンドに一致した推移をしているかどうかを

 

チャートのパターンに当てはめその後のトレンドが

継続し易いか難しいかを判断するとトレンド発生後の推測も

出来るようになります。

 

ボリンジャーバンドの使い方の順張りの目安

※ボリンジャーバンドは大きなトレンドの初動を発見できる

 

基本になる使い方はボリンジャーバンドの±2σの

逆張りや大きく開く場面を狙う順張りが

エントリーポイントを絞る目安なので

 

ボリンジャーバンドの位置が為替の値動きで

どの位置にありどのように広がる、狭まるのかという

場面に注目し環境認識を行いますが

 

ボリンジャーバンドを使う場合はエクスパンションが

発生するようなトレンドの初動や転換の兆しで実践する

環境の推測が主な指標の役割になっています。

 

他の指標と組み合わせ時間足で違いを分析

 

ボリンジャーバンドはMT4インジケーターの指標として

設定を行うのですが1つの指標でトレードの根拠を

明確にするには使い方だけでは限界があり

 

一般のトレードではトレンドの天底がわかる指標などを

同時に表示し相場の状況を推測します。

 

ボリンジャーバンドの指標の組み合わせ

※ボリンジャーバンドと相性の良い指標の組み合わせと使い方を説明

 

3本のライン内に収まる確率を算出しボリンジャーバンドの

±2σのラインを超えているチャートは高確率で戻り

チャート上にわかりやすく表示された指標は

 

他のオシレーター系の指標と組み合わせ使うと

テクニカル分析でトレンドの発生や継続を

正確に確認できます。

 

ボリンジャーバンドの仕組みは上下合わせて

7本のライン内で収束する確率で推測するので

 

ローソク足がタッチした場面で逆張りや

上限や下限をブレイクした順張りが

エントリーポイントを絞る目安になっています。

 

ボリンジャーバンドの組み合わせで売買パターンを絞る

ためによく利用される指標としては

 

ボリンジャーバンドのRSIの組み合わせ

※ボリンジャーバンドとRSIの表示はトレンドの発生と転換がわかる

 

RSIを組み合わせた指標の推測と使い方

 

相場の買われすぎ売られすぎがわかる指標で

自分のトレードに合わせ設定値を変え

 

ボリンジャーバンドのエクスパンションの広がりや

スクイーズの収束時にエントリーや決済の

ポイントを合わせ実践の推測を行います。

 

トレンド系とオシレーター系の指標の組み合わせなので

±2σの位置とRSIの買われすぎ、売られすぎの設定値を

超えているかを基準にポイントを絞ります。

 

騙し相場の確率を減らしトレンドが発生している場面で

順張りでエントリー、レンジでは逆張りで実践します。

 

 

ボリンジャーバンドのMACDの組み合わせ

※ボリンジャーバンドとMACDの表示で大きく値動きのある相場を推測

 

MACDを組み合わせた指標の推測と使い方

 

2本の移動平均線が表示され相場で発生したトレンドの

周期とタイミングをバンドと合わせ方向性を確認します。

 

ヒストグラムという色で上昇と下降を表示した棒が

表示されますが設定で表示を消しトレンドの周期を

確認することもできるので

 

使い方としてはバンドの広がりと2本の移動平均線が

クロスするようなポイントで上昇、下降の初動を狙います。

 

ポイントが一致する場面では

移動平均線のローソク足の位置がずれてしまうと

騙しに変わるので注意が必要です。

 

ボリンジャーバンドのストキャスティクスの組み合わせ

※ボリンジャーバンドとストキャスティクスで継続する相場を推測

 

ストキャスティクスを組み合わせた指標の推測と使い方

 

オシレーター系の代表的な指標でストキャスの指標が

80以上で買われすぎ20以下で売られすぎを判断する

2本の線で表示された%で相場の状況を推測します。

 

1本のストキャスの線を%Kもう1本を%Dといい

%Kの3単位分期間の平均を%Dを表示し

組み合わせをファストストキャスティクスと呼びます。

 

%Dとその平均%DSで表示される

スローストキャスティクスと呼ばれるものもあり

 

ストキャスの指標が0近づけば売られすぎ100に近ずけば

買われすぎと判断し%Kが%Dを抜ければ買い

逆であれば売りでエントリーを行います。

 

 

ボリンジャーバンドの移動平均線の組み合わせ

※移動平均線とボリンジャーバンドのσの位置を確認し推測する

 

複数の移動平均線を組み合わせた推測と使い方

 

複数期間の移動平均線を組み合わせると指標がクロス

する部分とバンドがどのような位置にあるかを確認し

 

移動平均線のゴールデンクロスやデットクロスの表示で

短期の移動平均線が中長期の線を抜けるとハイエントリー、

逆に下抜けした場合はローエントリーを行います。

 

パーフェクトオーダーの状況でもエントリーが可能ですが

重要な勝率の高いエントリーポイントを

 

ボリンジャーバンドの状態でどのように判断すればよいか

という環境認識ができればトレンドの方向と強さを

確認できるので勝率は上がります。

 

などがあり組み合わせで根拠を明確にする役割は主に

ボラティリティとトレンドの傾向を推測するために設定します。

 

ボリンジャーバンドの根拠を明確に出来る指標を

設定した後は現在の相場をチャートで確認するのですが

 

マルチタイムフレーム分析などで

時間足を変え環境を確認する場合

注意しないといけないポイントがあります。

 

ボリンジャーバンドの日足チャートの目安

※時間足の違いを確認しボリンジャーバンドを設定する

 

ボリンジャーバンドは大きさが相場を形成する

ローソク足の値動きを確認する場面で

時間足で利用する手法や目安が違い

 

30分足では±3σの幅が50pips以上

1時間足では±3σの幅75pips以上

4時間足で150pips以上、日足だと350pips以上と

 

時間足の長さでどのくらいの幅が必要になるか

という確認が必要になり

 

ボラティリティの幅が大きいもしくは小さいほど確率が

高いかというとそうではないので

 

相場を形成する状況により組み合わせた指標と自分のルールを

合わせエントリーの根拠を明確にした後で実践を行います。

 

設定上の指標σで表示されるバンドの確率

 

ボリンジャーバンドは統計値の散らばりを具体的に

数値で表したσを使い標準偏差と散らばりを計算し

 

間隔を表示させライン内に収まる確率を±1~3σ内で

推測し為替や株価などの値動きの上昇や下降の確率に

当てはめ相場を判断します。

 

ボリンジャーバンドの特徴は

ローソク足の値動きが推移することを原則に

 

広がる場合は売られすぎ、買われすぎの傾向が

わかり収縮後、ラインを抜けるとトレンド転換の可能性が

高いという指標ですが

 

一般的な方法は3本のボリンジャーバンドの内2σ又は3σに

ローソク足がタッチしたり抜けるという場面で

反発またはブレイクするという考え方です。

 

ボリンジャーバンドの使い方のσの確率

※ボリンジャーバンドの間隔は3本の幅で決まっている

 

σで表される3本のラインの確率は

 

±1σの標準偏差内で動く確率 68.27%

±2σの標準偏差内で動く確率 95.45%

±3σの標準偏差内で動く確率 99.73%

 

という確率でチャート上の価格変動がこの先

上記の範囲内で収まる可能性が高いと推測します。

 

±2σでは95.55%、±3σでは99.74%の確率でラインを

越えれば反発又はブレイクするという意味ですが

 

ボリンジャーバンド内にローソク足が収まっている場合は

値動きが一定で相場が維持されている状況なので

 

無理なトレードは行わず環境に一致した推測が

求められる仕組みです。

 

ボリンジャーバンドの使い方の基本の順張り

※ラインとボリンジャーバンドのσを接点にエントリーを推測する

 

±3σにタッチすればかなり高い確率で反転するので

逆張りや順張りの根拠がわかる場合もありますが

 

相場が反転した方向に進まない場合も多く

ボリンジャーバンドの指標のみでは環境が適切に

判断できない相場もあるので

 

基本である幅が広がるような相場でトレンドの

発生を順張りで狙うトレード手法が

主なボリンジャーバンドの使い方です。

 

ボリンジャーバンドの間隔とσの確率を説明

※ボリンジャーバンドと移動平均線の仕組みが使い方のポイント

 

ラインの収縮は幅が狭い場面では

トレンドの始まり拡大は相場の保ち合い

(レンジ相場)などを表しているので

 

収束している場面では為替や株価が

反発する可能性を利用し逆張り

 

拡大している場面では形成されている値動きの

方向に進む可能性が高いので順張りなどの

エントリーや決済の根拠としてポイントを絞ります。

 

ボリンジャーバンドの使い方の注意ポイント

※ボリンジャーバンド設定後の注意点はトレード手法により違う

 

ボリンジャーバンドの確率で

注意しないといけないポイントは

 

±2σや±3σにローソク足が割り込んでも価格が

上昇や下降すると断言したものではないという

 

環境認識を前提に根拠を明確にするための

1つの指標であるというものだという意味です。

 

レンジ相場での価格推移では

ボリンジャーバンドの上下の幅が

 

±3σがレジサポライン(抵抗線)として機能するので

上下のバンドを抜ければ買われすぎ、売られすぎ

が起こっているというシグナルになるのですが

 

バンド自体が上昇や下降に推移して形成されている場合は

ボリンジャーバンドに沿ってローソク足も推移する

 

バンドウォークという状況に変わるので順張りの考え方

で環境を推測する場面が多くなります。

 

ボリバンを使いFX手法の勝率を上げる設定

 

ボリンジャーバンドはトレンドの推測やマルチタイムフレーム分析

順張りや逆張りでエントリーや決済のポイントを絞るための

根拠を明確にするための指標の1つですが

 

トレンドフォローでトレードを実践するような

FX手法では効果を発揮します。

 

エクスパンションやバンドウォークなどのボラティリティが高い

相場やミドルライン(移動平均線)で傾向を判断する相場

標準偏差で価格の限界を判断するレンジよりの相場など

 

現在の環境でトレンドがどのように動く発生するか推測するために

ボリンジャーバンドの形と移動平均線の位置を分析すると

騙し相場の回避や期待値の高いバンドウォークがわかります。

 

ボリンジャーバンドの使い方のトレンド判断方法

※ボリンジャーバンドの形とローソク足の推移でトレンドを判断する

 

トレンドを判断できる使い方として

ボリンジャーバンドには±1σの終値でブレイクする

トレンドフォローを基本にしたエントリーと

 

エクスパンション が発生した後バンドウォークで推移する

強いトレンドでエントリーする2つのトレンド判断方法があり

 

移動平均線を複数設定するとトレンドが

はっきりわかるようになります。

 

 バンドウォークで勝率を上げるボリンジャーの仕組み

※ボリンジャーバンドの使い方は時間足を長時間足で表示させます

 

ポイントを絞る使い方は

ボリンジャーバンドと移動平均線を同時に表示させMAと期待値

でトレンドの大きさやバンドウォークを推測すると

 

騙しの回避やマルチタイムフレーム分析を使った

大きなトレンドに一致したポイントでエントリーできるので

 

自分で選んだトレードに合わせ売買の方向も推測するために

ダウ理論などの傾向なども分析すると更に根拠を明確にできます

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンドの設定値

※パラメーターの設定でボリンジャーバンドの幅を設定する

 

ボリンジャーバンドの設定でFX手法の勝率を上げるには

基本的な期間に対しての設定値が重要になるのですが

 

デフォルトの設定では20が設定されていて一般の設定では

このボリンジャーバンドの設定20が多くのトレーダーが

意識している標準の指標です。

 

しかし、一般のトレード手法は

デイトレやスキャルピングが多いので

ボリンジャーバンドの反応が20では遅れがちなるため

 

1分足や5分足の場合はボリンジャーバンドの移動平均線の

設定10に変更し短い期間で判断すると短期間でもラインが

先に反応しトレードチャンスを逃さず推測できます。

 

ボリンジャーバンドの使い方の短期間の表示

※価格の小さな値動きでもボリンジャーバンドは反応しやすい

 

短期のボリンジャーバンドは小さな値動きが反映され

騙しが多くなるので値動きの推移を把握できますが

 

根拠を明確にするためには他の指標を組み合わせ

確率を上げポイントを絞ります。

 

長期間のトレードでは指標を変える必要があり

基準の数値を20以上に設定した実践が一般的な設定です。

 

複数の時間足を合わせ相場の方向を見ながら

ボリンジャーバンドの特性で現在の状況を推測するので

 

相場がレンジとトレンドを繰り返す仕組みを理解し

相場の方向性とトレンドの状況など自分で利用している

ツールなどのルールに合わせ傾向を判断します。

 

また、1時間足と15分足をマルチタイムフレームで

上位足のトレンド傾向を下位の足のバンドに当てはめ

エントリーなどのタイミングを計るための分析ができるので

 

時間足を増やしボリンジャーバンドの標準偏差で表示される

±2や3σをレジサポラインと同じように利用すれば

 

決済のポイントも簡単に絞れるような相場もあるので

勝率の高いトレードを実践できます。

 

実践で順張りや逆張りを行う場合の使い方

 

ボリンジャーバンドの見方と使い方を簡単に説明すると

上に抜けた場合は買い、下に抜けた場合は

売りのエントリーを行うという基準で

 

±2σを基本に周辺を狙う逆張りとバンドの拡大を推測する順張りが

ボリンジャーバンドを使ったFX手法になります。

 

ボリンジャーバンドの使い方は開発した

ジョンボリンジャー氏が価格の値動きが

 

ボリンジャーバンドの外側に位置している場合は

トレンドの継続を期待し順張りのトレード手法を

推奨すると伝えています。

 

ボリンジャーバンドの使い方のレンジ相場対応

※レンジ相場でもボリンジャーバンドを使えばポイントを推測できる

 

しかし、ボリンジャーバンドは様々な設定ができるので

環境に合わせ設定を変えるとレンジなどの相場でも逆張りで

ブレイクを狙う場面などで利用できます。

 

設定は移動平均線と標準偏差をパラメーターの設定で

期間と偏差の項目をボリンジャーバンドの初期値20に

合わせ20と設定します。

 

ボリンジャーバンドは3つのバンドを表示させるのが

一般的で2本目は偏差の数字を2と入力し3本目は3と

入力すると標準偏差のσが表示されます。

 

レンジ相場で発生するスクイーズという

収束し移動平均線が水平になっている場面では

 

トレンドが発生する環境に変わるまで上限と下限に

ローソク足が達したら上限で売り下限で買いを狙います。

 

ボリンジャーバンドの使い方のレンジでの売買

※レンジ相場ではボリンジャーバンドの上限と下限で売買を判断

 

ボリンジャーバンドの上限をレジスタンス、

下限をサポートラインとして基準を判断し±2σを

ローソク足が抜けたら反転を狙い逆張りでエントリーします。

 

ボリンジャーバンドの使い方の基本は順張りになるので

スクイーズが発生していた相場からバンドウォークに

変わるような場面やエクスパンション が発生するブレイクでは

 

トレンドが発生した場合に現れるボリンジャーバンドの形で

環境を判断しますがトレンドフォローを行うシグナルとして

順張りのエントリーを行います。

 

ボリンジャーバンドの使い方の順張り相場

※順張りの場合はボリンジャーバンドでトレンドの初動を発見する

 

ポイントは相場の環境がブレイクが発生した初動を狙う場面

のみで推測し±2σにローソク足が達した場面が

ブレイクポイントになるかどうかを推測し判断します。

 

トレンドが発生していると思えても長時間足で確認すると

レンジ相場である場合は一時的に達しただけなので

 

マルチタイムフレーム分析などを使い上位足と下位足を

組み合わせ相場が同じ方向に推移している場面に絞り

エントリーすると勝率が上がります。

 

ボリンジャーバンドは

移動平均線をミドルバンドとし

上をアッパー下をロワーという価格の変動を算出し

 

ボラティリティやトレンドの有無を確認する指標のため

本来はトレンドを順張りで実践するための指標です。

 

ボリンジャーバンドの使い方のバンドの推移

※ボリンジャーバンドに沿ってローソク足が移行する場面がある

 

実際にボリンジャーバンドを使い実践すると値動きに伴い

拡大、収束するので移動平均線と同じように推移しますが

 

ローソク足と同じ方向に移行する表示は相場が急落や急騰

しない限りバンド内に収まる仕組みになっていて

 

バンド内の確率だけでトレードを行おうと思っていても

勝率の高いポイントを絞れない場合もあり

 

環境によりラインを引く相場や違う指標を組み合わせ

実践ポイントの根拠を明確にするための1つの

指標であるというものなので

 

ボリンジャーバンドの指標だけで実践を推測すると

優位性が低いので他の指標や裁量ルールに

合わせた相場の推測が求められます。

 

下記の画像をクリックすると利益に変わるブログ内

インジケーター分析,比較オススメ人気ランキングがわかります

 

ボリンジャーバンドの使い方のインジケーター比較

インジケーターのオススメ人気ランキング比較ページはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

ボリンジャーバンドの使い方でFX手法の勝率を上げる設定とは


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 667324総閲覧数:
  • 1263先週の閲覧数:
  • 4918月別閲覧数:
  • 288716総訪問者数:
  • 3159月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: