レンジ回避対応”Direction Arrow売買システム”でブレイクを検証

   2021年05月10日 スイングトレード商材, 投資検証,利益に変わる分析

レンジ回避で初動を狙うインジケーターとは

 

FXトレードでエントリーのタイミングをメールで

配信し売買の予測を2つのサインで表示する

 

Direction Arrow売買システムはパソコンから離れても

スマホで取引できレンジ相場を回避しブレイクを狙う

レンジ回避対応インジケーターです。

 

DirectionArrow売買システムのバナー

”Direction Arrow売買システム”公式サイト

 

Direction Arrowは売買の

前兆サインが発生すると

 

エントリーサインをメールで配信するため

スマホで確認後予約を入れることができます

 

レンジ回避対応インジケーターとは

レンジ相場を回避しブレイクするポイントで

サインが発生するというもので

 

相場のトレンドが反転する場合やトレンドの初動で

ローソク足の値動きが大きく動く場面を捉えます。

 

レンジ相場が終わりトレンドの初動にかけての

ブレイクは大幅な値動きがあり

 

初動でエントリーできると大きなpips獲得につながるので

メールに配信されるサインを確認後、トレードチャンスを待ち

 

チャート上に表示されるサインを判断し

エントリーの予約を行います。

 

DirectionArrow売買システムのローソク足

 

レンジブレイクは今までの相場が形成された一定の値幅から

大きく飛び出すローソク足を作りトレンド方向に伸びますが

 

相場によって今までのローソク足が伸びきらず

今まで形成された相場に戻る場合があります。

 

レンジが続いている相場でも発生しますが

ブレイクだと思いエントリーを行った後

 

移動平均線を基準にローソク足が戻った場合は

 

レンジ相場が続いているので

サインの予約を取り消す必要があります。

 

DirectionArrow売買システムの2つのサイン

 

レンジ回避対応のDirection Arrowは

一時的なローソク足の値動きが大きなサインでは

戻りが大きいのでエントリーをしないという

 

仕掛けると大きなリスクがある相場では

見送るためのレンジ回避対応のルールがあり

 

環境認識をルールに合わせ表示されるサインを

自分で判断する裁量トレードを行います

 

Direction Arrowシステムの仕組みを説明

 

Direction Arrowは空き時間を使って3つの

手法を使いトレードするだけと伝えられています。

 

稼げる額や結果はトレード方法や個人の

経験により差があっても、

 

手法を使うと相場を簡単に判断できる

レンジ回避対応のスイング用シグナルツールです。

 

システムの仕組みはインジケーターの設定後、

チャートを開くとボリンジャーバンド、フィボナッチ、

Direction Arrowのシグナルが表示されます。

 

DirectionArrow売買システムで表示される指標

 

レンジ相場を回避しブレイクに対応し表示された

チャート上の矢印サインは

 

Direction Arrow-eaのロングシグナル点灯でロング、

ショートシグナルでショートのエントリーを行います。

 

売買シグナルを選別し判断を行い

トレンドの強い場面では

 

追加エントリーを行わないと優位性のある

ロジックを発揮できないという特徴ですが

 

レンジ回避対応の基本ロジックは

トレンドフォローでレンジブレイクを狙う

 

トレード手法なのでトレンドの初動、

発生で表示されるシグナルの判断をマニュアルを

使い学ぶというものです。

 

Direction Arrowで行うマーケットの推測

※Direction Arrow売買システムの前兆サインの判断を説明

 

レンジ回避対応のDirection Arrowは

ポイントを事前に察知し、相場の値が動く前に

 

売買できるようにブレイクのタイミングを

アラートシグナルでお知らせします。

 

レンジ対応の自動売買システムではなく

レンジ(一定の動き)・トレンド(値の動きの範囲を指す)

相場での値動きを指標で表示し

 

ブレイクを狙うトレンドの初動をうまく捉え

レンジ相場は回避する配信システムという

インジケーターですが

 

Direction Arrow売買システム

トレンドフォロー専用シグナル配信ツールです。

 

DirectionArrow売買システムの証拠

 

トレードで大切なのは 『 値動き(トレンド) 』 と

値幅(ボラティリティ) 』の大きさをチャートで

判断できる環境認識ですが

 

