MACDの設定でだまし回避し勝てる最強手法とサインツールとは

MACDの特徴や見方、実践場面とは

 

2本の移動平均線を表示させ

2つの線が交差する場面で

 

トレンドの転換を

推測できるMACDは

 

上昇や下降が曖昧な値動きでも

ゴールデンクロスやデッドクロスと

いわれるポイントに絞り

 

売買を決定する根拠を

明確にできる指標です。

 

MACDの最強手法とサインツールのバナー※MACDの特徴や手法、サインツールの選び方を説明します

 

MACDは上昇と下降が続く

場面や転換点で

 

根拠を明確にできる

指標の1つですが

 

だまし回避や指標に一致した

手法、サインツールをまとめました

 

・MACDの特徴や見方と実践場面とは
・”だまし”の場面を回避する設定方法
・MACDのダイバージェンスや指標の組み合わせ
・おすすめの設定と最強手法、ツールの選び方

 

以上の内容でMACDを使った

実践場面やポイントの絞り方を説明します。

 

それではよろしくお願いします。

 

MACDの最強手法とサインツールの表示される指標

※2本のラインが交差する場面に絞り状況を推測する

 

MACDの特徴は

 

トレンド発生時の売買のタイミングを

短期と長期の移動平均線の波で

 

ゴールデンクロス(買い)

デッドクロス(売り)といわれる

 

2つの線が交差する場面を

現在のチャートの値動きに合わせ

エントリーを考えますが

 

値動きとMACDの指標が乖離した

ダイバージェンスと言われる場合も

 

トレンドの転換点を

予測できるので

 

値動きが曖昧な相場で実践ポイントを

絞れるメリットがあります。

 

MACDの最強手法とサインツールの特徴

※ゼロラインを基準にクロスする場面で売買を判断する

 

MACDの見方や実践場面は

 

指標が上昇の場合

 

MACDとシグナルラインが

クロスする場面で

 

ボラティリティの高さや

ゼロラインの位置から

 

どれくらい離れているかを判断し

大きな値動きが起こる前の

場面を推測するのですが

 

下降の場合でも

同じようにクロスする場面で

 

相場の値動きを予測できるので

指標が何度もクロスしている環境では

 

大きな値動きの転換を

正確に判断できる指標です。

 

MACDの最強手法とサインツールのゼロライン

※交差する場面が多い環境はシグナルが機能する可能性は高い

 

MACDを使い

絞られた場面は

 

主に上昇や下降が続いている相場で

値動きが曖昧な場面で

 

2本のラインが交差したポイントに

絞りその後、値動きの推移が同じ方向に

 

動くか推測するための指標なので

ゼロラインを基準に

 

上昇や下降が続く

もしくは転換する場面に絞り

 

エントリーの確率を

上げるために利用します。

 

”だまし”の場面を設定で回避するには

 

MACDをチャートに設定すると

2本のラインが

 

ローソク足の下に表示され

現在の環境で発生している

トレンドの転換点を

 

2本のラインの交差で

ポイントを判断しますが

 

クロスする前に推測するため

接点に届かず

 

元の上昇や下降が続く

”だまし”シグナルが発生します。

 

MACDの最強手法とサインツールの”だまし”発生

※MACDが交差した後、同じ推移が続き機能していない

 

MACDは2本のライン以外

(ヒストグラムは除く)表示されないため

 

シグナルの発生や転換点を

見分けるには

 

環境の推移をある程度

わかり値動きの違いで

 

交差点が確実に変わる推測を

エントリー前に行う必要があり

 

形成しているローソク足と

MACDのラインが

 

どのような違いがあるか

推測できると間違えは

少なくなります。

 

MACDを利用した売買シグナルの見方を説明

※2本のラインが交差する場面で実践する方法を伝えています

 

”だまし”を設定で回避するには

 

ボリンジャーバンドなどの

指標を組み合わせたり

 

ダイバージェンスなどの

乖離傾向でローソク足とラインの

 

乖離を利用しシグナルを

見分けると全体の傾向がわかります。

 

MACDの最強手法とサインツールのRSIとボリンジャー

※他の指標を組み合わせルールを合わせると確率が上がる

 

MACDは値動きの推測を

先行で表示する指標なので

 

ボリンジャーバンドや

RSIなどの値動きと遅行する

他の指標を組み合わせると

 

指標のルールに

一致した場面と合わせ

 

MACDの先行と他の指標の

遅行を確認できるので

エントリー場面が絞られますが

 

エントリー後のクロスなどで

決済を行えば上昇や下降が

 

わかりづらい相場でも

トレードが可能になります。

 

MACDで勝てる最強手法やサインツール

 

相場の流れで上昇や下降が

曖昧な環境を推測するための

 

MACDは2本のラインが

交差する場面を絞り

 

エントリーできるポイントを

予測するために利用しますが

 

ゴールデンクロスや

デッドクロスを基本にした手法が

一般的になります。

 

MACDの最強手法とサインツールのゴールデンとデッドクロス

※ゴールデンクロスやデッドクロスは売買シグナルになっている

 

レンジ相場のような

MACDが2本並ぶ環境では

 

指標が機能しないため

ラインがクロスした後も

 

大きく上昇や下降が発生する

ラインの乖離が必要になり

 

ゼロラインを起点に

下の場合はゴールデンクロス

 

上の場合はデッドクロスを狙うと

実践の確率は上がります。

 

MACDの最強手法とサインツールのツールの矢印

※MACDの交差する場面でサインツールの矢印を判断する

 

サインツールで

表示される矢印は

 

オリジナルのロジックに一致した

場面で発生するので

 

ロングやショートのサインを

MACDのクロスする場面と

合わせ判断すると

 

だましサインも見分けられ

環境を把握できますが

 

ツールの手法がトレンドフォローや

転換を狙うものでも

 

クロスする場面が一致した場合

根拠を明確にできます。

 

MACDの最強手法とサインツールのトレンド転換サイン

※交差後の推測は大きく値動きが発生する場面を狙う

 

MACDを使い勝てる

最強手法やサインツールは

 

基本のゴールデンクロスや

デッドクロスに場面を絞り

 

矢印などで表示する

サインツールが定番のように

思えますが

 

MACDは指標として

シグナルの根拠が薄いため

 

トレンドフォローや転換点を

矢印で表示するサインツールに

 

根拠の1つとしてMACDを設定し

ゴールデンクロスなどの場面と

 

矢印を当てはめると

上昇や下降の継続で値動きを

推測できない場合

 

矢印を見分ける

1つの方法として役に立ちます。

 

相性のよい指標や手法、ツールの使い方

 

トレンドとオシレーター2つの

機能を果たすMACDは

 

ゼロラインでトレンドの強さを

交差するポイントでエントリーを判断し

 

シグナル線や上位足と組み合わせ

上昇や下降の兆しを推測します。

 

MACDの最強手法とサインツールのRSI

※RSIのサイン発生後のMACDのデッドクロスを推測する

 

レンジ相場や単体では

機能しない場合が多いため

 

短期間の値動きや決済ポイントを

正確に把握するには

 

他の指標や手法を組み合わせ

実践ポイントを正確に把握します。

 

MACDの最強手法とサインツールの他の指標の組み合わせ

※MACDと相性のよいインジケーターを設定すると場面が正確になる

 

相性のよい指標や手法は

 

買われすぎ、売られすぎがわかる

RSIやストキャスティクスを組み合わせ

 

テクニカル分析を利用し

MACDのゴールデンクロスなどに

数十%以上、以下などの

 

他の指標のルールと一致した場面に

絞ると更に実践ポイントがわかり

 

オリジナルのサインツールを

設定している場合は

 

矢印が発生するロジックと

他の指標で明確になった場面を

 

当てはめ勝てる矢印のみで

エントリーします。

 

MACDの最強手法とサインツールの他の先行と遅行

※上昇、下降の天底を確認し相場の推移を推測する

 

ツールの使い方

としては

 

MACDの指標は

クロスする場面を前提に

エントリーを推測するので

 

基本は順張りで上昇や下降が続く

もしくは転換する場面に絞り

 

MACDの先行指標や他の

インジケーターの遅行指標を合わせ

 

現在の値動きと発生している

サインの根拠を明確にした後

 

トレードを実践する

使い方が中心になります。

 

ダイバージェンスの場面で根拠をわかるには

 

MACDの指標と

ローソク足の上昇や下降が

全く逆に動いている環境を

 

ダイバージェンスや

ヒドゥンダイバージェンスと言いますが

 

エントリーのタイミングを

考える場面では

 

短期間や長期間など

値動きが継続している

一部分の場面に絞ります。

 

MACDの最強手法とサインツールのダイバージェンス

※値動きとMACDの微妙な乖離を察知し売買を判断する

 

ダイバージェンスが

発生する環境は

 

トレンドの終わりや転換の

前兆を表しているので

 

今までMACDと同じ動きで

推移していた価格が少し変わり

 

値動きはあまりないがMACDは

下がっているまたは上がっているなど

 

微妙な違いを判断できる

経験と知識が必要になります。

 

ダイバージェンス発生後のトレンド転換を解説

※値動きを4つのパターンに分け環境推測する方法を伝えています

 

ダイバージェンスは主に

上昇や下降が続いた後の

 

転換点を狙うための

シグナルになりますが

 

ダイバージェンスの場面で

根拠を明確にする方法は

 

MACDのラインの兆しが

上昇や下降のトレンドに対し

 

強気(同じ方向)弱気(少し逆に向かう)

の微妙な違いで推測しますが

 

場面を正確に判るために

 

RSIやストキャスティクス、

ボリンジャーバンドなどを組み合わせ

 

値動きの推移とMACDが

乖離する傾向が続く状況を推測します。

 

MACDの最強手法とサインツールのダイバージェンス発生後の推測

※他の指標を合わせ乖離ポイントを推測する

 

推測時のポイントとして

 

だましを回避した

上昇や下降からのレンジ相場で

間違えたエントリーを行わず

 

大きく値動きが推移し転換する

場面を狙う必要がありますが

 

他の指標を組み合わせた後は

MACDの交差するポイントと

 

他の指標のMAの位置や

売買シグナルを合わせ

 

値動きの推測を当てはめながら

ポイントを絞ると

 

上昇や下降の転換後

大きく相場が変わる場面を

推測できる確率は上がります。

 

MACDで”おすすめ”の設定と手法の選び方

 

2本のラインを表示させる

MACDは設定の数値を変えると

 

表示される移動平均線の

ラインの間隔が変わります。

 

一般の表示は移動平均線の

短期、中期、長期3つを

 

短期6,19,9 中期12,26,9

長期19,39,9で表示された

指標が基本になりますが

 

MACD手法と他の指標や

サインツールのロジックを合わせ

 

上昇や下降に変わる場面を

絞りエントリーします。

 

MACDの最強手法とサインツールの”おすすめ”設定

※MT4の設定でMACDの数値を入力しラインを調整する

 

MACDでおすすめの設定は

 

パラメーターの設定で

EMAとSMAを調整し

 

シグナルを見やすく

他のインジケーターと

相性を高めるために変えるので

 

自分が使っているサインツールや

組み合わせている指標を

 

わかりやすくできる

設定の変更が重要になります

 

MACDの最強手法とサインツールの環境にあった見方

※ゴールデンクロスやダイバージェンスなど環境に一致した判断を行う

 

手法の選び方は

 

MACDの交差する場面を

どのように推測するかなので

 

同じように値動きが

発生している場合は

 

ゴールデンクロスやデッドクロス

 

値動きと全く逆の乖離が

ある場合は

 

ダイバージェンスなどで

 

2本のラインが

クロスする場面と転換を

 

大きな値動きが

発生するタイミングを狙い

 

他の指標なども確認し

シグナルの発生を的確に判断すると

 

勝率の高いエントリーと決済で

トレードを実践できるようになります。

 

下記の画像をクリックするブログの一覧ページ

移動するので”おすすめ”のオンライン商材がわかります。

 

MACDの最強手法とサインツールの比較ページ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

MACDの設定でだまし回避し勝てる最強手法とサインツールとは


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

お問い合わせはコチラ

有益な投資情報をブログ配信

有益な情報を配信

現在のオンラインユーザー

  • 808543総閲覧数:
  • 1327先週の閲覧数:
  • 5921月別閲覧数:
  • 382501総訪問者数:
  • 4184月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

メルマガでブログ商材配信

メールマガジン配信画像