値動きが無ければ一般的なシステムほど損切りが

多くなりがちで、値幅が無ければ利益を追えないので、

損小利大の実現が難しくなります。

 

Direction Arrowのエントリーは

基本マニュアルで学んだルールを守りトレードを行えば

安定した成績を出せる実践対応の手法が身に付きます。

 

DirectionArrow売買システムのサイン

 

レンジブレイクをいち早く教えてくれる

レンジ回避対応インジケーターが

 

トレンドの前兆と発生を

教えてくれるので

 

初動を狙うポイントがわかりますが

ロジックを活かすためには

 

マニュアル手法を繰り返し相場を

検証する必要があります

 

ベストなタイミングで実践するには

レンジブレイクを狙ったロジックで

大きな利益を獲得できる

 

レンジ相場を回避し環境を判断するため

配信されるサインを確認する必要がありますが

 

Direction Arrowで配信されるシグナルは

ゆとりを持てるタイミングで配信されます。

 

Direction Arrowで行うエントリーの特徴

Direction Arrow売買システムのサインを説明

※Direction Arrow売買システムの前兆シグナルと予約注文がわかります

販売者名 金子侑太郎、十兵衛
商品名        Direction Arrow売買システム
販売元住所 長野県飯田市龍江6870-2
販売者電話番号 080-3636-4211
販売価格 39800

 

Direction Arrow売買システムは生活の中にある

「暇」を使って「いつでも、どこでも、お手軽に」トレードが

できる投資スタイルを提供するというものです。

 

マニュアルでレンジ回避対応の売買システムが適切に

機能するサインを相場の環境と合わせ学びますが

 

利用するマニュアルの内容は

1日、最低3回はチャートをチェックしなければ

いけないので相場の環境を判断するための時間が必要です

 

DirectionArrow売買システムのトレード順序

 

Direction Arrowの基本トレードの流れ

 

1、前兆サイン(メール、アラートで通知)

タイムラグを無くすことを目的でこの前兆シグナルがあります。

 

2、エントリーサイン(メール、アラートで通知)

前兆サインから条件が揃ったらサインがでます。

 

3、決済

損切りは、前兆シグナルとエントリーサインの間

高値と安値±10pipsで事前設定します。

 

DirectionArrow売買システムの3つの特徴

 

レンジ回避対応システムの特徴

エントリーがわかる2つのサイン

メールでタイミングを知らせるので、

 

スマホで取引を行う赤い点、青い点は前兆メール。

エントリーは矢印が出たタイミングでしょう。

 

●赤い点と青い点はボリンジャーバンドの±2シグマで点灯。

●タイミングは±3シグマでエントリー。

 

DirectionArrow売買システムのエントリーと見送り

 

Direction Arrowはシグナル点灯でロング、

ショートの売買を判断しエントリーを行いますが

取引を行うためのフローチャートは、

 

1、取引の前兆のメール

2、注文確定メール(ここで利益確定、損切り注文を入れます)

 

売買システムは、値が動いてしまう前に

取引の価格とタイミングを知ることができます。

 

相場のブレイクを狙うので経済指標などの

ファンダメンタル要因を十兵衛氏が

Direction Arrow売買システムを使い

 

実践動画で伝えているので季節変動や環境にあった要因を

考慮しレンジ回避を行う売買のタイミングを考えます。

 

DirectionArrow売買システムのファンダメンタル要因

 

 

Direction Arrow売買システムの基本は

レンジ回避対応のブレイクアウト手法です。

 

エントリー後にブレイクが発生したら

大きな利益を見込めるわけですが

 

ブレイクと言うものはそう頻繁に発生するもの

ではなくダマシも少なからず発生します。

 

レンジ回避対応のインジケーターなのでレンジでは

サインは少ないのですが

 

トレンドフォローやブレイクが発生する相場の推測を

間違えると損切りを行うトレードに変わります。

 

自動売買システムで必要なサインの判断

Direction Arrowのエントリーを検証

※Direction Arrow売買システムの予約を回避しブレイクを狙うポイント

 

Direction Arrow売買システムでは

インジケータからシグナルが出たらトレードをする

というレンジ回避対応システムになっています。

 

レンジ回避対応なので配信されるシグナルは

 

レンジ相場では取引を見送りブレイクしそうな

タイミングでシグナル配信されるものですが、

 

負けやすいレンジ相場ではサイン自体が

出にくくなっているため、

 

日によってはトレンドが形成されるまで

エントリーできない日もあります。

 

DirectionArrow売買システムで配信されるメール

 

エントリー時は配信されるメールや

チャート上のサインを判断し行いますが

 

Direction Arrow売買システムの

レンジ回避対応システムは

 

決済の判断を自動売買で行うという意味なので

エントリー後は生活の中の空いている時間を

うまく利用しトレードを行えます。

 

買い(売り)の前兆サインが発生するとメールで

知らせてくれ空いた時間に予約を入れる

というものですが

 

トレーリング注文を出しておけば

為替レートが上がる前に指定した値幅間隔で

自動的に逆指値注文が切り上がっていくため、

 

レンジを回避し損失を最小限に抑えつつ利益を

最大化できるという仕組みです。

 

DirectionArrow売買システムの予約注文

 

この手法は、デイトレードでは使い辛く

スイングトレードなど時間軸が長い投資に

相性がよい手法ですが

 

売買システムの実践マニュアルで

学んだレンジ回避対応の知識を活かし

トレードを繰り返し身に付けるためには

 

わずか2ヶ月間という非常に短い期間しかサポートが

実地されておらず、長期的な運用を考えた場合、

 

自分が行ったトレードの内容を

相場を検証しマニュアルで伝えているロジックに

合っているか適切な環境認識を行う必要があります

 

Direction Arrow売買システムのマニュアルは

ルールは細かく作られているのですが裁量が入るため

使いこなすまで練習が必要な商材です。

 

Direction Arrowのトレード頻度と勝率とは

 

Direction Arrow売買システムの配信サインは

エントリー時に損切りを設定し、2〜3時間に1度

チャートを確認しながらスイングトレードを行います。

 

頻度はスイング手法になりますので

1日数回、月50回程度のトレードチャンスがある

ようですが

 

配信されるサインの判断を自分で行うものなので

レンジ回避対応マニュアルで伝えられている

 

ルールにあった相場がわかれば

サインに対し40〜70%の勝率で

 

リスクリワード1:2の損小利大の

トレードを行います。

 

DirectionArrow売買システムのエントリーと決済

 

Direction Arrowシステムで配信される

シグナルに従い判断しますが

3つの順序で伝えられます。

 

シグナル配信はアラート通知でスマホにメールで届き

ゆとりを持ってエントリーのタイミングを知らせ

 

エントリー時に決済価格を設定し自動で行われる

ステップでスイングトレードを行います。

 

推奨時間は1時間足を利用しチャート上に

ロングは水色ショートは赤の矢印が表示され

 

配信される前兆サインはチャート上に

赤の爆弾マークが出現しますがこのマークは

エントリーが近いという前兆サインです。

 

DirectionArrow売買システムの爆弾サイン

 

Direction Arrow売買システムでは前兆サイン後

ルールにあった条件が満たされると

 

エントリーサインがチャート上に表示されるので

このサインでエントリーを行う仕組みになっています。

 

エントリー後の決済や損切りは自動売買なのですが

逆指値で注文を入れエントリーポイントを基準に損切りを行い

 

利益が乗る相場では

スイングトレードの期間に合った

 

トレンドが終わるようなポイントまでpipsを伸ばし

トレーリングストップの場所で決済を行います。

 

DirectionArrow売買システムの勝利要因

 

1日で配信される

レンジ回避対応シグナルの数回ですが、

 

シグナルの勝率は相場により

40〜70%の確率で表示されますが

 

判断を自分で行い勝率の高いポイントや

大きく伸びる相場を選ぶという

レンジ回避対応のインジケーターです。

 

Direction Arrowシステムは

1年で資金を4倍以上に膨らませ、

 

生涯生活に困らない「収益基盤」を

サポートしてくれる投資術と伝えられていますが

 

トレード環境にもよりますが

配信されるサインの頻度は少なく

裁量判断で騙しを回避しブレイクを判断するものなので

 

ブレイクの兆しがはっきりわかるサインを選び

pipsを大きく獲得できる相場を絞る必要があります。

 

相場のブレイクをDirection Arrowで検証

 

Direction Arrow売買システムは無裁量トレードでも

安定しているという内容ですが

 

更に簡単な応用編マニュアルを使うと成績は安定し、

パフォーマンスは向上します。

 

エントリーの矢印が出るサインツールが

一般的のインジケーターですがそのような場合は

 

トレンドの初動を取り損ねて中途半端なタイミングで

エントリーを行ってしまう場合もあるのでこのように

 

前兆サインが出るシグナルによりベストなタイミングで

エントリーができトレードで利益が乗ってくると

 

逆指値をエントリーポイントに

持っていきリスクゼロの状態にして

 

更に利益が乗ればトレイリングストップの形で

可能な限り利益を伸ばし続けます。

 

Direction Arrowのブレイクポイントとは

※Direction Arrow売買システムの出遅れエントリーには注意が必要

 

Direction Arrow売買システムでは

前兆があるとアラートをメールで配信しエントリーを行い

 

エントリー後は2,3時間に 1回チャートを確認し

決済の価格を調整する順序で行います。

 

エントリーを説明している上のブレイクポイント動画では

チャート上で赤いサインが点灯していますので、

ショートチャンスが近い相場を意味しています。

 

ブレイクポイントを前兆サインで示しゆとりを持って

チャートを判断できるので空いた時間で注文を入れ

 

一時的なブレイクやブレイク後の騙しなども

自分でサインを判断しエントリーのタイミングを

考えることができます

 

前兆サイン発生時に予約注文を入れ、

決済や損切りは自動売買で行うシステムです。

 

DirectionArrow売買システムのサイクル

 

配信されるレンジ回避対応シグナルは

従うというよりは多少の裁量を加えると

真価を発揮するタイプなので、

 

実践を行うトレード経験に合わせマニュアルを分け

覚えていくというメールサポートは心強いです。

 

Direction Arrow売買システムでは

買い(売り)の前兆とエントリーを

メールで知らせてくれます

 

複数のマニュアルには

このエントリーポイントが明確な根拠

が説明されていて基本と応用がセットになっている

 

マニュアル通りしっかりルールを守って

トレードすればそれなりの成績が出せる仕組みです。

 

売買システムで行うトレードは

他のツールと違いシグナルが前兆サインとして

配信されますがマニュアル内容を考えると

 

ツールを使いながらトレード技術を

高めていきたい人やブレイクアウト手法を

学びたい人にとっては良い商材です。

 

下記の画像をクリックすると、Direction Arrow売買システム

レンジブレイクの仕組みマニュアルの内容がわかります。

 

DirectionArrow売買システムの内容がわかる画像

”Direction Arrow売買システム”公式サイトはコチラ

 

無料プレゼント配布、特別情報提供

 

ただいま、期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「投資に対しての有益情報を提供」などのコメントを

 

入力しフォームからメールアドレスの登録をお願いします。

登録フォームはコチラ

 

また、無料レポートを利用して頂くとFX、バイナリーでわからな

かったトレードの仕組み確立されたノウハウを配信させて頂きます。

 

配信サービスボタン

 

情報に興味のある方は特別情報シェアのお問い合わせフォーム

クリックして下さい。(上の文字をクリックできます

 

※ブログの更新をTwitter,Facebookで登録を行うとお知らせします。

興味のある方はサイドバナーの「Facebookでシェア」「Twitterでフォロー

からアプリツイートをクリックし登録をお願いします。

 

利益に変わるブログ一覧ページに戻る

サイトの詳細,無料レポートボタン

レンジ回避対応”Direction Arrow売買システム”でブレイクを検証


コメントは受け付けておりません

ブログで気になる内容を質問

メルマガでブログ商材配信

有益な投資情報をブログ配信

現在のオンラインユーザー

  • 702018総閲覧数:
  • 1226先週の閲覧数:
  • 5703月別閲覧数:
  • 310853総訪問者数:
  • 3917月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: